星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夕方の水星 | TOP | 1/5のカタリナ彗星 >>

2016.01.04 Monday

みずがき湖での星景写真 冬の大三角

0

    12/16と12/18の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
    地上風景にはフィルター無し、星空にはフィルター有り、で撮影して合成しています。

    今日ご紹介する写真の主題は「冬の大三角」です。



    女神像と昇ってきた冬の大三角


     2015/12/16 22:12  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    女神像の後ろ姿は、照らす照明がほとんど無いので暗いです。
    その後ろ姿を前景にして、昇ってくる ”冬の大三角” を撮りました。
    私にとっては、ここでの星景写真のまあ定番みたいなものです。

    木々がオレンジ色に染まっているのは、トンネルの手前にある照明のためです。
    その照明が直接入らないように、三脚を縮めて見上げるように撮っています。
    そのため、ファインダーはとても見づらいです。



    西の空に傾いた冬の大三角


     2015/12/19 03:04  EF24mm F1.4→3.2  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    ”冬の大三角” が西の空にだいぶ傾きました。
    南中がほぼ0時頃でしたからねえ。
    東の空では春の星座が次々に昇ってきています。

    ビジターセンターの建物と一緒に撮りましたが、建物内の常夜灯が直接見えないようにカメラの位置調整に気を配りました。
    でも手前の街灯?の位置までは選べませんでした。



    西の空に傾いた冬の大三角


     2015/12/19 03:09  EF24mm F1.4→3.2  固定撮影(20秒)
     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    この日のラストショットは、とんがり屋根と冬の大三角です。
    この組み合わせは街灯が入ってしまったりしてなかなかうまく写せなかったのですが、ちょっと良い感じの構図が見つかりました。
    地上の風景もカラフルで良いですねえ。

    冬の銀河(天の川)も写っていて、空の透明度はまあまあでした。
    でも夜空が赤っぽくて、色合いがうまく調整できません。
    ホワイトバランスはオートで撮っているのですが、画像はかなり赤っぽいです。
    肉眼でも空の色合いは何となく分かりました。


     








    コメント

    女神像や鹿さん像を見慣れていると、ビジターセンターの前景がとても新鮮です(笑)。

    地上風景と星空を別処理する時のマスクは、フィルター無しのほうで作られているのですよね?
    2016/01/04 3:16 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、おはようございます。

    ご返事が遅くなってしまいました。
    このビジターセンターはなかなか格好良いですよね。
    適度な灯りもあって、星景写真の前景として時々使わせてもらっています。
    仰るようにマスクはフィルター無しの画像から作っています。
    以前は両方ともフィルター有りで撮影したので、マスクはどちらで作ってもあまり差は無いのかもしれませんね。
    2016/01/05 7:49 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top