星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 1/9のカタリナ彗星 | TOP | 1/11のカタリナ彗星 >>

2016.01.10 Sunday

1/8の夜遊び

0

    1/8はみずがき湖に夜遊びに出かけました。
    いつも似たような夜遊び日記になりますが、まあ備忘録ということで、、、。


    冬型の気圧配置が続いていますが、それほど強くないのでみずがき湖辺りは時雨れることもなさそうです。
    午前中の予報では21時頃まで雲がかかりそうだったのですが、午後には夕方から晴れ渡る予報に変わりました。
    ゆっくり出かければ良いと思っていたので、急いでバタバタと出かけました。

    19時過ぎに着きましたが、予想に反して誰もいません。
    空は雲が全く無く、星空が広がっています。
    着いた時は少し風が強かったですが、そのうちに止みました。

    いつものように、100mmレンズでの星野写真と星景写真を撮りました。
    星野写真用カメラの60Daですが、最近ちょっとおかしな症状が出ています。
    同じ露光条件で連続して撮影していても、たまに2倍ほど明るく写っているコマがあるのです。
    この日は露光条件を決める試写でそれが出てしまって、結果的に露光時間を短くしてしまいました。
    フォーカス調整がかなりうまくいっただけに悔しいです。
    こういうたまに出る症状は厄介で、メンテに出しても駄目でしょうね。

    女神像の周りで星景写真を撮っていると、ビジターセンターのテラスから人の声が聞こえました。
    ビジターセンターの「こうちゃん」さんがお客さんと一緒に天体写真を撮っているようです。
    お客さんが帰られた後で、「こうちゃん」さんが駐車場に来てくれて、いろいろとお話ができました。
    今年もよろしくお願いします。
    女神像のあたりで歩き回っている靴音で私だと分かったそうですが、私の靴音ってそんなに特徴的かなあ?
    「こうちゃん」さんによるとザッザッザッと聞こえるそうですが、、、。

    明け方までいる元気が無かったので、昇ってきたカタリナ彗星を撮って終わりにしました。
    気温は-3℃程度までしか冷え込まず、この冬はやはり暖かいですね。


    北天ぐるぐる


     2016/01/08 21:16 Tokina10-17mm(10mm) F4.0→4.0 固定撮影(900秒、インターバル1秒)
     10枚を比較明合成  EOS KissX3 RAW、ISO400  山梨県・みずがき湖にて


    2時間半の北天ぐるぐるです。
    ちょうど真ん中付近に ”カシオペア” がいて、右端には昇ってきた ”北斗七星” がいます。

    でもちょっと失敗してしまったようです。
    前回は地上風景がかなり暗くなってしまったので、1枚の露光時間を1.5倍にしました。
      → 前回はこちら
    その効果はありましたが、星空がかなり明るくなってしまって、色合いがうまく調整できませんでした。
    橋の照明も白とびしてしまって色が分からなくなっています。
    ぐるぐる写真の撮影条件の選択はなかなか難しいですね。

    このカメラ、前回の強風で三脚ごと倒されたものです。
    基本的な動作は問題無いようですが、
    アクセサリーシューの金属部分が少し曲がって水準器がセットできなくなってしまいました。


     








    コメント

    思わず北極星のある中心に吸い込まれそうな迫力満点の北天ぐるぐるですね^^

    ぐるぐる目を回しながらふと思いついたのですが、
    三脚を長時間移動しなくていいときなどは、
    風による転倒対策として 三脚の中心に紐を結びつけてもう片端をキャンプ用のペグなどで地面にピンと張って埋め込む・・・、なんていうのはいかがでしょうか?
    2016/01/10 11:07 AM by JJ(催眠術にかかったみたい)
    >JJ(催眠術にかかったみたい)さん、こんにちは。

    毎回お名前が変わって楽しいです。
    仰るような風対策をちゃんとやらないといけないなあと思ってはいるのですが、、、。
    結構ズボラなところがあって、喉元過ぎれば何とやらで、この日はあまり風もないので大丈夫だろうと放っておきました。
    ぐるぐる写真は外部電源を用意して、もっと長時間に挑戦してみたいですね。
    2016/01/10 11:33 AM by やまねももんが
    こんばんは
    星空が明るい処理になってしまったということですが
    最初に眼がいくのは橋、続いて恒星の軌跡、そして全体をまとめて見た時星空の明るさは気になりませんでした。
    どうして吸い込まれそうなぐるぐるになるのか構図の作り方なんでしょうかね!?!
    2016/01/10 11:41 PM by テナー
    歩き方って人それぞれ特徴ありますよね。
    こうちゃんさんは日頃からそれを楽しんでいるのかもしれませんが、そんな時間に歩き回る人は限られるでしょうから、より分かるのでしょう(笑)
    師匠のぐるぐるはやっぱり新鮮です。
    2016/01/11 2:00 AM by びっけパパ
    >テナーさん、おはようございます。

    星の色が青色系ばかりになって、赤色系や黄色系が乏しくなってしまったと感じっています。
    当たり前のことですが、ぐるぐる写真にも適正露光ということが大切なんだと再認識させられました。
    地上風景をできるだけ黒潰れしないようにしたことで、奥行きみたいなものが感じられるようになったかなあと思っています。
    2016/01/11 7:35 AM by やまねももんが
    >びっけパパさん、おはようございます。

    仰るように夜中に歩き回る人は少ないでしょうね。
    カメラを載せた三脚を担ぎながら歩いているので、そんなことも要因なのかもしれません。
    1枚当たりの露光時間をかなり長く設定しているので、地上風景と星空の明るさの比みたいなものがちょっと独特かもしれません。
    2016/01/11 7:39 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top