星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 1/8の夜遊び | TOP | 1/10のパンスターズ彗星 (C/2013 X1) >>

2016.01.11 Monday

1/11のカタリナ彗星

0

    今日(1/11)の2時前に撮影したカタリナ彗星です。


    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


     2016/01/11 01:46  EF100mm F2.8 Macro (F5.0)  追尾撮影 240秒
     彗星核を基準に8枚をコンポジット  EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    地平線に対してほぼ水平に構図をとっています。

    星野写真の撮影が押してしまって、雲が広がる予報の時刻が迫ってきてしまいました。
    そこで今まで彗星の撮影に用いていた機材ではなくて、星野写真に用いている機材で撮影しました。

    でもすぐに帯状の薄雲が次から次へとやってきます。
    これは駄目だと思っていると少し良くなって、良いかなと思っていると薄雲がやってくるような状態です。
    何とか連続して8枚撮影しましたが、薄雲の影響は避けられませんでした。

    2日前と同様に、イオンの尾が伸びています。
    縦方向の画角は8.3度ほどなので、尾の長さは2度程度はありそうです。
    ダストの尾が少し赤っぽく写っているのは、薄雲の影響かもしれません。

    彗星の移動が速いので、彗星核を基準にコンポジットしています。



    帯状の雲の波状攻撃


     2016/01/11 01:29  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)
     EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    一番明るい星は ”うしかい座のアルクトゥールス” です。
    ”カタリナ彗星” は ”北斗七星” の柄の延長上にいます。

    こんな感じの帯状の雲が西から東へと流れていきます。
    波状攻撃の合間にときどき撮影チャンスが訪れますが、
    薄雲が無いように見える部分も空の透明度は落ちています。
    でもまあ、何とか撮影できたので良しとしましょう。


    彗星付近をピクセル等倍で切り出してみました。
     


     








    コメント

    こんにちは。
    昨夜も出かけたのですね。出来たてのホヤホヤですね。私の方は新月の晴れなのに、強風が気になって撮影しませんでした。
    ダストテールは、雲がなくても赤っぽく写ってますよ。先ほどアップしたので、見てください。
    2016/01/11 1:36 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    はい、12時間ほど前に撮ったものです。
    みずがき湖でもときどき突風が吹きました。
    でもカメラとレンズという組み合わせはコンパクトなので、影響はほとんどありませんでした。
    仰るようにヤマボウシさんの画像でもダストテールは赤っぽいですね。
    今気が付きましたが、私の場合はカメラを変えたのが要因かもしれませんね。
    寝不足で頭が回りませんでした(涙)。
    2016/01/11 2:05 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top