星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 3/16のパンスターズ彗星(C/2014 S2) | TOP | 昇ってきた夏の銀河(天の川) >>

2016.03.18 Friday

みずがき湖に映った鹿鳴峡大橋

0

    3/15の晩はみずがき湖に夜遊びに出かけたのですが、予想外の雲にいじめられてしまいました。

    晴れ間が少し広がったので、星景写真を撮ろうと歩き回っていた時のことです。
    鹿鳴峡大橋がみずがき湖に映った様子が、何だかいつもと違う気がしました。
    しばらくぼぅと見ていて、やっと気が付きました。
    橋自体が完全に水面に映っていたのです。
    こんなことは初めてなので、慌てて写真を撮りました。
    でもこの状態は長くは続かず、30分後にはいつもの姿になっていました。

    そういえば、ビジターセンターの「こうちゃん」さんのブログで、昼間の写真ですが「巨大な水鏡」という記事があったのを思い出しました。
      → こちら


    みずがき湖に映った鹿鳴峡大橋


     2016/03/16 01:22  EF24mm F1.4→2.8、固定撮影(120秒)  EOS 6D RAW、ISO800
     山梨県・みずがき湖にて


    写真を良く見ると、手前のほうはさざ波が立っていますが、橋の近くはきれいな鏡面になっていますね。
    この日は風はほとんど無かったのですが、単にそれだけが要因なのでしょうか?
    この方向には分かるような星座が無かったので、「夜の風景写真」として撮りました。
    そのために明るく仕上げています。



    似たような構図で、今までに撮影したものをちょっと見返してみましょう。




     2016/01/14 00:42  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  連続して5枚を撮影
     地上風景部分は4枚をコンポジット、星空部分は1枚でLee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき湖にて


    これがいつも見られる姿です。
    今までは何気なく見ていましたが、湖面にさざ波が立っているので、光の帯が自分のほうに伸びているように見えるのですね。
    さざ波で光が乱反射するおかげで、自分のほうにやってくる光があるという訳です。
    光の反射では、入射角と反射角は等しいはずですものね。





     2016/02/02 20:35  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(120秒)
     EOS 6D RAW、ISO800  山梨県・みずがき湖にて


    これは、みずがき湖が部分的に結氷していた時です。
    橋の照明は凍った部分でもきれいに映っていますね。
    これは氷の上に雪が無いからで、雪が積もっていると映りません。





     2016/02/10 23:26  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置  固定撮影(60秒)
     EOS 6D RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    これも部分的に結氷していた時ですが、凍っていない部分の湖面に星が映っているのに気が付きました。
    どうやら ”カシオペア” の一部が映っているようです。

    みずがき湖に星が映っているのを見たのは初めてでした。
    多くの部分が結氷しているので、表面付近の水が動かないのだと思います。
    みずがき湖には東側(写真では右側)から常に水が流れ込んでいるのです。
    それに風が吹いていないのも幸いしたのでしょう。

    これは60秒の固定撮影1枚撮りで、マスクを使わずに仕上げています。
    撮影時にも悩んだのですが、このようなシーンはどう撮れば良いのでしょうかね。



    こうやって振り返ってみると、日によってかなり違いがあるのが分かりました。
    水面での反射って、奥が深いですね。


     








    コメント

    見事な逆さ鹿鳴峡大橋。
    2分開けててもクッキリと写るとはかなりの条件だったんでしょうね。
    なんかいいことありそうです。
    2016/03/18 1:01 PM by びっけパパ
    うわぁ〜 これはすごいですね〜 (溜息)
    なんて素敵なんでしょう!!

    同じ風景でも、季節によって、時間帯によって、
    そしてちょっとした気象条件の違いによって
    こんなふうに思いがけず「幻の瞬間」に立ち会えることがあるのですね。

    毎晩のように通っている人だけが見せてもらえる、
    神さま(宇宙)からのご褒美のミラクルラッキーショット♪

    私も毎回(ここに)通っているおかげで
    思いがけず「お宝写真」を見せていただけて 超ラッキーでした♪

    2016/03/18 1:32 PM by JJ(春の夜の幻?)
    同じところから撮り続けて、星のほうは季節や時間帯で変化があって当たり前ですが、地上にもこういう変化の楽しみがあるとは気がつきませんでした。
    いやあ、面白い。
    2016/03/18 2:01 PM by 悠々遊
    >びっけパパさん、こんにちは。

    こんなことは想像もしていなかったので、すぐには気が付きませんでしたよ。
    仰るように2分露光でもくっきりと写っていますね。
    これと引き換えにGPVに裏切られたのかなあ?(苦笑)
    2016/03/18 2:24 PM by やまねももんが
    >JJ(春の夜の幻?)さん、こんにちは。

    改めて見直してみて、毎回違いがあるのがよく分かりました。
    特に結氷していたり雪が積もっていたりすると違いが大きくて面白いですね。
    それにしても今回は本当にびっくりでした。
    違いが大きすぎて、しばらく気が付かなかったのには、自分でも笑ってしまいましたよ。
    これでとびきり明るい火球でも流れてくれたらと思うのは欲張り過ぎでしょうか?(笑)
    2016/03/18 2:32 PM by やまねももんが
    >悠々遊さん、こんにちは。

    仰るとおりですね。
    まさかこんな変化に出会えるとは思ってもみなかったです。
    星景写真ゆえの醍醐味を味わうことができました。
    2016/03/18 2:36 PM by やまねももんが
    初めてお邪魔いたします。
    風景メインで、最近星空を絡めた風景に目覚めました。

    ポタ赤まで購入し、新星景なるものにチャレンジしていたのですが、マスクの切り方や合成の仕方がナカナカ上手く行かずに悩んでおりました時に、こちらのBlogに出会い参考にさせていただき、かなり満足いく様な仕上げになりました。

    私も水辺を絡めた風景が好きで、星景の時も水辺で撮る事が多いのですが、水鏡の不思議は面白いですね。
    先日も、比較的風の弱い時に撮った時、岸辺は遮られてクッキリ水鏡に、徐々に離れた所からさざ波で映り込みが伸びて行く様でした。

    水面一面に写り込む星空を撮ってみたいのですが、かな〜〜〜り条件が良くないと難しそうですね。

    いきなり長文にて申し訳ありませんでした。
    これからもステキな星景と、為になるお話楽しみにしています(^^)
    2016/03/18 10:17 PM by Tom
    >Tomさん、おはようございます。

    星景写真はいろいろな撮り方や仕上げ方があり、まだまだ発展途上だと思っています。
    それだけに撮影される方が増えていくのは嬉しいですね。
    そして私の記事がお役に立てたのなら幸いです。

    仰るように水辺での撮影はいろいろな発見があって楽しいですよね。
    でも夢中になって水に落ちないようにしましょうね(笑)。
    水面一面に星空が映っているのに出会えたら、感動のあまり大声を出してしまうだろうなあ。
    2016/03/19 5:38 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1707

    トラックバック

    ▲top