星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星景写真における5分間の静止撮影 | TOP | 12/17未明のカタリナ彗星 >>

2015.12.17 Thursday

高根町の農道での星景写真

0

    12/7の晩に山梨県・高根町の農道で撮影した星空写真です。

    今日ご紹介する写真は全て、5分露出の固定撮影で撮ったものです。



    八ヶ岳とカシオペア


     2015/12/08 04:33  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(300秒)
     EOS 6D RAW、ISO400  山梨県・高根町にて


    ”カシオペア” が低くなってきて、八ヶ岳の右肩にくっつきそうです。
    ”ペルセウス” もかなり低くなってきて、左上の隅に ”ぎょしゃ” の一部が見えてきました。
    肉眼では気が付きませんが、星空の色合いは時間と共に微妙に変化しています。



    南アルプスと冬の大三角


     2015/12/08 03:24  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(300秒)
     EOS 6D RAW、ISO320  山梨県・高根町にて


    南アルプスは肉眼では見えませんでした。
    それにしても、その手前が明るいですねえ。
    昔(20年ほど前)はこんなじゃなかったのですがねえ。

    星を線状に写しても、星の色がほとんど分かりませんね。
    地上の風景が少しボケるのを我慢してディフュージョン・フィルターを使ったほうが良いのかなあ?



    西の空に傾いたオリオンとおおいぬ


     2015/12/08 04:38  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(300秒)
     EOS 6D RAW、ISO400  山梨県・高根町にて


    ”オリオン” と ”おおいぬ” がかなり低くなってきて、横構図でも撮れるようになりました。
    右側に ”ヒアデス星団” を入れましたが、さらにその右側にある ”プレアデス星団” は無理でした。

    ときどき、このように雲が湧きます。
    今夜は夜半過ぎはすっきりと晴れ渡ると思ったのですがねえ。
    暗くて見難いですが、この農道はほとんど正確に東西に走っています。



    西の空に傾いたオリオンとおおいぬ


     2015/12/08 05:09  EF24mm F1.4→4.0  固定撮影(300秒)
     EOS 6D RAW、ISO400  山梨県・高根町にて


    ”オリオン座のリゲル” が山影に沈んでいこうとしています。
    ”おおいぬ” は南アルプスに軟着陸しようとしているように見えます。
    そろそろ天文薄明が始まる時間です。

     この写真はインターバルタイマーで撮影して、道の反対側ではカタリナ彗星を撮影していました。


     








    コメント

    こんにちは。

    固定撮影の流し撮り、なんだか懐かしい気がします。
    比較明で軌跡を残した写真と違って自然な感じがしますね。
    いい雰囲気で、こういう写真、好きです。

    色が出ないのはデジカメならではですね。
    銀塩の頃は、流し撮りをすると色が綺麗に出たものですが…。
    私も久々に固定撮影の流し撮り、やってみようかな。
    でもデジカメは感度が高いので、空の暗い場所でかなり絞らないと画面が明るくなってしまいますね。
    2015/12/17 2:47 PM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    フィルム時代にはよく使った手法ですよね。
    デジタルカメラになって撮影方法も変わってきましたが、この手法は私も好きです。
    仰るように、星の色がもっと欲しいですね。
    星に対しては露出がオーバーで白飛びしてしまっていると思います。
    弱いディフュージョンフィルターを使うと良いかもしれませんね。
    2015/12/17 4:34 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top