星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 月明かりでの風景写真 | TOP | 昇ってきた夏の銀河(天の川) >>

2016.05.18 Wednesday

星野写真(60Da、100mm) おおかみ座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おおかみ座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・暗黒星雲 (B : Barnard Catalogue)
        ・B149、B228

      ・NGC5986 : 球状星団
      ・NGC6124 : 散開星団
      ・NGC6139 : 球状星団






      撮影日時 : 2016/05/12 23:26〜  120sec×48枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき山自然公園にて  気温は約+4℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(E(-))、透明度(D)、フォーカス(AB)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    おおかみ座と言われてすぐに場所が分かる人は凄いです。
    私はこの100mmレンズでの星野写真シリーズで、その存在を初めて知りました。
    さそり座のしっぽ部分の西側で、南中時でも地平高度はかなり低いです。

    この領域は目立った星雲星団はありませんが、暗黒帯の様子が面白そうだったので狙ってみました。
    写野の左半分は天の川のもくもくした領域です。
    思った通りに暗黒帯の様子がとても面白く、真ん中から斜め四方に伸びているかのようです。
    右上に伸びているものは、暗黒帯というよりも濃い分子雲にように見えますね。
    少し明るい星がみんな青白いのも魅力的です。
    小さな球状星団が2つありますが、私の写真ではその色合いだけしか分からないですね。
    大きな散開星団がありますが、もっと北に位置していればメシエ番号が付いたのではないでしょうか。

    昨年の撮影では、撮影を始めてすぐに雲に阻まれて、2分露光で9枚しか撮影できませんでした。
    今回も南の低空は明るくて、2分露光でヒストグラムのピークは真ん中近くまでいってしまいます。
    とにかく50枚近く撮影し、カブリの偏りを丁寧に?補正してから仕上げてみました。
    イメージが先行してしまってかなり強気の処理をしたので、画像がザラザラです(涙)。
    空が明るいと言うよりも、空の透明度が悪いのが原因ですね。
    でも私の撮影地では、この程度が精一杯です。


    下の写真は撮影開始頃に広角レンズで撮影したものです。
    四角で示した領域が100mmレンズの写野です。
     


     








    コメント

    こんにちは。
    オオカミはケンタウルスとセットになっているんですね。まさか串刺しとは。私もどこにあるのか思いつきませんでした。
    広角で写した空こそ、実際の空そのものですね。よくぞここまで仕上げたものだと感心するばかりです。48枚が物を言っているのですね。勿論処理の技量もですが。中央付近の微妙な青から天の川の赤茶けた部分にかけての変化がたまりませんね。暗黒帯も非常に面白いです。
    2016/05/18 3:27 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    オオカミがケンタウルスとセットになっていたとは知りませんでした。
    星図を見たら隣り同士なのですね。

    広角で撮影したものは明るさと色合いだけを調整したものなので、実際の星空はこんなものでした。
    1枚当たりの露光時間を長くできなかったので、せめて総露光時間だけは稼ぎました。
    暗黒帯が面白そうなので100mmレンズでの星野写真シリーズに入れたのですが、私の撮影地では無茶でしたね(苦笑)。
    2016/05/18 5:43 PM by やまねももんが
    こういう優れた作品を見ると、
    やっぱり星野写真は やまねももんがさんの「ライフワーク」なんだろうな、と思います^^

    ちなみに、「ライフワーク」というキーワードを調べてみたら、
    私の感じている概念を、実にうまく言葉で表現してくれている二人の作家による定義が見つかったので
    (Wikipediaに載っていた)ご紹介いたしますね^^

    「ライフワークとは、自分のなかにある《幸せの源泉》から湧き出る情熱を使って自分らしさを表現し、まわりと分かち合う生き方」(本田健)

    、「ライフワークとは、それまでバラバラになっていた断片につながりを与えて、ある有機的統一にもたらしてゆくひとつの奇跡、個人の奇跡を行うことにほかならない」(外山滋比古)

    やまねももんがさんのブログは、とても学術的、かつ真摯な情熱を秘めていて、
    まさに上述の「ライフワーク」という表現にぴったりだなぁ、と 今朝ふと思いました。
    2016/05/19 9:35 AM by JJ
    >JJさん、こんにちは。

    ええ〜っ、私を買い被っていますよ〜(苦笑)。
    まあ私もライフワークかなとは思っていますが、「一生かけても到達できないけれど、なんとか諦めないで続けていく」という意味です。

    星空写真(星野写真や星景写真)はとっても面白くて楽しいです。
    この面白いとか楽しいとかいう気持ちが続けていける源泉(エネルギー)なのでしょうね。

    いつも勇気づけられるコメントを頂いてありがとうございます。
    これからもよろしくお願いしますね。
    2016/05/19 10:40 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top