星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夏の大三角、ついつい撮ってしまいます | TOP | 女神像と夏の大三角 >>

2016.09.22 Thursday

星野写真(60Da、100mm) カシオペア座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「カシオペア座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M52(NGC7654) : 散開星団
      ・NGC7635 : 散光星雲 (バブル星雲、Caldwell Object C9)
      ・Sh2-155 : 散光星雲 (洞窟星雲(Cave Nebula)、Caldwell Object C11) ※ ケフェウス座
      ・Sh2-157 : 散光星雲 (クワガタ星雲)

      ・NGC7380 : 散光星雲 ※ ケフェウス座
      ・NGC7538 : 散光星雲
      ・NGC7789 : 散開星団






      撮影日時 : 2016/09/09 23:53〜  360sec×17枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約+16℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(AB)  5段階評価


    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この領域は ”カシオペア” と ”ケフェウス” の境界付近で、秋の銀河(天の川)に沿って切り出した構図になります。
    星がびっしりとちりばめられていて、その中に暗黒帯と赤い散光星雲が散在する様子はとてもカラフルです。
    メシエ天体として散開星団があり、カルドウェル天体として散光星雲が2つもあります。

    この領域の散光星雲は意外と淡いです。
    バブル星雲のバブルのすぐ近くの部分は比較的明るいのですが、
    それ以外は洞窟星雲もクワガタ星雲もそれほど明るくはありません。
    だから透明度の良い空でたっぷり露光してやりたいです。

    でも、この日は天気が安定しなくて、安定した晴れ間は1時間ほどしかありませんでした。
    その前後も含めて3時間ほど撮影して、雲の影響が少ない6枚も含めて17枚を使っています。
    地平高度がかなり高いこともあって、空の透明度は比較的良好でした。
    1枚当たりの露光時間は天気の状態を考えて短めにしたのですが、正解だったと思います。

    処理は非常に難航して何度もやり直しました。
    無数の星と淡い星雲の雲合わせですからねえ。
    そして全体の印象でうまくいったかなと思っても、星雲を切り出す段階で「こりゃ駄目だ!」となってしまうのです。
    結局、全体の印象を大事にして、星雲のあぶり出しはほどほどにして、星の仕上がりも大切にしました。
    不満な部分はたくさんありますが、今はこのあたりが精一杯です。

    銀河(天の川)の中と言っても、左下側と右上側とでは色合いがかなり違いますね。
    参考にできるような画像が見つからなかったので、この色合いは自信がありません。
    この領域の撮影は3度目なのですが、難易度は非常に高いと痛感しました。
      → 前回はこちら



    M52、NGC7635、NGC7538、Sh2-157 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        カシオペア座には散開星団が40以上もあるそうで、その中で最大級のものがこのM52です。
        その右下にある明るい星雲が「NGC7635(バブル星雲)」です。
        でも私の写真では、名前の由来は良く分かりませんね。
        もっと拡大撮影すると、綺麗なシャボン玉が浮かび上がってくるそうです。

        「Sh2-157」はクワガタ星雲と呼ばれています。
        淡い星雲ですが、何とかクワガタの頭と角が分かりますね。
        「NGC7538」は小さいですが比較的明るいです。
        そしてその上に淡くて大きな星雲が広がっていますね。
     



    Sh2-155(洞窟星雲) (ピクセル50%表示で切り抜き)

        左上の星雲が洞窟星雲と呼ばれている「Sh2-155」です。
        色合いがとてもきれいですが、思っていた以上に淡いです。
        輝線星雲の最も明るいカーブに隣接している東側の暗いラインが深い洞窟に見えるようです。

        右下の星雲は「Sh2-154」のようです。
     



    NGC7380 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        散開星団と散光星雲が重なり合っていて、鳳凰星雲という名前があるようです。
        ハーシェルが見つけた時は、散開星団として記録されていたようです。 
        画像全体の印象で仕上げているので、明るくなってしまっています。
     



    NGC7789 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        散開星団としては、写真ではM52より立派に見えますね。
        彗星捜索などで有名な天文家であるレビーが大好きな10天体に選んだほどの散開星団だそうです。
        メシエ番号が付いていないのが不思議なくらいです。
        これも画像全体の印象で仕上げているので、明るくなってしまっています。
     


     








    コメント

    なんでしょうね、ここらあたりは星の色だけじゃなくて、
    いろんなヤツらが色とりどりという感じがしていいですね。
    天気という撮影時のご苦労を感じない仕上がりだと思ったので、
    1枚当たりの露光時間や処理の方向性などが適切なんだなあ、と
    僕にはできない(笑)経験値というものを改めて実感しました!
    2016/09/22 11:04 PM by ミッチー
    >ミッチーさん、おはようございます。

    銀河(天の川)の中は、とても楽しいのですが、とても厄介でもありますね。
    仰るようにいろんなものが色とりどりで、うまく処理できればとてもきれいになるのでしょうが、それができないとすごく汚くなってしまいます。
    私のはどちらかと言うと後者のほうになってしまったのではないでしょうか?
    暫くしたら、またやり直してみたいと思います。
    1枚当たりの露光時間は、空の暗さからいうと8〜10分ほどが適正かなと思ったのですが、雲がかからないコマを確保することを優先しました。
    処理の方向性は、正直言うと、これしかできなかったということです(苦笑)。
    2016/09/23 5:31 AM by やまねももんが
    これは・・(絶句)。胸を打つ美しさですね。見たことの無い銀河です。
    淡い光が色とりどりにブレンドされて、超難しそう(><;
    みずがき自然公園のテントのある星景写真といい、この写真といい、
    今までの表現を突き抜けちゃってますけど、何かありましたか?
    2016/09/23 9:33 PM by ヤマボウシ
    色とりどり賑やかな領域です。
    でもこうやってみるとクワガタは淡いですね。
    先日(と言っても一カ月以上前)クワガタ狙いましたが厳しかった思いが。
    その際の構図は当然、師匠のブログをパクリ、いや、参考にさせていただきました(笑)
    2016/09/23 11:19 PM by びっけパパ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    ありがとうございます。
    本当に星空写真って難しいですね。
    星と星雲とが両立できなくて、、、。
    うまく仕上がったなあと思っても、翌日見ると駄目だぁの連続でした。
    これでもまだ納得していないのですが、どこをどうやればいいのか分からなくなっています。

    えっ、特に何もないですよ〜。
    しいて言えば、今回は処理の設定を今までとちょっと変えている部分があります。
    行き詰って、あれこれ変えていたら、これ良いかもと思えることがあったのです。
    2016/09/24 6:06 AM by やまねももんが
    >びっけパパさん、おはようございます。

    はい、クワガタは淡いですね。
    頭の部分はまだしも、角がなかなか浮かび上がってくれません。
    力任せにやったら星がとんでもないことになってしまって、何度もやり直しました。
    参考にできそうなところはどんどんパクって下さいね。
    でも参考にしないほうが良いことが満載ですので気を付けて下さいね(苦笑)。
    2016/09/24 6:10 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top