星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< みずがき湖での夜の風景写真 | TOP | 2/8のカタリナ彗星 >>

2016.02.08 Monday

みずがき湖での夜の風景写真 (続)

0

    昨日の続きで、
    2/2の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した「夜の風景写真」です。



    星景写真のいつもの主役たち


     2016/02/02 20:53  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(120秒)
     EOS 6D RAW、ISO800  山梨県・みずがき湖にて


    星景写真でいつもお世話になっている鹿鳴峡大橋と女神や鹿の像たちです。
    いつもの星景写真とは構図がちょっと違っていますね。
    地面の雪を大きく入れたかったので、女神や鹿の像から少し離れて撮りました。

    こういう感じの雲は夜の風景写真には良いですね。
    でも星野写真や星景写真が撮影できないので複雑な心境です。



    オレンジ色の街灯に照らされた木々


     2016/02/02 23:19  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(120秒)
     EOS 6D RAW、ISO1000  山梨県・みずがき湖にて


    木立で隠していますが、正面にオレンジ色の街灯があるのです。
    かなり明るいので、近くの木々や雪がオレンジ色に染まっています。
    いつもはちょっと邪魔に感じるのですが、こういう写真も面白いですね。

    このあたりは雪がまだ15cmほども残っています。
    しっかり固まっているのでその上を歩くことができます。
    でもときどきズボッと踏み抜いてしまいます。



    増富大橋


     2016/02/02 23:46  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(120秒)
     EOS 6D RAW、ISO1000  山梨県・みずがき湖にて


    みずがき湖には2つの橋があります。
    よく星景写真で写しているのは「鹿鳴峡大橋」です。
    これはその反対側(東側)にある「増富大橋」です。
    みずがき湖はこちらから水が流れ込んでいるようです。
    橋のあたりまで行ってみたいのですが、鹿に出会いそうで、、、。


     








    コメント

    撮影対象にもよりますが、はっきり・くっきり・カラフルは基本好きです。
    だからこういう写真を見ると、思わずにんまり(笑)。
    2枚目の写真、ベンチ手前の黒い穴は、踏み抜いたあとでしょうか。
    踏み跡のないまっさらな雪の上に足跡を残して歩くのは、子供の頃は大好きでした。
    今は滑って転ぶことが先に頭に浮かんでしまい、雪の上を歩くときは恐々です(苦笑)。
    2016/02/08 2:21 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、おはようございます。

    はっきり・くっきりは昔から好きだったのですが、最近はどんどんカラフル思考になっているような気がします。
    黒い穴のところにはちょうど排水溝があって、そこは雪融けが早いのでしょうね。
    まっさらな雪の上を歩くのは、私は今でも大好きですよ(笑)。
    気温が低くてさらさらの雪だと滑らないのでどんどん歩けます。
    街中だとシャーベット状になったり融けた雪が凍ったりして滑りやすいですよね。
    2016/02/09 7:40 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top