星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 一人ぼっちじゃなかったみずがき山 | TOP | 6/6のパンスターズ彗星(C/2013 X1) >>

2016.06.05 Sunday

昇ってきたさそりと夏の銀河(天の川)

0

    5/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。



    昇ってきたさそりと夏の銀河(天の川)


     2016/05/28 22:39  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(90秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


    ”さそり” が夏の銀河(天の川)を引き連れて昇ってきました。
    まだ尾の一部は隠れていますが、、、。
    この日の星景写真のファーストショットです。

    2週間前と比べて、”火星” の位置がすぐに分かるほど変わっているし、さらに明るくなっています。
    ディフュージョンフィルターを使っているので、これだけ明るくなると星にひげ?が出てしまうのですよね。
    フィルターにキズが付いているのかもしれません。
    フィルターの向きなどをいろいろ変えて、ひげ?が小さいものを使いました。

    処理の方法を少しだけ変えてみました。
    天の川や明るい星の色がちょっとだけ表現できたのでは?と思っています。



    昇ってきたさそりと夏の銀河(天の川)


     2016/05/28 22:47  EF24mm F1.4
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filterをレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW 山梨県・みずがき山自然公園にて


    上の写真の横構図バージョンです。
    さそりも天の川もまだ低いので、横構図でも地上の風景をしっかり入れることができます。
    でも、左側の山の稜線が左上がりなのがちょっと残念ですねえ。

    ”火星” の存在感が半端じゃないです。
    ディフュージョンフィルターをレンズの前に配置しているので、ちょっとラグビーボールのように歪んでいますね。


     








    コメント

    こんにちは。
    横構図がいいですね。左の稜線が高いのは気になりません。
    稜線から一気に天の川が現れたようで、ドラマチックじゃないですか。
    木立とサソリの対比がいいですね。さそり座が迫力です。フィルターでも
    こんなに歪むものなんですね。火星がインクを落としたみたいでデッカイ
    ですよね〜@@
    2016/06/05 10:07 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    天の川がまだ低いので、横構図の良さが生きたようですね。
    天の川は肉眼ではまだよく見えなかったのですが、思ったよりも写ってくれました。
    トイレの灯りでまわりの木々が照らされた様子が気に入っています。
    この灯りがないと、地上風景はほとんどシルエットになってしまうのですよね。
    フィルターはレンズの前に配置すると、周辺部の星が歪んでしまうのです。
    これはレンズの後ろに配置すれば防げるのですが、野外では頻繁に付けたり外したりできないので妥協しています。
    2016/06/05 11:30 AM by やまねももんが
    こんにちは。いつも素晴らしい写真をありがとうございます。
    マスクで風景と星を別処理…樹の枝などかなり難しいと思うのですがやはりこのあたりは慣れでしょうか…?
    2016/06/05 5:50 PM by がーみん
    こんにちは
    無理の無い天の川の炙り出しと地上風景の
    作り方はいつ見てもため息ものです。
    地上風景が入るとこの時間では横構図が
    生きてきますね。
    稜線に沿った天の川が大きく見えます。
    2016/06/05 6:21 PM by テナー
    >がーみんさん、おはようございます。

    原理はあくまでも原理と捉えて、固定概念に捉われずに自由な発想でいろいろとやってみるのが良いと思います。
    木の枝などは、まともにマスクを作るのはほとんど不可能ですね。
    だからあれこれ誤魔化していますよ。
    2016/06/06 5:40 AM by やまねももんが
    >テナーさん、おはようございます。

    昔は縦構図は難しいと思っていましたが、今は逆に横構図は難しいと感じています。
    今回のように星空の対象の高度が低くないと、地上の風景の入れ方が中途半端になってしまうのですよね。
    この時期は天の川ばかり撮っているので、たまには場所を変えないと駄目ですね。
    2016/06/06 5:45 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top