星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 薄明を迎えて | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ぎょしゃ座領域2 >>

2015.12.19 Saturday

12/19未明のカタリナ彗星

0

    カタリナ彗星は日に日に高度を増して、かなり撮影しやすくなっています。

    2日前(12/17)の撮影ではいろいろと問題点があったのですが、今回は少しは改善できました。
    空の透明度は前回よりは良く、双眼鏡(7×42)で頭部はよく見えました。
    尾も見えるような気もしましたが、試写画像のイメージが目に焼き付いているためでしょうね。
    カメラとレンズを変更して、撮影後にダーク画像も取得しました。
    露光時間は3分で、ヒストグラムのピークは中央よりやや右側にきています。
    それでも特に長く伸びたイオンの尾は淡くて、コントラスト良く仕上げるは難しいです。



    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


     2015/12/19 04:17  EF200mm F2.8→4.0  追尾撮影(180秒)  彗星核を基準に18枚をコンポジット
     EOS 5D2 RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    構図は前回と同様に、赤経赤緯に合わせたつもりです。
    相変わらず2方向に尾が伸びて、不思議な格好をしていますね。
    この不思議な尾の形を撮影できただけで良しとしましょう。



    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


    前回と同様に、モノクロにして反転させてさらに強調してみました。
    ダストの尾は2方向に伸びているように見えますが、実は扇型に拡がっているようです。
    2013年のパンスターズ彗星の尾も扇形に拡がって見えましたが、それとはまた形が少し違っています。
    すらりと長く伸びた尾はイオンの尾で、写野の短辺は7度弱なので長さは3度強はあります。
    そして2日前と同様に、先端付近では少し広がっているような気もします。


     








    コメント

    こんばんは
    私も今朝カタリナを撮ったんですけど、イオンの尾は思ったより淡くて大変ですね。
    少し寝かせてみようと放置したら自分が寝てました(笑)
    ダストの尾はおっしゃるように扇型ですね。
    肉眼彗星にはなりませんでしたけど、なかなかおもしろい彗星ですよね。
    2015/12/19 6:52 PM by おりおん
    >おりおんさん、こんばんは。

    当初の予想では、あと2等ほど明るくなりそうだったのですよね。
    そうすればイオンの尾ももっとしっかり写せたと思います。
    でも尾が写る彗星は面白くて、ついつい追いかけてしまいます。
    昨晩はおりおんさんも徹夜だったのですか?
    2015/12/19 8:05 PM by やまねももんが
    尾がしっかり写っていますね。
    淡くて処理が大変だったようですが、ここまで表現できれば納得でしょう?
    こちらは天気が悪いこともありますが、この時間に起きて出かける気力がありません。
    暑さも寒さも苦手な軟弱者で…(苦笑)。
    2015/12/19 9:54 PM by 悠々遊
    こんばんは
    まっすぐ長く伸びたイオンテイル見事ですね。
    ダブルテイルの姿は興味深いです。
    残念ながらまだ撮影できていませんが、昨夜の夜遊びで32cmドブで生カタリナ彗星を見させていただき目に焼き付けています。
    2015/12/19 11:10 PM by テナー
    >悠々遊さん、おはようございます。

    この彗星、頭部はかなりしっかりしているのですが、尾は淡いですね。
    無理矢理炙り出そうとしましたが、このあたりが限界でした。
    しかもそのせいで画像がかなりざらついてしまいました。
    −4℃あたりまで冷え込んで、通常ならもっと早く帰るのに、薄明が始まるまで撮影してしまいましたよ。
    2015/12/20 8:12 AM by やまねももんが
    >テナーさん、おはようございます。

    イオンの尾は長く伸びているものの、非常に淡いですね。
    この彗星の尾の様子はとても面白くて、3次元的に表示できればもっとよく分かるのではないでしょうか?
    双眼鏡でもその存在が分かりましたので、大きなドブで見たら圧巻でしょうね。
    来月もまだまだ撮影できると思うので、狙ってみて下さい。
    2015/12/20 8:16 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1633

    トラックバック

    ▲top