星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< お詫び | TOP | 星景写真における5分間の静止撮影 >>

2015.12.14 Monday

高根町の農道での星景写真

0

    12/7の晩に山梨県・高根町の農道で撮影した星空写真です。

    ISO6400で撮影するところをISO3200で撮影してしまったというミスがありましたが、
    明るさを補正して仕上げてみました。



    昇ってきたししと木星


     2015/12/08 01:41  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


    東の空に ”木星” を引き連れて ”しし” が昇ってきました。
    左下には ”かみのけ座” のごちゃごちゃとした星の集まりも見えています。

    東の低空が明るいのは関東平野の街明りだと思っています。
    そのために星空が濁ったような発色になってしまいます。
    低空には薄雲があるようで、さらに拍車をかけた状態になっています。
    街明りの影響があると、見晴らしが良いのが裏目に出てしまいますね。



    おおぐま、こぐま


     2015/12/08 01:46  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


    ”北斗七星” がだいぶ昇ってきましたね。
    このぐらいの高さだと、24mm広角レンズで ”こぐまの柄杓(ひしゃく)” と一緒に写すことができます。
    ”おおぐま” は春の星座ですが、氷点下に冷え込んでとても寒いです。

    左端のオレンジ色の明かりは、清里のスキー場の照明です。
    中央で雲が照らされているのはどこの明りでしょう?
    低空の薄雲といろいろな明りで、星空がいろんな色に発色しています。
    これをカラフルと感じるか、醜いと感じるか、、、。



    八ヶ岳とカシオペア,ペルセウス


     2015/12/08 01:49  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO3200  山梨県・高根町にて


    ”カシオペア” や ”ペルセウス” 付近の秋の銀河(天の川)も肉眼で何とか見えました。
    八ヶ岳は何とか見えましたが、山麓付近には雲がたなびいていますね。
    この場所で最も気に入っている構図です。



    今夜はふたご座流星群がピークを迎えるそうです。
    例年この場所で見るのですが、天気が絶望的ですね。
    3年連続で晴れたのに、こんな条件の良い年に限って駄目だなんて、、、。


     








    コメント

    おはようございます^^

    3枚目の構図、いいですね♪
    自然の山々と、人口の山々(とんがり屋根のビニールハウス)が、風景に合わせたみたいでお洒落です。
    (私の地方では、ビニールハウスといえば、まるいドーム型の屋根が主流なんですよ)

    さてさて・・今日の夜〜明日の未明のお天気は どうなることでしょうか。
    2015/12/14 6:04 AM by JJ
    >JJさん、おはようございます。

    はい、3枚目はこの場所で最も気に入っている風景です。
    このビニールハウスでは花を育てているそうですよ。

    今夜はかなり厳しい状況ですが、GPV予報だけはときどきチェックしようと思っています。
    2015/12/14 7:46 AM by やまねももんが
    3枚ともそれぞれに良さがあって好きですよ。
    光害さえも味方に付けてアクセントにしてしまう、そのセンスに脱帽です。
    私が撮るといつも星空が汚いグレーになってしまうのですが、やまねももんがさんの星景写真のようにきれいな色に仕上がる、簡単な魔法の呪文はありませんか(笑)。
    2015/12/14 3:03 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    星空の色合い調整ってなかなか思うようにいきませんよね。
    街明りの影響が偏っている場合は一層難しいです。
    3枚目の画像の場合、空のある部分の輝度が(256諧調で)70ぐらいだと、R=60,G=64,B=78になっています。
    空の透明度がもっと良い場合はBをもう少し下げることが多いです。
    このように数値を一応見ながら調整し、あとは空の状態に応じて加減しています。
    2015/12/14 3:38 PM by やまねももんが
    どの方角もかなり開けていますね。
    低空が少々明るいと言っても天の川も肉眼で確認できる暗さ。
    流星群観測にはもってこいですね。
    天気が良ければなんですが。。。
    2015/12/14 7:45 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんばんは。

    この場所は1997年のヘールボップ彗星のときに見つけたのですが、どの方向もとても視界が開けています。
    東の低空の彗星などにはもってこいですね。
    南側は明るいですが、天の川も見えます。
    ふたご座流星群はいつもここで見てきたのですが、今夜は駄目そうですね。
    2015/12/14 8:08 PM by やまねももんが
    そうそう、僕は、この1枚目のように、かみのけ座がのぼってくると、
    わくわくするんですよ!
    そして、おおぐまとこぐまが仲良く並んでる姿をみると、
    「ああ、やまねのオジキは撮ってるんだろうな」って思うのです(笑)
    2015/12/15 9:49 PM by ミッチー
    >ミッチーさん、おはようございます。

    かみのけ座で春の星座を感じるとはなかなか通ですね。
    私はしし座や北斗七星でしょうか?
    単に星の並びが分かりやすいからですが、、、。
    私がよく撮影する構図がすっかりばれているなあ(笑)。
    2015/12/16 5:52 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top