星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) おおかみ座領域1 | TOP | ポタ赤で撮った 夏の大三角 >>

2016.05.20 Friday

昇ってきた夏の銀河(天の川)

0

    5/12の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2016/05/13 00:23  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(180秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(30秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


    夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
    ”さそり” から ”夏の大三角” までを、対角魚眼レンズで撮影しました。
    星空部分もノーフィルターで撮影しています。
    4/11の晩にみずがき湖で撮影したものに比べて、少しだけ赤みを加えて仕上げてみました。

    星空部分はカブリの偏り補正をしてから、かなり強めの処理をして天の川を炙り出してやりました。
    星景写真としてはやり過ぎなのは重々承知の上ですが、30秒の固定撮影でここまで炙り出せると嬉しくなっちゃいます。
    ほぼイメージ通りの絵作りができましたが、星の色がほとんど無くなってしまうのが課題ですねえ。

    トイレの灯りが地上部分をほんのりと明るくしてくれたので、良い雰囲気になったと思っています。
    右端に木を入れてアクセントを付けたのですが、マスクがどうしてもうまく作れずに、ちょっと不自然になってしまいましたね。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2016/05/13 00:31  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(180秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(30秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


    上の写真の撮影時に、右端の木のマスクの件は懸念されたので、木を入れない構図も撮影しました。
    でもトイレの建物が切れてしまって、これはこれで残念ですね。<

    この場所は ”夏の大三角” の方向が星空が一番きれいです。
    南側は甲府市の街明りの影響が避けられないので、特に低空は明るいです。
    右端の低空は薄雲があるようで、余計に明るいですね。
    この時間帯にはそのすぐ上のあたりを星野写真として撮影していたのですが、少し影響が出てしまったかなあ?

    対角魚眼レンズでの撮影はこのぐらいにして、また24mmレンズに戻して撮影を続けます。
    前回の夜遊び(5/4の晩)ではあまり撮影が出来なかったので、この日の撮影計画は盛り沢山でした。
    だから休む暇もなく、結構忙しかったです。


     








    コメント

     こんばんは
    怖いくらいよく写っていますね。
    前回のやまねももんがさんの作品に触発され自分も行ってきました。月明りで天の川は何処?って感じでしたが瑞牆山の山肌が肉眼でもきれいでした。
    そして麓にはさつきとしゃくやくの花が満開で月明りでよく写りました。

     やまねももんがさんの「月明りの瑞牆山」と「月没後の天の川」を合成した作品が見たくなりました。
    瑞牆山の上には濃い天の川、麓には真っ赤なさつきそして緑の芝生。
    2016/05/20 6:36 PM by よっし〜
    魚眼レンズとはまた斬新なアイディアですね^^
    天の川が迫ってくるようで大迫力!

    切れてしまったトイレの一部は想像力で補うとして
    私的には 二枚目の構図のほうが天の川と芝生のカーブとがしっくりフィットしているような気がするので
    「いいね」ぽちっ、です♪
    2016/05/20 10:09 PM by JJ
    >よっし〜さん、おはようございます。

    この日はこの時期としてはかなりきれいな星空でした。
    天の川はかなり炙り出していますが、このくらい写ると楽しいですね。
    しゃくやくも咲いていたとは、全く気が付きませんでしたよ。
    地上風景だけは月明かりで撮影する方法ですね。
    天の川がどのあたりに来るかを予想して予め構図を決めなくてはいけないので、なかなか難易度が高そうです。
    2016/05/21 5:14 AM by やまねももんが
    >JJさん、おはようございます。

    さそりから夏の大三角まで余裕をもって入れるためには、このくらいの写野が必要なのですよね。
    対角魚眼レンズは地面が曲がって写るので、人によっては違和感を感じるかもしれませんね。
    超広角レンズでは水平線は直線として写るのですが、空はかなり歪んでしまうので、私は対角魚眼レンズのほうが好きです。
    トイレの存在を知らなければ、二枚目のほうが自然な構図ですよね。
    もっと歩き回って構図を決めれば良かったですね。
    でも木々の間から鹿が睨んでいるような気がして、、、。
    2016/05/21 5:21 AM by やまねももんが
    山と天の川が平行なのはいいですね〜
    わたしは右側に木があるほうがいいかな
    いずれにしても山際の低空も天の川がうつってるのは
    うらやましいです。
    2016/05/21 7:52 AM by 道端小石
    >道端小石さん、こんにちは。

    はい、星景写真として撮影する場合は、天の川があまり昇っていない時が良いですよね。
    右側の木はアクセントになってくれるのですが、部分的に透けているものはマスクがうまく作れないのですよね。
    道端小石さんの撮影地はここよりももっと暗いんじゃないですか?
    2016/05/21 12:06 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    天の川の赤みは、個人的にはこれぐらいが好みです。
    星の色が消えるのは、カブリ補正が主な原因でしょうか?
    右の木は全然違和感ないですよ。むしろ、地上のゆがみが
    気になります。補正するとダメでしょうか?
    2016/05/21 4:11 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    星の色が消えてしまうのはISO感度をかなり高くしているためかなあと思っています。
    キヤノンのカメラはダイナミックレンジが狭いですからねえ。
    Raw現像直後でそうなので、カブリ補正が主原因ではないようです。
    地上の歪みが気になりますか。
    これでも少し補正してのです。
    地面が平らになるまで補正すると、隅の星がびよ〜んと伸びてしまうのですよね。
    2016/05/21 5:22 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top