星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 女神像とはくちょう・カシオペア | TOP | 独り言 >>

2016.11.08 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) カシオペア座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「カシオペア座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M103(NGC581) : 散開星団
      ・NGC281 : 散光星雲
      ・IC59/63 : 散光星雲

      ・NGC457 : 散開星団(E.T. Cluster、Caldwell Object C13)
      ・NGC663 : 散開星団(Horsechow Cluster、Caldwell Object C10)






      撮影日時 : 2016/11/03 21:36〜  360sec×20枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約+4℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro

      空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(AB)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    カシオペアの中心部とも言える領域で、Wの明るい星の3つが入っています。
    思っていた以上にカラフルで、とても楽しい領域ですね。
    でも場所によって背景の色合いがかなり異なっていて、色合いの仕上げ方がとても難しいです。
    本来の色合いの違いなのか単なる色ムラなのかとても悩ましいです。
    特にシアンが強い領域があるのが私は苦手です。
    パックマン星雲を入れたのでこのような構図になりましたが、もっと北側が気になるところですね。

    この領域は散開星団がとても多いです。
    しかもカルドウェル・カタログに選ばれているものが2つもあります。

    秋の銀河(天の川)の中なので、いろんな要素が入り混じっています。
    でも全体を見ながら仕上げていったので、個々の対象に適した処理にはなっていないと思います。
    このあたりが写野の広い星野写真のとても厄介なところだと感じています。

    この領域を撮影するには時期的に少し遅くて、前回同様に夜半前の撮影になってしまいました。
      → 前回はこちら
    でも地平高度が高いので、枚数を多くして撮影してみました。
    前回と比べてフォーカス調整が比較的うまくいったので、星の色合いが表現できたかなと思っています。



    M103 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        天の川の中なので、散開星団は微光星に埋もれてしまいそうです。
        この領域は散開星団がとても多くて、M103は目立たないですね。

        写真ではNGC663のほうがずっと見栄えがして、
        カルドウェル・カタログに選ばれているのも納得できます。
     



    NGC281 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        その形から「パックマン星雲」と呼ばれています。
        比較的明るくて、満月ほどの大きさがあります。
     



    IC59/63 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        Wの真ん中の星(γ星)にまとわりつくように位置している小型の反射星雲です。
        全体はひとかたまりの星間ガスのようですが、
        γ星の北側にIC59,北東側にIC63という番号が付いています。
        色がとても綺麗な星雲ですね。
        でも拡大撮影では、γ星のゴーストが厄介かもしれません。
     



    NGC457 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        ふくろう星団(Owl Cluster)、とんぼ星団(Dragonfly Cluster)、ET星団(E.T. Cluster)などと、
        いろいろな愛称があるようです。
        ET星団は2つの明るい星から連想されるのでしょうね。

        その東側に小さい赤い星雲があって気になるのですが、番号等は分かりません。
     





    この領域はずっと撮り直したいと狙っていたのですが、相性が悪いのか失敗続きでした。
    10月上旬に撮影した時は、赤いフリンジがかなり出てしまって仕上げるのを断念しました。
    10月下旬に撮影した時は、明るい星の周囲に盛大なハロー?が出てしまいました。 → 下の画像
    ヒーターのスイッチが切れていて、どうもレンズが少し曇ってしまったようです。

    星野写真としてはこれも面白いのですが、IC59/63に影響が出てしまったので泣く泣くボツにしました。


    という訳で、今回は3度目のだったのです。




     

     









    コメント

    ハリウッドの街角でスター総撮りといった豪華さありますね(笑)。
    確かにそれぞれのスターに合わせた処理と違い、八方美人になりがちな難しさはあると思います。
    が、それを感じさせない調和は、確かな技術とセンスでしょうね。
    2016/11/08 11:55 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、千両役者が勢揃いしたような華やかさがありますね。
    流石はカシオペアです。
    始めた頃は100mmレンズでの星野写真がこんなに奥が深いとは思ってもみませんでした。
    でもとても面白いのでまだまだ続けていこうと思っています。
    2016/11/08 12:04 PM by やまねももんが
    こんにちは
    私が撃沈したすこぶる夜空の良い晩の撮影ですね。
    カシオペア座の鋭いところを切り取ってパックマンが
    印象的なエリア。
    IC59/63も輝星に影響を受けずに星雲が表れET星団の二つ目も
    かがやき100mmの仕事としてはbestではないでしょうか!
    二日後にIC59/63とET星団を撮りましたが果たして
    綺麗に処理できるかどうか!?!
    2016/11/08 3:13 PM by テナー
    >テナーさん、こんにちは。

    はい、そうです。
    この領域はまずパックマンが目を引きますね。
    でももっと北側も面白いような気がしているのですよ。
    10月下旬の撮影では、IC59/63が輝星の影響を受けてしまって泣く泣くボツにしました。
    この日のほうが空の状態が良かったのでとても残念です。
    2日後とは土曜日ですか?
    私は土曜か日曜かで迷ったのですが、体調の回復が少し遅かったので日曜にしたのです。
    それが結果的に失敗でした。
    テナーさんの画像、楽しみにしていますよ〜。
    2016/11/08 4:32 PM by やまねももんが
    こんばんは
    カシオペア座、北極星を見つけるためだけの星座ではないんですねっ!!
    こうして拝見するとかなり賑やかです。
    大きな星雲はないですけど、個性的な星雲・星団が多いですよね。
    ET星団は観望会でも人気者です。ETを知らない子供達も増えてきましたけど(笑)
    2016/11/08 5:30 PM by おりおん
    >おりおんさん、こんばんは。

    はい、カシオペアは王女ですからとっても華やかですよね。
    でも仕上げるのにとても難しい領域です。
    天の川の中なので微光星がびっしりだし、背景の色合いが場所によって様々だし、何度もやり直しました。
    ETを知らない世代がいるのですか?
    ときどきアンドロメダ大星雲と言ってしまう私などは、もう化石の世代ですかね(笑)。
    2016/11/08 6:22 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    色々な天体の位置関係が分かるので、有り難いです。星図だと
    イマイチ見ずらいし、在るものも書いてないですからね。
    この画像をプリントして星図代わりに使いたくなります。
    いつか写真集を出されたらどうでしょうか。ホントに。
    2016/11/10 7:33 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    焦点距離(画角)によって、それぞれの面白さと難しさがありますよね。
    今はもう少しこのまま続けて、撮り直しをしていきたいと思っています。
    最近はフォトブックなどが簡単に作れるようなので、それを利用したりするのも手ですね。
    2016/11/10 12:55 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1889

    トラックバック

    ▲top