星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 6/6のパンスターズ彗星(C/2013 X1) | TOP | 6/6のパンスターズ彗星(C/2013 X1) 追加 >>

2016.06.07 Tuesday

梅雨入りの晩の夜遊び

0

    6/5は午前中に小雨が降って、関東甲信地方は梅雨入りの発表がありました。
    でもGPV予報では、少し不安定ながらも夕方から晴れ間が広がりそうです。
    次の新月期は梅雨本番で夜遊びできない可能性が高いので、思い切って出かけました。

    夕方の薄明時には甲府盆地を走っていましたが、何とも微妙な空模様でした。
    途中でみずがき湖に寄って北の空を見ると、それほど悪そうではなかったので、みずがき山自然公園へ向かいました。
    20時半頃着くと、空の半分以上は雲に覆われていました。


    晴れてくるかなあ?


     2016/06/05 21:00  EF24mm F1.4→2.8  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
     固定撮影(20秒)  EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき山自然公園にて



    駐車場の南側には車中泊の車が数台停まっていますが、北側には私しかいません。

    少し様子を見ていましたが、南側の雲が無くなってきたので機材を設置しました。
    でも肝心の北極星が見えません(涙)。
    雲間を待って何とか極軸を合わせましたが、今後はフォーカス調整に使うこと座のベガが隠れています(涙)。
    そんなこんなで星野写真の撮影準備ができたのは22時頃でした。


    瑞牆山に掛かった雲がなかなかとれません


     2016/06/05 22:35  EF24mm F1.4→2.8  固定撮影(20秒)  Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置
     EOS 6D RAW、ISO6400  山梨県・みずがき山自然公園にて


    天気が不安定だと、ここではこのように瑞牆山に雲が掛かります。
    雲は厚くなったり薄くなったりしてなかなかとれず、ほぼ快晴になったのは23時過ぎでした。

    それから2時頃までは雲が湧くこともなく、さそりからカシオペアまで繋がった天の川がよく見えました。
    気温は5℃あたりまで下がり、風がほとんど無かったので機材が少し露で濡れました。
    2時頃からパンスターズ彗星 (C/2013 X1)の撮影に取り掛かったのですが、少し薄雲に意地悪されてしまいました。


    この新月期は、ここで3夜も撮影できました。
    でも100mmレンズでの星野写真を今年中に完成させるには、まだまだ黄色信号がともっています。
      → 関連記事はこちら
    次の新月期に3晩ほどすっきりした星空で撮影できれば目処が立つのですが、まあ無理でしょうね。


     








    コメント

    こんにちは。
    自宅からでは1時ごろが良かったようです。サドルを撮っていましたが、
    2時過ぎから次第に滲み始めて、薄明開始時まで薄雲が増してきたようです。
    2枚目の雲間から星が覗いている写真がいいですね。奥行きを感じます。
    星野シリーズも急ぐこともないのでは。次の目標があるのですか?
    2016/06/07 7:53 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    こちらもそんな感じでしたよ。
    2時過ぎごろに大きくて長いスジ状の雲が突然に数本現れて、それが流れていって彗星の撮影を邪魔されました。
    サドル付近は天頂に近かったので、楽しみですね。
    今日の写真は、晴れなかった場合にブログで使おうと考えて撮ったものです。
    でも晴れてもこうして使いましたが、、、(笑)。
    歳と共に体力が落ちてきて徹夜の夜遊びはかなり堪えるようになりました。
    だから星野写真はとりあえず早くゴールしておきたいのです。
    2016/06/07 8:13 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top