星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 6/6のパンスターズ彗星(C/2013 X1) 追加 | TOP | つつじを前景にさそりと夏の銀河(天の川) >>

2016.06.08 Wednesday

昇ってきた夏の銀河(天の川)

0

    5/28の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

    この新月期は3回もここで撮影できたのはとても嬉しいのですが、これからご紹介しようと思っている星景写真がどれも似たようなものになってしまいそうです。
    前回の結果を次回に反映させたりしながら少しは工夫しているつもりなのですが、、、。
    飽きずに楽しんで頂けたら幸いです。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2016/05/28 23:06  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     地上風景部分 : ISO1250、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(30秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


    夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
    ”わし座のアルタイル” も見えてきたので、”さそり” から ”夏の大三角” までを、対角魚眼レンズで撮影しました。
    星空部分もノーフィルターで撮影しています。

    実はこれ、5/12にも撮っているのですよねえ(苦笑)。
    で、対角魚眼レンズ特有の歪みの補正をいつもより少し強くしてみましたがどうでしょう?
    前回同様に、星空部分はカブリの偏り補正をしてから、かなり強めの処理をして天の川を炙り出しています。

    灯りのあるトイレの建物を何とか入れてみましたが、対角魚眼レンズでもぎりぎりですね。
    その灯りが地上部分をほんのりと明るくしてくれているので、芝生や木々の緑色がとても鮮やかです。
    建物の左側の木々が赤っぽいのは、車のブレーキランプの影響だと思います。
    写真を撮るまで気が付かなかったのですが、こんな奥まで車が停まっていました。

    それにしても周辺の星像が酷いですね。
    ”はくちょう座のデネブ” が三角形になっていて、アルタイルよりもずっと明るく感じます(苦笑)。


    撮影中に、、、


     2016/05/28 23:07  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     ISO1250、F2.8、固定撮影(33秒)  EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


    上の写真の撮影中に、車がライトを点けて方向転換して右のほうへ出て行きました。
    地上風景用の写真を撮影していたのですが、途中で打ち切ったらこんな画像になりました。
    どうしてこんなふうに写るのでしょうね?



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2016/05/28 23:16  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     地上風景部分 : ISO1600、F2.8、固定撮影(120秒)
     星空部分 : ISO6400、F2.8、固定撮影(30秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山自然公園にて


    灯りのあるトイレの建物を無視して構図をとりました。
    星空だけを考えると、この構図のほうが素直だと思います。

    この日は甲府盆地の空はかなり霞んでいたのですが、その心配は吹き飛びました。
    いつもこれくらいの星空に出会えると良いのですが、、、。

    さそり座やいて座付近の銀河(天の川)を含めた星空写真は、色合いの調整にいつも悩みます。
    赤みを強くしたり、青みを強くしたり、あっちへふらふらこっちへふらふらと揺れていますね。


     








    コメント

    こんにちは。
    5月12日の写真と比べると、地上のゆがみが大分違いますね。
    今回の方が個人的には好きです。昔の人で、世界が内向きに丸いと
    考えた人も確か居たように思います。こんな感じに想像したのでしょうか。
    2016/06/08 7:31 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    CameraRawでRaw現像するときに歪みを簡単に補正できるので、少し強めにしてみました。
    あまりやり過ぎると四隅のトリミングが大きくなったり星像が歪んでしまいますが、、、。
    画像がデジタルで扱えるようになって、いろんな世界が簡単に作る出せるようになって面白いですね。
    2016/06/09 5:24 AM by やまねももんが
    星空のスノードーム(この場合はスタードームというのでしょうか)みたいで
    ホント、幻想的ですよね。
    車のライトもいつもとは違う写り方・・。
    「非日常の世界」は芸術感覚を刺激してくれます^^
    2016/06/12 10:02 AM by JJ
    >JJさん、こんにちは。

    これだけの星空が自宅で見れたらなあと、つい思ってしまいます。
    でもいつも見られるとたぶん写真はあまり撮らないでしょうね。
    ときどき、そして時間をかけてやってくるので、夢中になって写真を撮るのだと思います。
    2枚目の写真はライトがこんなふうに写るなんて思ってもいなくて、とっても面白いと思いました。
    2016/06/12 4:14 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top