星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< みずがき湖に映った鹿鳴峡大橋 | TOP | 彼岸の中日 >>

2016.03.19 Saturday

昇ってきた夏の銀河(天の川)

0

    3/15の晩(3/16の明け方)に、山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    薄明が始まる直前に、対角魚眼レンズで撮影した「夏の銀河(天の川)」です。
    GPV予報とは裏腹に終始雲が湧いてしまう天気でしたが、薄明が始まる少し前から雲がやや少なくなってくれました。
    この日の第一目的はこの構図で撮影することで、撮影方法もいろいろ考えていました。
    でもそんな余裕は無くて、いつも24mmレンズでやっている固定撮影だけしかできませんでした。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2016/03/16 04:28  EF15mm F2.8
     地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-2 Filterをレンズの後ろに配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    雲が無い領域も空の透明度はあまり良くなくて、銀河(天の川)は肉眼ではよく見えませんでした。
    だから写りも良くなかったです。
    でも悔しいので銀河(天の川)を無理やり炙り出してやりました(苦笑)。
    対角魚眼レンズ特有の湾曲は少し補正をして、周辺部を少しトリミングしています。

    正直言って、要改善点が山積みの写真です。
    まずは銀河(天の川)に対しては露光不足なので、もっとたっぷり露光してあっさりと仕上げたいです。
    そうすると追尾撮影が必須になりますね。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2016/03/16 04:29  EF15mm F2.8
     地上風景部分 : ISO800、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    星空部分のフィルター無しバージョンです。
    銀河(天の川)はフィルターを使わないほうがきれいに表現できると思っています。
    でも明るい星が目立たなくなってしまうので、悩ましいですね。

    対角魚眼レンズでは、フィルターをレンズの前に配置するとケラレてしまいます。
    だからレンズの後ろに配置するしかないのですが、そうするとレンズをカメラから外さなくてはなりません。
    寒くて暗い野外での作業はとても気を使いますし、カメラのセンサーにゴミが付く原因にもなります。
    できればフィルター無しで撮影したいです。


     








    コメント

    なるほどー
    こうして比較してみると違いがよくわかりますね^^

    確かにフィルター有りだと大きな星の粒が目立ってゴージャスな感じはしますが
    この場面の主役が「天の川」であることを考えると
    2枚目のほうが、(大きな星に目を引かれない分)
    銀河全体の流れるような美しさが強調されて 
    より「天の川」の魅力が出ているような気がします^^

    星景写真は 枠の中にたくさんの要素を含んでいるので
    主役を引き立たせるためには敢えて脇役を抑えたほうがいい結果につながるのかもしれませんね^^
    2016/03/19 9:46 AM by JJ(ちょい星景評論家)
    >JJ(ちょい星景評論家)さん、こんにちは。

    天の川の雲のように見える部分は微光星の集まりなので、フィルターを使うとそれがボケてしまうのですよね。
    だから天の川を主体とする場合は、フィルターを使わないほうがきれいに表現できると思っています。

    仰るように、何を主役として仕上げるかなのですよね。
    でも欲張りだから、天の川も明るい星も主役にしたいのですよね。
    だからいつも悩んでいます(苦笑)。
    2016/03/19 10:21 AM by やまねももんが
    こんにちは!
    夜中を過ぎると天の川の時期になって来たのですね
    私のカメラはすぐにセンサーごみがすぐ付いてしまうので レンズ交換はなるべく控えています
    ブロアーを使ったり ペンタ棒のお世話にも結構なっています・・・
    2016/03/19 10:15 PM by KAZU
    >KAZUさん、おはようございます。

    はい、夏の銀河(天の川)の季節がやって来ましたよ。
    さそり座には火星と土星がいるので、ちょっと面食らってしまいました。
    レンズ交換後は画像をよくチェックするようにしているのですが、気が付かずに後でがっかりすることがよくあります。
    電源をオンオフしてセンサークリーニングを数回やるようにしていますが、やはり野外でのレンズ交換はやりたくないですよね。
    2016/03/20 6:32 AM by やまねももんが
    こんにちは。
    15mmだと、さそり座からはくちょう座まで入るのですね。
    載せられた画像を見る限り、フィルターは無い方が天の川が
    綺麗に写りますね。星もフィルター有りでは、明るい星が
    ちょっと大きすぎると感じました。フィルター無しに一票です。
    2016/03/21 12:35 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    対角魚眼レンズくらいの写野がないと入りきらないですね。
    でも魚眼レンズ特有の湾曲は違和感を感じる人もいると思います。
    一方で超超広角レンズも特有のゆがみ?があるので、レンズの選択は悩ましい問題です。
    仰るように天の川をきれいに表現するにはフィルター無しのほうが良いですね。
    2016/03/21 7:31 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1708

    トラックバック

    ▲top