星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 薄明に消えゆく天の川 | TOP | 一人ぼっちじゃなかったみずがき山 >>

2016.06.02 Thursday

6/2のパンスターズ彗星(C/2013 X1)

0

    パンスターズ彗星が明るさを増しながら、みずがめ座の「らせん状星雲(惑星状星雲、NGC7293)」に近づいています。
    最も近づくのは6/5のようですが、100mmレンズでツーショットを撮ってみました。



    Comet-PanSTARRS (C/2013 X1)


     2016/06/02 02:27  EF100mm F2.8 Macro F2.8 → 4.0  追尾撮影 120秒×6枚  恒星基準でコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


    彗星は南東方向の低空に位置しているので山から昇ってくれるか心配でしたが、ぎりぎりで昇ってきました。
    試写画像で彗星を確認できたのは2:15頃でした。
    すぐに構図を決めて本番の撮影を始めましたが、最初の数枚は山の写り込みが大きいので省きました。
    それでも左下に少し影響が出ています。
    薄明開始までは20分ほどの余裕があるのですが、すでに月齢25.9の月が地平線上に昇ってきているはずです。
    結局、2分露光の画像を6枚しか使えませんでした。

    彗星はかなり明るくなっていて、試写画像を裏面モニターで見てすぐに分かりました。
    らせん状星雲も何とか分かりました。
    彗星は特有の色合いがとてもきれいです。
    尾は撮影条件が良くなかったこともあって、全く分かりませんね。

    構図は地平線にほぼ水平にとっています。
    赤経赤緯に合わせようかとも思ったのですが、時間が無かったので止めました。
    とても慌ただしくバタバタしましたが、何とかツーショットが撮れて良かったです。


     








    コメント

    こんにちは。
    まだ早いと思っていたのですが、なるほど100个覆蘆度いい案配ですね。
    見事なコラボレーションです。見入ってしまいますよ。
    らせん状星雲は大きくてよかったですね。薄明開始20分前ですか。この頃は
    たぶん、天の川を撮りに清里に向かってまだ移動中でした(−−;
    月が近かったのですね。今夜の方が条件はいいので連チャンでしょうか?
    2016/06/02 5:09 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    最接近の頃は天気が怪しいので、チャレンジしてみました。
    撮影可能な時間帯に姿を見せてくれるか心配でしたが、何とか撮影できて良かったです。
    らせん状星雲はこの100mmレンズで撮影したことがあるのですが、惑星状星雲として見かけの大きさがとっても大きいですよね。
    総露光時間が短いわりにはうまく仕上げることができたかなと思っています。
    強風のお蔭?で、低空の透明度がそれほど悪くなかったのかもしれませんね。
    連チャンは無理ですよ〜(苦笑)。
    2016/06/02 5:20 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top