星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 高根町の農道での星景写真 | TOP | 薄明を迎えて >>

2015.12.17 Thursday

12/17未明のカタリナ彗星

0

    12/17早朝のカタリナ彗星(C/2013 US10)です。

    イオンの尾が長く伸びていればそれを写したいですねえ。
    前回(12/8)は近くにいた細い月の影響で満足な撮影ができませんでした。
    それから一週間ほどが経ち、月と金星の影響も無くなり、地平高度もかなり高くなってきました。



    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


     2015/12/17 04:40  EF100mm F2.8→4.0  追尾撮影(120秒)  20枚を彗星頭部を基準にコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  横方向を67%にトリミング  山梨県・みずがき湖にて


    構図は赤経赤緯に合わせたつもりです。
    相変わらず2方向に尾が伸びて、不思議な格好をしていますね。
    でもすらりと伸びた尾はかなり淡いです。
    そして双眼鏡(7×42)では月の影響があった前回のほうがよく見えたように思えます。

    この撮影結果は今一つです。
    天気は快晴でしたが、空の透明度がイマイチでした。
    日中にはかなりPM2.5の濃度が高かったそうで、その影響が残っていたのでしょうか?
    そして星のまたたきが大きくて、ライブビューでのフォーカス調整もうまく追い込めませんでした。
    さらに最近気になっているのですが、画像の背景の色ムラが激しいです。
    毎回ダーク画像を取得して減算すれば何とかなるのかなあ?



    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


    もっと尾を浮かび上がらせることができないかと、モノクロにして反転させてさらに強調してみました。
    写野角は13度ほどなので、すらりと伸びた尾の長さは3度ほどはありそうです。
    そして先端付近では少し広がっているような気もします。
    今回は使い慣れたカメラとレンズを用いたのですが、もっと焦点距離の長い光学系が必須ですね。


     








    コメント

    200mmならそこそこ楽しめそうですね。
    今週末撮りたいなぁと思いつつ。。
    2分20枚。
    フムフム参考にしよ。
    2015/12/17 7:11 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんばんは。

    頭部はかなり明るいので2分露光にしたのですが、尾に対しては露光不足でした。
    時間と共に地平高度が高くなるので、薄明が始まってもしばらくは撮影を続けるのが良いと思います。
    とにかく枚数をたくさん撮って、どれをどのくらい使うかは後でゆっくり決めれば良いと思いますよ。
    2015/12/17 7:28 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    2分を20枚でこの淡さですか。う〜ん。1分を8枚じゃ、
    写らない訳だ。またたきは、ひどかったですね。パーティノフでも、
    ボヤけて光条がよく見れませんでした。
    2015/12/17 9:14 PM by ヤマボウシ
    反転させるっていうのは、すばらしいアイディアですね♪
    一枚目の碧いカタリナ彗星は、セミ(ヒグラシ)に
    そして二枚目の黒いカタリナ彗星は、かもめのジョナサンを思い起こさせます。
    こんなにすばらしいのに「いま一つ」とは、やまねももんがさん、手厳しいですね(笑)
    2015/12/17 10:16 PM by JJ(自分にアマアマっ子)
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    尾はかなり淡いようですね。
    地平高度がかなり高くなってきたのに、この写りではなかなか厳しいです。
    一緒にいた人もパーティノフでのフォーカス合わせに難航していましたよ。
    2015/12/18 5:34 AM by やまねももんが
    >JJ(自分にアマアマっ子)さん、おはようございます。

    画像の諧調を反転させると淡い部分が見易くなるのですよね。
    背景が白だと眼の瞳孔が開いてよく見えるのかなあ?
    かもめのジョナサンは仰る通りで、まるで星空を撮んでいるように見えますね。
    このすらりと伸びた尾をしっかり表現したいのですが、ちょっと(かなり?)無理そうです。
    2015/12/18 5:40 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1631

    トラックバック

    ▲top