星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 昇ってきたさそりと夏の銀河(天の川) | TOP | 梅雨入りの晩の夜遊び >>

2016.06.06 Monday

6/6のパンスターズ彗星(C/2013 X1)

0

    「パンスターズ彗星」と「らせん状星雲(みずがめ座、惑星状星雲、NGC7293)」のツーショットです。
    構図は地平線にほぼ水平にとっています。
    ちなみに最接近は前日でした。


    Comet-PanSTARRS (C/2013 X1)


     2016/06/06 02:37  EF100mm F2.8 Macro F2.8 → 4.0  追尾撮影 240秒×3枚  恒星基準でコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき山自然公園にて


    低空で透明度が良くないうえに、薄雲にやられてしまいました。
    頑張って補正したのですが、まだまだ色ムラが目立ちますね。
    さらに彗星の移動が思ったよりも大きくて、コンポジットは3枚にとどめました。
    8枚も撮影したのになあ、、、。

    彗星の尾を炙り出したくてあれこれやってみたのですが駄目でした。
    画像が荒れてザラザラになるだけです。
    左側にダストの尾が伸びているように見えるのは気のせいでしょうか?

    試写画像を裏面モニターで見て、彗星もらせん状星雲も確認できましたが、前回(6/2)のほうが分かりやすかったです。
    空の透明度の差でしょうね。
    関東甲信地方は6/5(昨日)に梅雨入りの発表がありました。
    その翌朝に撮影できたのですから、まあよしとしましょう。


     








    コメント

    こんにちは
    100mmの画角の中で随分接近して見応え十分、
    らせん星雲の色彩と彗星独特のブルーは綺麗ですね。
    左方向にダストの流れのように感じますよ。
    とうとう梅雨入りしてしまいましたが空梅雨に
    期待です。
    2016/06/06 11:11 AM by テナー
    こんにちは。
    たぶん、梅雨入り前最後の晩だったのでしょうね。
    ひぇ〜、あのモヤと薄雲の中でよく撮りましたね。執念を感じました。
    かく言う私も撮りましたけど(笑)それも、薄明開始してからですけど。
    色カブリが凄くなかったですか?処理の実力がいかんなく発揮されていますね。
    私ももう一度ゴミ箱から取り出して、やり直してみようかな。
    2016/06/06 11:19 AM by ヤマボウシ
    >テナーさん、こんにちは。

    彗星と星雲星団などとの接近は是非写したいですよね。
    大きな惑星状星雲のケースは滅多に無いのではないでしょうか?
    仰るように色合いの対比がとても面白いです。
    尾を写すにはもっと焦点距離の長い光学系が必要だと思い知らされました。
    次の新月期は梅雨本番の時期なので、もう諦めています。
    2016/06/06 12:18 PM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    みずがき山は夜半後はかなり良い天気で、天の川もきれいに見えていましたよ。
    帰りは山を下りて行くとだんだんと空の状態は悪くなっていきました。

    彗星の撮影を始めた途端に、南側に薄雲が現れてやられました。
    モヤとか薄雲があると街明りの影響が強く反映されてしまいますよね。
    明るさと色のムラと戦いながら、何度もやり直しました。
    ゴミ箱に入れるのは勿体ないですよ〜。
    2016/06/06 12:31 PM by やまねももんが
    こんにちは
    今朝じゃないですか!!まだかなり接近中なんですね。
    尾もしっかり写ってますね!!3枚とはとても思えないですよ。
    それにしても梅雨入り翌日に撮影できたんですね。
    関西も夜中はずっと快晴だったようで、グレー予報だったGPVを恨みました(泣)
    2016/06/06 12:40 PM by おりおん
    >おりおんさん、こんにちは。

    はい今朝ですよ。
    昨日が最接近だったそうで、今朝でもまだこれだけ近くにいました。
    えっ、尾が分かります?
    心眼でしょ?
    GPV予報が結構良かったので、賭けてみました。
    これを逃すと、もしかしたら次は梅雨明け後の8月になってしまうかもしれませんからね。
    2016/06/06 3:32 PM by やまねももんが
    心眼かどうかわかりませんが、
    おりおんさんのおっしゃるように
    私も尾らしきものが、ちょうど時計が1時47分を指しているように見えますよ!
    特に長針(47分方向)は それはもうはっきりと!^^

    それにしても、七夕の夜の牽牛&織姫ペアとは比べ物にならないよりも激レアなツーショット!
    梅雨入り直後の間隙にたった3枚でこれだけの画像をゲットできるなんて、
    さすが、やまねももんがさん、ラッキーボーイですね。
    2016/06/07 11:30 AM by JJ(彗星時計!?)
    >JJ(彗星時計!?)さん、こんにちは。

    1時47分は分度器で計ったのですか?
    私もその方向に何となく何かが見えます。
    ここで先ほど彗星基準でコンポジットした画像を公開しましたが、残念ながらあまりよく分かりませんでした。

    私もまさか梅雨入りの発表のあった晩に夜遊びに行けるなんて思っても見なかったです。
    いえいえボーイだなんて、それをいうなら「夜遊びおじさん」でしょう(笑)。
    2016/06/07 12:27 PM by やまねももんが
    分度器なんて使いませんよ〜(笑)
    達人のカンは 往々にして精密機械以上に当てになるものでありまして・・・
    彗星の尾にしても、ブルース・リーの名言
    「考えるな、感じろ!」の世界で生きていると
    見えないものも見えてくるから不思議です(笑)
    2016/06/12 10:08 AM by JJ(思い込みの達人)
    >JJ(思い込みの達人)さん、こんにちは。

    これはまた、おみそれしました(笑)。
    人間の感覚って、びっくりするぐらいに凄いことがありますよね。
    何だかいつもと違うなあと感じたときは、必ず原因があったりします。
    でもすぐにはそれが分からないことが多いですが、、、。
    私は写真を撮る時にファインダー内をよく見ていないことが多いようです。
    後で写真を見て、ああこんなものが写り込んでいるとか、もっとこっちを入れれば良かった、と思うことばかりです。
    見ているようで見ていない、そして感じてもいない。
    どうしましょ(苦笑)。
    2016/06/12 4:26 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top