星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< みずがき湖での夜の風景写真 (続) | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域3 >>

2016.02.09 Tuesday

2/8のカタリナ彗星

0

    昨晩のカタリナ彗星です。

    機材の調子やレンズのフォーカス等をチェックする意味も兼ねて、夕方の薄明終了直後に撮影しました。



    カタリナ彗星 (C/2013 US10)


     2016/02/08 18:52  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  追尾撮影 180秒  彗星核を基準に9枚をコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    彗星は ”きりん座” にいます。
    薄明終了時のころで彗星は ”北極星” の上のほうに位置し、地平高度はかなり高いです。
    地平線に対してほぼ平行に構図をとりました。

    1週間前と比べると、頭部はさらに小さくなって暗くなったようにも思えます。
    私の双眼鏡(7×42)では確認できませんでした。
    でも写真にはよく写りますね。
    100mmレンズでも彗星の移動はまだまだ早くて、コンポジットは彗星核基準で行いました。



    これじゃあ彗星は全く分からないですね


     2016/02/08 19:05  EF100mm F2.8 Macro (F4.0)  固定撮影(600秒)  5枚を比較明合成(インターバル1秒)
     EOS 5D2 RAW、ISO400  山梨県・みずがき湖にて


    10分露光の固定撮影を5枚、比較明合成してみました。
    日周運動で円弧を描く星に混じって、エメラルドグリーンの彗星が綺麗だろうなあと考えたからです。
    でもこれじゃあ彗星は全く分からないじゃないですか。
    彗星がもっと大きくて明るくないと駄目ですね。
    企画倒れをまたやってしまいました。
    この失敗、前にもやった記憶があります(涙)。


     








    コメント

    みずがき湖の空はいかがでした?
    私は先日の井戸尻の痛いような寒さにめげて大月にしました。
    最近はやまねももんがさんも彗星を頻繁に撮っていただいているので喜んでいます。
    彗星の観測は同時に複数の観測が重要です。
    2016/02/09 12:32 PM by てらおよしのぶ
    う〜ん、探してみたけど、やっぱりちょっとわかりませんね〜(汗)
    でも、今回の「オチ」に 思わずふふっと笑わせていただきました(え? そこ、笑うところじゃないって?)

    おっと、失礼しました
    …ではお詫びのしるしにエジソンの名言をひとつ。
    「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」
    2016/02/09 1:18 PM by JJ(カタリナを探せ!難問編)
    >てらおよしのぶさん、こんにちは。

    みずがき湖は夜半前はずっと快晴でした。
    気温は−7℃ほどで冷え込みは厳しかったですが、風はほとんど無かったです。
    0時近くになると、ところどころに薄雲が湧いてきました。
    夜半後は時雨れそうな予報もあったので、0時頃で切り上げました。
    早い時間帯は夜空がいつもより明るく感じましたが、22時頃からはまあまあの星空だったと思います。
    私は百武彗星とヘールボップ彗星で再開したように、彗星は大好きです。
    2016/02/09 3:32 PM by やまねももんが
    >JJ(カタリナを探せ!難問編)さん、こんにちは。

    この撮影方法だと、彗星はかなり淡くて、何だか星と重なっているようで、私にもほとんど分かりません(苦笑)。
    こんな写真を公開するのはちょっと悩んだのですが、この方法では駄目ですよ〜とお知らせしたほうが良いかなとも思いました。
    エジソンの名言はなかなか奥深いものがありますね。
    そして、あのエジソンでも1万分の1とは、、、。
    私は3通りやって駄目だったら、もう諦めてしまいますよ。
    2016/02/09 3:39 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    カタリナ彗星も大分おとなしくなりましたね。結構楽しませて
    貰って感謝です。夜半以降の空も割りと良かったですよ。ただ、
    低空に限ってガスが沸いた様な状態で、透明度は悪かったです。
    この晩は夜半に起きて、春の銀河を撮っていました。
    2016/02/09 11:05 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    太陽からも地球からもだいぶ遠ざかってしまったので、頭部も小さくなってきましたね。
    でもまだダストの尾が写るので、活動が活発な彗星なのかもしれません。
    この日は夜半以降も晴れていたのですね。
    西側から雪雲が迫ってくるような予報だったので駄目だと思っていました。
    でもかなり冷えたので、一晩中は無理ですね。
    2016/02/10 6:46 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top