星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) うさぎ座領域1 | TOP | 昇ってきたしし >>

2015.12.03 Thursday

Raw現像に難航しています

0

    今、Raw現像に難航しています。
    と言っても星空写真ではありません。

    日曜日に親戚の結婚式がありまして、写真を撮ったのです。





    結婚式の写真っていろんな意味で難しいですよね。
    星空写真と違って実物の色合いが分かっているので、色合い調整に手間がかかります。
    照明やライトの影響などで調整しきれないことが多いです。
    白飛びも黒つぶれも嫌なので、ハイライトとシャドーの両方をうまく調整しなければなりません。

    始まる前はほどほどの枚数に収めようと思っていました。
    でもプロのカメラマンもいて、それがきれいなお姉さんだったのですよね。
    対抗意識を持ったわけではないのですが、
    終わってみたら「ふたご座流星群」の撮影枚数並みになっていました(笑)。

    そろそろ新月期が始まるので、頑張って仕上げないと、、、。


     








    コメント

    こんにちは。
    変な時間帯に投稿なので、何かと思いました。
    プロは、スナップ写真もROWなのですか?
    >「ふたご座流星群」の撮影枚数
    きれいなお姉さんの連写なのですね(^^;
    2015/12/03 8:49 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんばんは。

    プロはどうなんでしょうね。
    聞けば良かったですね。
    お姉さんを連射したわけではないですよ〜(笑)。
    2015/12/03 9:09 PM by やまねももんが
    私の結婚式は 姉に専属カメラマンを頼んだのですが(専任は無し)
    そのころは、普通のフィルム式のカメラだったのですが
    なななんと、フィルム装着の際に、ふたが完全にしまっていなかったため、ほとんどの写真が光がはいってしまって、記念すべき結婚式のスナップ写真はほとんどないのです・・・ ><;
    デジタルカメラになって、際限なくシャッターが切れるようになったものの、
    一生に一度の晴れ姿ですもの、カメラマンは責任重大ですよね^^ 
    お疲れ様でした^^ 
    2015/12/03 9:47 PM by JJ
    こんにちは
    素人が絶対に請け負ってはいけないのが、結婚式の写真係と聞いたことがあります。基本的には一生に一度のイベントの記録なので失敗は許されないですし、仰るように室内で明暗差もありますし、いろんな色があったりと難しいのでしょうね。
    やまねももんがさんは、凄く凝るんでしょうねぇ。Lab調整とかマスクとか(笑。
    2015/12/03 10:10 PM by 温泉日和
    >JJさん、おはようございます。

    それはそれは残念でしたね。
    フィルム時代は現像が出来上がってくるまで、いろんな不安がありました。
    今のデジタルカメラは撮影直後にチェックできるので、その点は安心できますね。
    下手な鉄砲も何とかで、たくさんシャッターを切ることの重要性を再認識させられました。
    あとは星空写真の処理を少し応用して、きれいに仕上げようと頑張っています。
    2015/12/04 4:49 AM by やまねももんが
    >温泉日和さん、おはようございます。

    今回はプロのカメラマンもいたので、少しは気が楽でしたよ。
    仰るように、デジタルカメラはすぐにチェックができるのが良いですね。
    流石にLab調整とかマスクとかは使いませんよ(笑)。
    でもCameraRawのパラメータは凝っているかもしれませんね。
    2015/12/04 4:54 AM by やまねももんが
    プロのカメラマンよりいい仕上がりになったりして(笑)
    私の結婚式の写真は式場のカメラマンにお願いしたものの今一だったなぁ。。
    カメラマンつけないと他の人の撮影NGという今考えればなんともな殿様商売されていたような。
    そろそろ新月期ですし早いところ仕上げないとですね。
    2015/12/04 8:23 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    いやいや、プロとアマチュアの差は歴然ですよ。
    でもプロの目線とアマチュア(親戚)の目線とは違うでしょうから、100枚に1枚ぐらいは勝負できるものがあるかもしれませんね。
    式場のカメラマンと言ってもピンキリなんでしょうかね。
    はい、頑張ります。
    2015/12/04 8:54 AM by やまねももんが
    若い頃は親戚や友人の結婚式で、カメラマン気取りでスナップを撮っていましたが、今思えば赤面モノです。
    気を使ったのは、キャンドルサービスの時にストロボを使用しないことぐらいでしたから(苦笑)。
    2015/12/04 11:15 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    ストロボはあまり使わないほうが雰囲気が出ますよね。
    でもホワイトバランスの調整が凄く厄介です。
    そしてレンズは手ブレ補正の機能があるのですが、人間がじっとしていてくれなくて、、、(涙)。
    2015/12/04 11:34 AM by やまねももんが
    カメラマン、ご苦労様でした。
    プロとアマの撮る写真にはどうしても技術的な差がでてしまうのはあたり前のことですが、アマならではの距離の近い写真が撮れるのは大きな魅力でもありますね。

    でも、大変だったことでしょう。そして現像処理や写真のセレクトという大仕事が待ち受けていますね(苦笑

    僕も何度か引き受けたことがありますが、恐ろしく大変だったので結婚式の写真だけは丁寧にお断りすると決めています(笑
    2015/12/04 1:32 PM by JBL
    >JBLさん、こんにちは。

    はい、アマの良さが出せれば良いのですが、なかなかそれだけの余裕が無いですね。
    星空写真と同じで、撮影よりもその後の方が大仕事です。
    でも結構楽しくて、それに親戚にちょっと大きな顔が出来そうです。
    これを仕事にしたら神経が持たないと思いましたよ。
    2015/12/04 3:15 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1620

    トラックバック

    ▲top