星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< クロッカスが食べられてしまいました | TOP | 星景写真 オリオンとヒアデス・プレアデス >>

2016.03.06 Sunday

牡鹿像と北天ぐるぐる

0

    ”北斗七星” が昇ってきたので、牡鹿像を大きく入れて北天ぐるぐるを撮ってみました。


    牡鹿像と北天ぐるぐる


     2016/03/01 19:52  EF24mm F1.4 → 4.0  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
     固定撮影(600秒) 16枚を比較明合成  EOS 6D RAW、ISO320  山梨県・みずがき湖にて


    いつも星景写真を撮っている24mm広角レンズでのぐるぐる写真は初めてでしょうか?
    星を少し目立たせたかったので、弱いディフュージョンフルターを使っています。
    時間帯が早いので飛行機がかなり飛び交っていましたが、あまり目立たないのでそのままにしています。

    ぐるぐる写真といつもの星景写真とでは、星空の色合いがちょっと違うのですよね。
    露光時間が長いせいなのか、比較明合成のせいなのか、、、。

    ぐるぐる写真はとても面白いのですが、撮影中は何もすることがなくて手持無沙汰です。
    氷点下に冷え込んでいるので、車の中でシュラフに潜り込んでいました。


     








    コメント

    こんにちは!
    24ミリで比較明なら 短時間で軌跡が長く撮れますよね しかしこの時期寒かったでしょう?車のは中は意外と冷えますよね、この場所は 鹿がいるんですね?こんな銅像はこっち(九州)では見れませから・・・
    2016/03/06 10:17 AM by kazu
    こんにちは
    ぐるぐるもたまに撮ると星々の位置、大きさ、明るさが違い
    地上風景を入れるとより新鮮に感じますね。
    北極星をセンター外すと立体感が増すように見えるのは気のせいでしょうか!
    鹿も目を回さないようにこっちを向いてるんでしょう!?!
    2016/03/06 10:39 AM by テナー
    >kazuさん、こんにちは。

    今まではもっと焦点距離の短いレンズで撮っていたのですが、この画角でのぐるぐるも面白いですね。
    この日は-5℃ぐらいまで冷え込みました。
    いつもの星景写真の撮影だと、体を動かしているのであまり寒さを感じないのですが、、、。
    この付近は鹿が多くて、行き帰りの道路でもよく見かけますよ。
    2016/03/06 11:42 AM by やまねももんが
    >テナーさん、こんにちは。

    久し振りにぐるぐるを撮ると面白いですね。
    この日は他に星景写真を撮る人がいなかったので、カメラを放置して車で休んでいました。
    私はいつも北極星を中心からずらしていますが、仰るように立体感が増すように感じますね。
    鹿の目線の先はおおいぬ座あたりでしょうか?
    2016/03/06 11:46 AM by やまねももんが
    24mmでセンターを外しているので、同心円が楕円形になって面白い効果を生んでいますね。
    10分x16枚=2時間40分!
    2016/03/06 11:47 AM by 悠々遊
    カメラの仕掛けに疎いもんで、質問させて下さい。テヘッ!
    16枚を比較明合成とありますが、地上風景は別処理ですよねぇ?
    あと質問では無いのですが、1枚10分露光は目からウロコで、ガス。
    いつもなら「はっはぁ!師匠のグルグルやぁ!」で見過ごすのですが、
    皇座山では撮影中やること無いのでグルグルでもと計画していたので
    つい撮影データなどに目がいきました。
    しっかし、深夜の湖畔、車の中でシュラフに包まれて60代男性・・・
    って。ハッハハッハッハハッハッハは!!お気をつけて!
    2016/03/06 12:43 PM by 山口のじぃ
    >悠々遊さん、こんにちは。

    合成したら楕円になったので、あれ?と思ってしまいました。
    広角レンズ特有の歪みなのですよね。
    カメラの傍でずっといたら待ちきれなかったと思いますよ。
    星野写真の撮影準備をしたり、駐車場で撮影している人と話したり、車の中で休んでいたりしていました。
    2016/03/06 1:15 PM by やまねももんが
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    いいえ、今回は地上風景も星空も区別しないで一括処理しています。
    ぐるぐる写真でもRAWで撮影しているので、枚数をあまり多くしたくないのですよね。
    撮影地はかなり暗いので、1枚の露光時間を10分に決めて、ISO感度とレンズの絞りを適当に選んでいます。
    明るさや色合いなどのほとんどはRaw現像時に調整して、現像後の16枚を比較明合成します。
    その後はマスク無しで微調整をして終わりです。
    何もしていないと本当に寒かったので、思わずシュラフに潜り込んでしまいましたよ。
    こういう時、じぃ様はどうしています?
    2016/03/06 1:25 PM by やまねももんが
    こんにちは。いつも星空の写真参考にさせていただいています。インターバル撮影の合間はほんとに手持無沙汰ですよね。特に冬場は辛いですね。
    2016/03/06 2:16 PM by みち
    なるほどぉ!よくわかりました。ありがとぉございました。
    一括処理でこの地上風景って、けっこぉ暗い所なんですねぇ!?
    皇座山でのグルグル、俄然やる気が出ます。

    私は皇座山では今のところ一人ぼっちなんで、撮影開始で
    トイレの前まで移動して、エンジンかけてポッカポカで、ガス。
    中では珈琲飲んで音楽聞きながら読書三昧の軟弱者で、ガス。はハッハハッハハ!!
    2016/03/06 2:27 PM by 山口のじぃ
    >みちさん、こんにちは。

    いつもの星景写真では、露光時間は長くても2分ですから待っていられます。
    これは2〜3時間ですからねえ。
    他に何かやることを考えないと駄目ですね。
    みちさんはどうしていますか?
    2016/03/06 3:17 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    やまねももんがさんのグルグルは珍しいですね。
    楕円の軌跡は面白いなぁ〜。15仟亞儺眼だと
    どうなるかやってみたいです。
    >車の中でシュラフに潜り込んでいました。
    誰か居れば外でだべっているのですか?
    車の外に靴を揃えて置いておいたら・・(^^;
    通報されなくてよかった(笑)
    2016/03/06 3:20 PM by ヤマボウシ
    >山口のじぃ様、こんにちは。

    特に冬の時期は星野写真の撮影に使わせて頂いている場所なので、かなり暗いです。
    この時は北極星付近を撮っていましたが、光害カットフィルター無し,ISO1600,F4.0で、6分露光でヒストグラムにピークが真ん中あたりでした。

    一人ぽっちのときはそうしたほうが良いですね。
    私もどうしても我慢できない時は、エンジンをかけて暖をとるときがありますよ。
    2016/03/06 3:25 PM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    いつも同じような星景写真ばかりだとつまらないなあと思って、同じ機材でぐるぐるを撮ってみたのです。
    対角魚眼では四隅の近くでもっと歪むのではないでしょうか。
    この日は駐車場にもう一人おられたので、ときどき話していましたよ。
    でもその方もときどき車の中で休まれていたようです。
    ちなみに、ここの目の前には交番があります(笑)。
    2016/03/06 3:35 PM by やまねももんが
    牡鹿像が「雄たけび」を挙げているような
    迫力あるグルグルですね♪

    寒さ対策としては・・
    シュラフのなかに空ちゃんか湯たんぽを仕込んでみるというのはいかがでしょうか?
    2016/03/06 4:49 PM by JJ(夜の御伴は・・?)
    >JJ(夜の御伴は・・?)さん、こんにちは。

    言われてみれば、牡鹿像が雄叫びを挙げているように見えますね。
    こんな近くで鳴かれたら怖いだろうなあ。

    空は甘ったれで一人ではいられないので、私が外にいるとずっと鳴いていると思います。
    それでは撮影が出来ないので、湯たんぽが良いですね。
    2016/03/06 5:36 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1699

    トラックバック

    ▲top