星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 先週の夜遊び | TOP | 久し振りの北天ぐるぐる >>

2015.12.22 Tuesday

星景写真におけるフィルターをどうする?

0

    デジタルカメラで星景写真を撮ると、星はとてもシャープに写って星座の形などがほとんど分かりません。
    そこでディフュージョン・フィルターを使って、星を少し滲ませてやります。

    しかしディフュージョン・フィルターをレンズの前に配置すると、周辺部の明るい星がラグビーボールのような形に歪んでしまうことがあります。
    これを回避するために、私は「リー・ポリエステルフィルター」を適当な大きさに切り抜いて、レンズの後ろに貼り付けています。


    一方で、地上の風景はフィルターの効果によって少しぼやけてしまいますよね。
    そこで試しに、地上風景にはフィルター無し、星空にはフィルター有り、をやってみました。
    思い切ってレンズの前にフィルターを配置してみたところ、星の歪みが気にならないじゃないですか。
    一番効果の弱いフィルターを使ったからでしょうかね。


    牡鹿像と昇ってきた冬の大三角


     2015/12/16 22:24  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    拡大してみると地上風景はまだボケていますが、
    無限遠にフォーカスを合わせているためと、高ISO感度で撮影しているためと思います。


    地上風景用に仕上げた画像を下に示します。
     


    星空用に仕上げた画像を下に示します。
     


    両者を下のようなマスク(およびその反転)を使って合成しています。
     


    「リー・ポリエステルフィルター」は下のようなものです。
    ポリエステルベースを素材にしたもので、100mm角のプラスチックマウントにセットされており、マウントの内側は87mm角です。
    露光時間が短いので、これを手で持ってレンズの前に配置しています。
    そのためにレンズフードが使えないのが難点ですかね。
     



    以前のスタイルの地上風景もフィルターを使ったものと比べてみましょう。


    牡鹿像と昇ってきたオリオン


     2015/11/15 22:33  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filter(レンズの後ろ)  固定撮影(20秒)
     連続して5枚を撮影、地上風景部分は最初の4枚をコンポジット、星空部分は最後の1枚を使用
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    あれ?ほとんど差が分かりませんねえ。
    頑張ったのにちょっと(かなり)残念です。

    牡鹿像がくっきりしていないのは、無限遠にフォーカスを合わせているためでしょう。
    そして山や手前の木々がシャープさに欠けるのは、やはり高ISO感度で撮影しているためのようです。

    ISO感度を低くすると露光時間が長くなってしまうので、私の撮影スタイルにはちょっと合わないのですよねえ。
    撮影スタイルというと大げさですが、冬場はシャッターが切れるのをずっと待っていると、寒くて耐えられないのです。


     








    コメント

    こうして並べてもらうと、地上風景用と星空用の処理の違いが歴然ですね。
    星景写真にはマスク処理が必須なのも納得です。
    好きな事のためとはいえ、マイナス気温の中での撮影お察しします。
    2015/12/22 3:09 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、地上風景と星空に求めるものはかなり違いますよね。
    そこで試行錯誤してマスクを使って合成することを思いついたのです。
    どんな趣味でもそうだと思いますが、普通の人?からはとんでもないことをやっているように見えるでしょうね(苦笑)。
    2015/12/22 3:42 PM by やまねももんが
    こんにちは
    ご苦労、ご苦心のたまものが画像に現れていますね。
    カットしたフィルターを先日紛失されてのリベンジでしょうか?
    10x10のフィルターを20秒と言えども指先が冷たくカメラの前で持っているのはつらい事でしょう。
    マスク処理での効果は一目瞭然です。
    2015/12/22 5:34 PM by テナー
    >テナーさん、こんばんは。

    はい、そうです。
    覚えてくれていて、恐縮です。
    指先だけ出る手袋をして、片手でレリーズを、片手でフィルターを持っています。
    たまにフィルターがずれてしまって失敗することがありますが、デジタルカメラはすぐにチェックができるので良いですね。
    マスクを使った合成は仕上げるのに手間がかかりますが、結果が良いので満足しています。
    2015/12/22 6:51 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    大変興味深い画像の比較ですね。
    風景用の画像にはシャープネス等施されているのですか?
    次回の撮影で実践させて頂きます。

    やまねももんがさんの撮影熱意には頭が下がる思いです。
    2015/12/22 8:18 PM by フーマン
    >フーマンさん、こんばんは。

    画像は合成した後でスマートシャープのコマンドを適用しています。
    いつも同じような星景写真ばかり撮っているので、少しは工夫してみようかなと思った次第です。
    実際にやってみると、頭の中で考えていたことと結構違ったりして、面白いやら残念やらです。
    2015/12/22 8:27 PM by やまねももんが
    いろんなシーンを撮影して、カットしたり加工したり合成したり・・・。
    一枚の画面にストーリーを持たせる、まるで映画監督になったみたいですね♪

    ふむふむ。なるほどこのように各種フィルターを上手に使うことで、先日の(私のお気に入りの)金星がクリスマスツリーのトップの星みたいに「キラリーン!」という演出もできちゃうってわけですね。

    星空マジックの種明かしをしていただいたみたいでと〜っても楽しかったです♪
    2015/12/22 9:39 PM by JJ(てじな〜ニャ♪
    >JJ(てじな〜ニャ♪)さん、おはようございます。

    カメラで撮った画像から、イメージに近い絵に仕上げる作業がどうしても必要です。
    まあ、この過程は賛否両論あると思いますが、、、。
    地上風景はかなり暗いので、少し明るく仕上げたいです。
    星ははっきりくっきり表現したいし、星空は少し青めに仕上げたいです。
    ビフォーアフターを見比べると、マジックとも言えないですね。
    カメラでいろいろやってくれると、星空写真を楽しむ人が増えると思うのですが。
    2015/12/23 6:04 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1636

    トラックバック

    ▲top