星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< みずがき湖での星景写真 冬の大三角 | TOP | 1/4の夜遊び >>

2016.01.05 Tuesday

1/5のカタリナ彗星

0

    昨晩は今年最初の夜遊びに出かけました。
    冷え込みはさほどでしたが、とにかく風が強くて三脚をカメラごと倒されてしまいました(涙)。
    その他にもいろいろあって、よっぽど途中で帰ろうかとも思いましたが、何とか月の出まで頑張りました。


    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


     2016/01/05 01:36  EF200mm F2.8→4.0  追尾撮影(180秒)  彗星核を基準に8枚をコンポジット
     EOS 5D2 RAW、ISO1600  長野県・富士見町にて


    月が昇ってくる前の30分程度の時間に撮影しました。
    撮影開始時で地平高度は20度ぐらいです。
    右下の明るい星は ”うしかい座のアルクトゥールス” です。
    地平線に対してほぼ垂直に構図をとっています。

    地球に近づいているので、頭部は大きくて明るいです。
    双眼鏡(8×42)では12月よりもはっきり見えました。
    一方で太陽から1.2AU以上も離れてきたので、尾は淡くなってきました。
    右下の方向に伸びているのはダストの尾だと思います。
    そしてとても淡いですが、上の方向に伸びているのはイオンの尾だと思います。

    全てのコマで星像が少し伸びていました。
    風がとても強かったのでブレてしまったか、どこかが緩んでいたのかもしれません。
    フォーカスももうひとつ追い込めませんでした。


     








    コメント

    せっかくの夜遊び初めでしたのに、それは大変でしたね・・。
    私も風に三脚ごとカメラを倒されちゃったこと、ありますよ〜(涙)
    カメラはもちろん、こころも傷つきました(苦笑)

    「人生〜楽ありゃ苦〜もあーるーさー。
     涙の後には虹も出る〜
     歩いていくんだ しっかりとー
     自分の道を 踏みしめて〜! ♪」
     
     昔テレビでやっていた「水戸黄門」の主題歌を思い出しました^^

    撮影にアクシデントは付きもの(=ツキもの?)♪
    今年もまた、やまねももんがさんならではの星景写真(やまねブランド!?)をたくさん見せてくださいね〜。

    2016/01/05 1:57 PM by JJ(水戸生まれ♪)
    >JJ(水戸生まれ♪)さん、こんにちは。

    三脚をカメラごと倒されたのは、これで二回目ですよ。
    今回は土の上だったのでカメラは一応無事のようです。
    行く時の甲府盆地はまるで春霞のような空でした。
    北風が吹き始めたので空の状態が良くなると喜んだのですが、少しは加減して欲しいです。

    はい、お言葉に従ってしっかりと歩いて行きます(笑)。
    星景写真も少し撮ったので、ちょっと待ってて下さいね。
    2016/01/05 3:15 PM by やまねももんが
    こんにちは
    星空の下で「ガシャン」の音にはドキッとさせられますね。
    大事に至らずといったところでしょうか。
    それにしても彗星は綺麗に撮れて丁寧な仕上げにされてますね。
    新月期にはまだまだチャンスがあるのでもう一度狙いたいところです。
    2016/01/05 6:43 PM by テナー
    >テナーさん、こんばんは。

    倒されたカメラは、ぐるぐる写真を撮るために少し離れたところに設置しておいたものです。
    カメラの灯りが見えないので見に行ったら、ひっくり返っていました。
    彗星は先月に比べて、頭部は大きく明るくなってきましたね。
    私ももう一回ぐらいは撮りたいです。
    2016/01/05 6:54 PM by やまねももんが
    カメラを三脚ごと倒されるとは、恐ろしい体験です。
    私ならビビッてすぐ帰るところです。


    カタリナ彗星のダストの尾は少しカーブしているように見えますが・・・。
    2016/01/06 5:49 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんばんは。

    車の中にいても車が少し揺れるぐらいの強風でした。
    三脚がずれるかなあとは思っていたのですが、まさか倒されるとは、、、。
    近くなら帰ってしまったかもしれませんね。
    仰るように、右下に伸びているダストの尾は少し曲がっていますね。
    ダストは核から放出されてから数日から数十日も見えているそうです。
    だからダストの尾は核から遠いほど昔に放出されたもので形成されていることになります。
    2016/01/06 8:21 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top