星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< フロントガラスに冬の星座を映してみました | TOP | 八王子も大雪になりました >>

2016.01.17 Sunday

M51,M101とカタリナ彗星 (1/17)

0

    今日(1/17)の2時頃に撮影したカタリナ彗星です。


    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


     2016/01/17 01:57  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影 240秒  恒星を基準に5枚をコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて


    カタリナ彗星が ”北斗七星” の領域に入ってきました。
    明るい2つの星は北斗七星の柄の部分の星で ”ミザール” と ”アルカイド” です。
    そして、右上に ”M51(子持ち銀河)”が、左下に ”M101(回転花火銀河)” が見えています。
    この日がM101に最も近づいたようです。

    銀河をしっかり描写したいので、恒星基準でコンポジットしています。
    彗星は移動によって少しブレてしまっていますが、あまり目立たないですね。

    この構図、主要な天体が左側に寄ってしまっています。
    何故こうしたかと言うと、3日前に撮影したものと同じ構図にして、重ねてみたかったのです。
      → 1/14の撮影はこちら


    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


    Photoshop の Photomerge で2枚の画像を合成したら、こんな画像が出来上がりました。
    右側の彗星が1/14に撮影したもので、左側の彗星が1/17に撮影したものです。
    3日間でこんなに移動したのですね。

    撮影条件や空の状態が同じでないので正確には比較できませんが、1/14のほうがイオンの尾がはっきり写っています。
    一方で頭部やダストの尾の様子はあまり変化はないようです。


    昨晩は、月夜の風景写真を撮りに長野県・海ノ口の美鈴池に行きました。
    気温は−10℃を下回り、美鈴池は結氷していました。
    ときどき氷がきしむ音がして、その音の正体が分かるまではドキドキでした。

    1時間ほどで切りあげて、星野写真の撮影のために野辺山に移動したのですが、なんと雲が広がっていました。
    近くで車を数台見かけましたが、カタリナ彗星がお目当てなのでしょうね。
    1時間ほど待っても状況は改善しそうもないので、山梨県・高根町の農道へ移動しました。
    予想通りに星空が広がっていましたが、気温は−7℃ほどで、風が少しあったこともあってとても寒かったです。
    彗星の撮影にはもっと遅い時間帯のほうが地平高度が高くなって良いのですが、寒さが我慢できずに早めに撮影して撤退しました。
    暖冬で始まった今季の冬も、いつのまにか例年並みに冷え込むようになりましたね。


     








    コメント

    こんにちは
    きっちりカタリナ彗星と一緒にM51とM101が写ってますね〜
    コレ、凄く撮りに行きたかったんです

    ただ、自分の機材ではちょっと難しかったかもですね
    85mmだったらいけたかな?

    そうそう、誕生日おめでとうございます
    Kさんと一緒にいつまでも夜遊び出来ると良いですね
    これからも毎回楽しく拝見させていただきます
    (いつかKさんにも直接会ってファーストライトの時をお礼をしないと^^;)
    2016/01/17 1:05 PM by KEN
    こんにちは
    大物銀河とのコラボで今が旬ですね。
    彗星移動画像は目からうろこ、丁寧な撮影と処理には
    良い結果がついて来るんですね。
    深夜の彷徨で最後に星空を掴む行動力には恐れ入ります。
    2016/01/17 1:06 PM by テナー
    >KENさん、こんにちは。

    M51とM101は比較的大きな銀河なので、カメラレンズでも何とか形が分かります。
    その間を尾を伸ばした彗星が通り過ぎていく様子はとても面白いですよね。
    滅多に無いチャンスなので無理してでも出かけて良かったです。

    ありがとうございます。
    Kさんとは河口湖の育樹でお会いしたのですよね。
    あの方は私の数倍も元気にあちこち出かけているので、どこかでお会いするチャンスがまたあると思いますよ。
    2016/01/17 3:33 PM by やまねももんが
    >テナーさん、こんにちは。

    構図を変えても別の銀河や星雲星団を写せそうにないので、同じ構図にして重ねてみようと考えました。
    前回の処理とほぼ同じようにしたので、時間も半分ぐらいで仕上げることができました。
    いやあ、彷徨の果てに撮影できたので良かったですが、そうでなかったら疲れが数倍になっちゃいますよね。
    やはり野辺山辺りの天気は難しいです。
    2016/01/17 3:39 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    夕べはお疲れ様でした。撮影出来て良かったですね。
    合成画像がクールですね。貴重な画を、ありがとうございました。
    やはり、イオンテイルは薄くなったようですね。この変化も彗星の魅力ですね。
    2016/01/17 4:10 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    はい、何とか撮影できて良かったです。
    ヤマボウシさんのM101とのコラボも見事ですね。
    イオンの尾は、太陽からだいぶ離れてしまったので薄くなりましたが、それでもたまに濃くなるときがあるようです。
    仰るようにこの変化が彗星の魅力なのですが、体力が続きません(涙)。

    2016/01/17 4:52 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top