星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) ぎょしゃ座領域2 | TOP | 星景写真におけるフィルターをどうする? >>

2015.12.21 Monday

先週の夜遊び

0

    先週の夜遊びの様子です。
    いつも似たような内容になりますが、まあ備忘録ということで、、、。


    週初めに「ふたご座流星群」の極大日を迎えましたが、
    天気の予報が期待薄だったので、さっさと寝ました(苦笑)。



    [12/16-17]

    昼間はかなり気温が高くなりましたが、午後には風向きも変わってGPV予報も良好です。
    21時半頃に月が沈むので、20時過ぎにみずがき湖に着くとやはりKさんがいらっしゃいました。
    天気は良好で星空が広がっています。>
    2日前のふたご座流星群の極大日がこうだったら良かったのですがねえ。
    Kさんによると昼間はPM2.5で甲府盆地は霞んでいたそうです。

    月が沈むとカシオペア付近の秋の銀河(天の川)も見えてきました。
    でも空の透明度はイマイチで、PM2.5の影響がまだあるのですかねえ。
    そして星の瞬きが大きくて、フォーカス合わせが難しかったです。
    Kさんのバーティノフマスクを使ったライブビュー画像を見せてもらいましたが、大きく揺らいでいました。
    ビジターセンターの「こーちゃん」さんが夜半過ぎに駐車場に来られましたが、星が大きいと嘆いていました。

    駐車場の奥に車を停めていた方が、キーを中に入れたままドアをロックしてしまうという事件が起きました。
    すぐ前の交番に相談に行くように勧めて、暫くしてJAFが来て解決しました。
    もっと山の中で一人だったらと思うと、私たちも十分に注意しないといけませんね。

    一晩中雲が湧く気配は全くなく、気温は0℃前後でした。
    でもときどき強い風が吹いて寒かったです。
    いつものように星野写真を撮りながら、星景写真を撮影しました。
    この日はちょっと趣向を凝らして?フィルターの有無を組み合わせてみました。
    思っていたよりもいい感じに仕上がりそうです。
    最後はカタリナ彗星を撮影しましたが、思ったよりも地平高度が高くなっていますね。
    でも特にイオンの尾は淡くて、ちょっと残念です。


    フロントガラスに映った冬の星座たち


     2015/12/16 22:50  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    久し振りに車のフロントガラスに星を映してみました。
    けっこう良く映るので面白いですよ。
    でも冬の星座が手前に寄ってしまって窮屈そうで、”すばる” もギリギリですね。
    ”オリオン” が南中する少し前だったのですが、もっと早く撮れば良かったです。
    車は大まかに言って南に向けて停めています。

    あれっと思って調べてみたのですが、残念なことに ”ぎょしゃ座のカペラ” が入っていませんでした。
    これが入っていたら「冬のダイヤモンド」が写せたわけです。
    普通に撮影すると画角が足りないのですが、こうすると写せるとは大発見です。
    なお、ディフュージョンフィルターは使用したかどうか忘れてしまいました。



    [12/18-19]

    新月の頃の天気が駄目だったので、中一日ですが思い切って出かけました。
    月は0時少し前に沈むので、22時頃にみずがき湖に着くと、予報に反して雲が多いです。
    肝心の北極星が見えません。
    2日前にKさんはこれで今年は終わりと言っていましたが、やはりいませんでした。
    でも車が1台停まっていて、赤道儀に大きな望遠鏡が載っているのが見えました。
    少しお話をさせて頂くうちに、10月にみずがき山でお会いした人だと気づきました。
    しかも私と同じく八王子からということでびっくりです。

    23時頃から雲が少なくなって、月が沈む頃にはほぼ快晴になりました。
    空の状態は前回よりも心持ち良いでしょうか?
    でも星の瞬きはこの日も大きいです。
    寒気がやってきているせいでしょうか、北側と東側に時々雲が湧きますが、大きな影響はありませんでした。
    気温は−5℃あたりまで冷え込みましたが、意外にも耐えられました。

    いつものように星野写真を撮りながら、星景写真を撮影しています。
    前回と同様にフィルターの有無を組み合わせてみました。
    そしてとても久し振りに、比較明合成の北天ぐるぐる写真も撮ってみました。

    最後はやはりカタリナ彗星です。
    前回よりも双眼鏡(7×42)で頭部はよく見えました。
    彗星がいなければもっと早く帰るのですが、、、なんて罰当たりなことを言っちゃいけませんよね。
    でも帰りは東に向かうので、昇ってきた太陽が眩しいのですよね。



    2回の夜遊びでの写真は処理があまり進んでいません。
    この時期は大掃除が最優先事項なので、ぼちぼち仕上げて公開していきたいと思います。


     








    コメント

    撮影行日記ですね。
    こうして記録しておけば、あとで読み返すのが楽しくなりそう。
    この写真、天体撮影に関心が無い人が見たら、星空プリントのフィルムがガラスに貼ってあると勘違いしませんか(笑)。
    さすがにフロントガラスに貼っちゃまずいですが(苦笑)。
    2015/12/21 5:10 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんばんは。

    はい、この記事のカテゴリーは「夜遊び日記」にしています(笑)。
    なるほど、確かに仰るように思うかもしれませんね。
    さらに星空と気付かない人は、単にガラスにゴミが載っているだけと思うかもしれませんね。
    ちなみに車のボディはかなり汚れているのですが、窓ガラスだけは綺麗にしてから出かけています。
    2015/12/21 5:54 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    そうでした。16日の夜はシンチレーションがひどかったですね。
    私は、まゆ星雲と未撮影のメシエ天体M51を撮ったのですが、
    像がボケボケで諦めました。
    色々ありますね。一夜のショートストーリーが、想像できて面白いです。
    2015/12/21 8:49 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    はい、きっと上空で強風が吹いていたのだと思います。
    100mmレンズでの星野写真の処理を始めたのですが、いつもより星像が大きいように感じています。
    こうして日記風に書いておくと、後から自分で読んでも楽しいですよ。
    2015/12/22 5:30 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top