星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星空写真のお勧めリスト(2015年) | TOP | 星空写真のお勧めリスト(2017年) >>

2011.01.31 Monday

星空写真のお勧めリスト(2016年)

0

    星空写真のお勧めリスト(2016年)です。


    2016年1月

    水車小屋と大小の柄杓(ひしゃく)
      北斗七星が昇ってきたので、
      水車小屋を前景にして大小の柄杓(ひしゃく)を撮りました。

      井戸尻遺跡公園にて(2016/01/05)

    美鈴池での月夜の風景写真
      月夜の風景写真です。

      西の空に月齢5の月がいます。
      色合い調整にかなり悩んだ末、思い切ってかなりビビッドに
      仕上げてみました。
      木々の影が長く伸びているのが面白く感じました。

      長野県・海ノ口にて(2016/01/16)

    美鈴池での月夜の星景写真
      月夜の星景写真です。

      月明かりが無かったら、真っ暗でしょうね。
      構図はかなり悩んだ末に、思い切って地上風景を大きく入れてみました。
      月明りで地上風景が浮かび上がりましたが、
      星空との明るさのバランスが難しいですね。

      長野県・海ノ口にて(2016/01/16)
     

    2016年2月

    ビジターセンターを遠くから眺めて
      雲が湧いてしまったので、星景写真は諦めて夜の風景写真を撮りました。
      まだ雪が残っていて、こういうチャンスは滅多にありません。

      ISO感度を下げてたっぷり露光して、
      ちょっとHDRっぽく仕上げてみました。

      みずがき湖にて(2016/02/02)

    雲もあるけど星もある星景写真
      雲の切れ間を狙って星景写真を撮りました。
      この程度の雲なら、ちょっと絵になりますね。
      でもシリウスがなかなか雲から顔を出してくれなくてイライラしました。
     
      みずがき湖にて(2016/02/02)

    女神像と冬の大三角
      星景写真において、地上風景部分の露光情景を変えてみました。
      ISO感度を大幅に下げて、露光時間を長くしています。
      1枚撮りですが、特に暗い部分の描写がきれいになったと思います。
      これからは、この手法で星景写真を撮っていこうと思います。
     
      みずがき湖にて(2016/02/08)

    牡鹿像と大小の柄杓(ひしゃく)
      北斗七星がちょうど良い高さに昇ってきました。
      牡鹿像を入れて、こぐまの小さな柄杓と一緒に撮りました。

      地上風景はISO感度を落として撮影したので、
      牡鹿像は以前よりきれいに写ったと思います。
      でも向こうの山の木々の質感はまだまだですねえ。
     
      みずがき湖にて(2016/02/08)
     

    2016年3月

    牡鹿像と北天ぐるぐる
      いつも星景写真を撮っている24mm広角レンズでのぐるぐる写真は
      初めてでしょうか?
      弱いディフュージョンフィルターを使っています。

      撮影中は暇なので、車の中でシュラフに潜り込んでいました。

      みずがき湖にて(2016/03/01)

    みずがき湖に映った鹿鳴峡大橋
      鹿鳴峡大橋がみずがき湖に映った様子が、何だかいつもと違う気がしました。
      しばらくぼぅと見ていて、やっと気が付きました。
      橋自体が完全に推命に映っていたのです。
      こんなことは初めてなので、慌てて写真を撮りました。

      みずがき湖にて(2016/03/16)

    昇ってきた夏の銀河(天の川)
      昇ってきた天の川を対角魚眼レンズで撮影しました。
      薄明が始まる少し前に雲がやや少なくなってくれました。

      みずがき湖にて(2016/03/16)
     

    2016年4月

    昇ってきた夏の銀河(天の川)
      昇ってきた天の川を対角魚眼レンズで撮影しました。
      星景写真としてはやり過ぎなのは重々承知の上で、
      30秒固定撮影の天の川を炙り出してみました。

      みずがき湖にて(2016/04/11)

    牡鹿像とさそり、そしてバンビ
      牡鹿像とバンビを一緒に撮りたかったのですが、、、。
      構図決めがどうしてもうまくできませんでした。
      もう薄明が始まってしまうので、中途半端なまま撮影してしまいましたが、
      いつかリベンジしたいです。

      みずがき湖にて(2016/04/11)

    みずがき湖での北天ぐるぐる
      みずがき湖の東側から、ぐるぐる写真を撮りました。
      この時期のこの方向は、明るい星が少なくて寂しいですね。
      地上風景は別処理してマスクを使って合成しました。

      みずがき湖にて(2016/04/11)
     

    2016年5月

    瑞牆山と夏の大三角
      夏の大三角が高く昇るのを待って、縦構図で撮影しました。
      縦構図だと、地上風景の入れ方が中途半端にならずに済みます。

      地上風景用も星空用も固定撮影して、
      マスクを使って合成しています。

      みずがき山自然公園にて (2016/05/13)


    昇ってきた夏の銀河(天の川)
      夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
      さそりから夏の大三角までを対角魚眼レンズで撮影しました。

      みずがき山自然公園にて (2016/05/13)
     

    2016年6月

    昇ってきたさそりと夏の銀河(天の川)
      さそりが夏の銀河(天の川)を引き連れて昇ってきました。
      火星の存在感が半端じゃないですね。

      みずがき山自然公園にて(2016/05/28)

    さそりと夏の銀河(天の川
      ちょうど「つつじ」がきれいに咲いていたので前景に取り入れてみました。
      こういう季節限定の星景写真は楽しいですね。

      みずがき山自然公園にて (2016/05/28)

    昇ってきた夏の銀河(天の川)
      星空部分はポタ赤で追尾撮影しました。
      ちょっと手間がかかりますが、きれいに仕上がりますね。
      地上風景との境界が単調なので、合成も難しくありません。

      みずがき山自然公園にて (2016/06/01)
     

    2016年7月

    こんな光景は初めて見ました
      星景写真を撮っていたら、
      低い雲にあっという間に飲み込まれてしまいました。
      でも鹿鳴峡大橋が湖面にきれいに映っています。
      こんな光景を見たのは初めてです。

      みずがき湖にて (2016/07/09)

    女神像と夏の銀河(天の川)
      この場所でこれだけの天の川に出会ったのは初めてだと思います。
      構図がうまく取れなかったので、
      思い切って「女神像」を天の川の中に配置してみました。

      上の写真から1時間半ほど経ったころに、快晴になってくれたのです。

      みずがき湖にて (2016/07/09)
     

    2016年8月

    女神像とビジターセンターと立ち昇った天の川
      薄明が近づいてきて、立ち昇った天の川も西の空に寄ってきました。

      20秒の固定撮影で天の川がこれだけ写るとは驚きです。
      星空の写り具合いは夜空の暗さも重要ですが、
      それ以上に空の透明度が決め手となることを思い知らされました。
      でもどんな星空に出会えるかは、行ってみないと分からないのですよねえ。

      みずがき湖にて (2016/07/10)

    女神像と秋から冬にかけての天の川
      季節はまだ真夏ですが、明け方近くになると冬の星座たちが昇ってきます。

      秋の銀河(天の川)は夏の天の川ほどは濃くはありませんが、
      肉眼でも見ることができ、写真では暗黒帯の存在も分かります。
      色合いは青白いというのが私のイメージなので、
      そんな感じに仕上げています。

      みずがき湖にて (2016/07/31)
     

    2016年9月

    昇ってきたカシオペアからはくちょうまでの銀河(天の川)
      ポタ赤で追尾撮影したものですが、たっぷり露光すると写りが違いますね。
      この場所ではこの方向が空が一番きれいなのです。

      地上風景は別処理してマスクを使て合成しています。
      このような地上風景の場合でも、
      追尾撮影と固定撮影の合成を何とかできるようにしたいですね。

      みずがき山自然公園 (2016/08/31)

    いて座,たて座,わし座付近の銀河(天の川)
      管理棟が前景になるように、あちこち歩いて撮影場所を決めました。
      低空にたなびいている黒い雲がちょっといい感じだと思っています。

      追尾撮影の星空と固定撮影の地上風景を、なんとか合成できました。
      方角と境界の様子が良かったのだと思います。

      みずがき山自然公園 (2016/08/31)

    夏の大三角付近の銀河(天の川)
      ポタ赤で追尾撮影して、星野写真風に仕上げました。
      ノーマルカメラで赤い星雲を何とか出そうとしたら、
      こんな風になりました。

      みずがき山自然公園 (2016/08/31)

    女神像と牡鹿像と夏の大三角
      落ち着かない天気で、安定した晴れ間は1時間ほどでした。
      でも空の透明度はまあまあでした。

      星景写真には、このようなちぎれ雲はいい小道具になってくれます。

      みずがき湖 (2016/09/10)
     

    2016年10月

    牡鹿像とファーマルハウト
      南側の秋の星座は明るい星が少なくてとても寂しいです。

      星景写真の対象になるのはフォーマルハウトぐらいでしょうか?
      少しでも目立つようにと、牡鹿像の角の間に入れてみました。

      みずがき湖 (2016/10/06)

    昇ってきた冬の大三角
      三脚を短くして見上げるように撮ることが多いのですが、
      立っているときの目線に近い構図で撮ってみました。
      暗くて肉眼ではよく見えませんが、
      女神像とその台座はこんなふうに見えているのですね。

      みずがき湖 (2016/10/07)

    女神像と秋の銀河(天の川)
      はくちょうが沈んで、秋の銀河(天の川)がほぼ垂直に立ってきました。
      主役はカシオペアですが、アンドロメダ銀河も忘れてはいけません。
      前景は女神像をメインにして、鹿鳴峡大橋も少し入れてみました。

      みずがき湖 (2016/10/07)
     

    2016年11月

    昇ってきたオリオンとヒアデス・プレアデス
      冬の星座の主役であるオリオンが昇ってきました。
      おうし座のヒアデス星団とプレアデス星団に先導されているように
      見えますね。

      同じ星空でも地上風景を替えながら撮るのが、
      星景写真の面白さのひとつだと思います。

      みずがき湖 (2016/11/03)

    カシオペア、ケフェウス、ペルセウス
      秋の銀河(天の川)をポタ赤で追尾撮影して、
      星野写真風に仕上げました。
      弱めのディフュージョン・フィルターを使ったのですが、、、。

      みずがき湖 (2016/11/25)
     

    2016年12月

    オリオン、おおいぬ、こいぬ、ふたご
      冬の銀河(天の川)が主題です。
      思ったよりもしっかり写って、ちょっとびっくりです。
      ノーマルカメラの色合いは結構好きです。

      みずがき湖 (2016/11/26)

    北天ぐるぐる
      地上風景用には月が沈む前の画像を使い、
      星空用には月が沈んだ後の画像を使いました。

      みずがき湖 (2016/12/06)

    カラマツと冬の大三角
      近くに灯りが少しあるので、地上風景がほんのり照らされています。
      私はこんなカラフルな星景写真が大好きです。

      これは短時間露光の固定撮影の1枚撮りです。
      他の撮影方法が浮かばないのですよねえ。

      長野県・海ノ口 (2016/12/19)

    秋の銀河(天の川)
      星景写真用のレンズを替えました。

      この場所はこの高校が暗くて、星空がとてもきれいです。
      この写真が撮ってみたくて、この場所を選んだようなものです。

      長野県・海ノ口 (2016/12/19)
      

    カラマツ越しに見えた冬の大三角
      偶然にもこんな楽しい撮影方法を見つけました。
      木立の中の遊歩道にちょっと入ってみたら、
      木々の間に星が見えるじゃないですか。
      でも冬の大三角の3つの星を全部入れるのは思った以上に大変でした。

      長野県・海ノ口 (2016/12/19)


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1704

    トラックバック

    ▲top