星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 八ヶ岳南麓を散策 | TOP | 野辺山高原での星空 (14年前の星空) >>

2011.10.16 Sunday

ヘールボップ彗星 (1996.10.16)

0


    ヘールボップ彗星は、もう15年も前のことなんですねえ。

    15年前のこの日、初めて双眼鏡で見ることができました。
    思い起こせば、この日から8ヶ月間に亘ってヘール・ボップ彗星の追っかけが始まったのです。

    この年の3月に、百武彗星がとんでもないモンスター彗星に変身して、すっかり天文少年?に戻ってしまった私でした。
    そして、完全休止状態だった天文写真を再開したのです。
    ハレー彗星以来ですから10年ぶりですね。

    納戸の奥にあった高橋のH型赤道儀を引っ張り出して、
    ハレー彗星の時に買った明るいレンズ等をカメラバックに入れて、、、。
    このころのフィルムは、もっぱらネガの「FUJI SuperG ACE 400」でした。

    まだ猫を飼っていなかったので、夜遊びは妻同伴でした。
    車はセフィーロ(2代目のFF)で、夜ばかり走っていたような気がします。


    24mm

     1996/10/16  19:30  FD24mm F1.4→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     山梨県 清里  トリミング : 90%×90%


    清泉寮の近くの脇道で撮影しました。
    光度上昇が思わしくなく、予想より1等ほど暗いようです。
    双眼鏡では確認できましたが、肉眼では見えませんでした。

    彗星は夏の銀河(天の川)の右側のへびつかい座にいます。
    明るい星は木星(−2.2等)です。
    木立が赤いのは近くを通った車のライトのためで、左側の斜め線は飛行機です。



    85mm

     1996/10/16  19:20  FD85mm F1.2→1.8  露出5分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     山梨県 清里  トリミング : 90%×90%


    85mmの中望遠レンズで撮影しました。
    短いながらも尾が写っているので、やはり並の彗星ではないようです。

    最近撮影したガラッド彗星よりも、ずっと明るくて、ダストの尾が伸びていますね。



    実は、10/5に初めて写真に収めることができていました。
    でも双眼鏡では確認できませんでした。


    24mm

     1996/10/05  19:00  FD24mm F1.4→2.0  露出3分(ノータッチガイド)  FUJI SuperG ACE 400
     山梨県 清里 美ノ森駐車場  トリミング : 80%×90%


    初めて撮影したヘール・ボップ彗星です。
    雲が多くて彗星の場所が特定できなかったので、広角レンズで撮影しました。
    存在だけはなんとか分かります。

    これで、来年には肉眼彗星になるのでしょうか?
    このころは、本当に心配していました。

    美ノ森駐車場で撮影しましたが、ヘール・ボップ彗星を見に来ている人が他にもいました。









    コメント

     すごいですね。必死で撮っている本田なんとかザコバ師匠やガラッド彗星なんか、比べるのもおこがましいですよね。当時今のデジタル環境があったらすごかったでしょうね。といっても、15年くらいしかたっていないんですけどね。
     次にヘールボップ彗星が近づくのは、4530年ころだそうです(笑 無理!
     突発的な肉眼彗星、来ないかなぁ。
    2011/10/16 9:52 AM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんにちは。

    やはりヘールボップ彗星は桁違いに大物だったのですね。
    私も今の機材があったらなあと思います。

    肉眼で尾が見える彗星、待ち遠しいですね。
    ヘールボップ彗星の前は20年ほどのブランクがありました。
    そろそろ出てもいいはずなんだけどなあ。
    2011/10/16 11:14 AM by やまねももんが
    こんにちは。

    へール・ボップ彗星、懐かしいですね。
    私も、まだ彗星が遠くて暗いうちから撮影に奔走した思い出があります。
    その頃は天文台で毎晩のように観測していました。
    冷却CCDカメラが出始めの頃で、フィルムカメラの他にCCDでも撮影していました。

    次の大彗星ですが、今のところC/2011L1(パンスターズ彗星)が、2013年3月の夕空で、0等からマイナス等級になるという予想がされています。
    近日点距離は申し分なく近いので、あとは彗星本体の大きさですね。
    太陽に接近しても分裂したり消滅したりしない大きさがあれば、巨大彗星になる可能性もあります。
    大彗星は3月にやってくるというジンクスが守られるでしょうか。
    2011/10/16 2:33 PM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    ついこの間だと思っていたら、もう15年も経ったのですよ。
    年とる訳ですね(笑)。
    多くの人がそれぞれの機器で楽しんだ彗星でした。

    バンスターズ彗星ですか、楽しみですね。
    それにしても、大彗星は本当に3月に集中していますよね。

    2011/10/16 2:59 PM by やまねももんが
    こんにちは
    96年ですか。アトランタ五輪の年ですね。 ヘールボップ彗星名前は確かにニュース等で聞いていますが、恐らくこの頃は天文から遠ざかっていたため全く見ていないと思います。 
    百武彗星も見なかったし(;;)
    ヘールボップ彗星次は4530年頃って絶対見れないですね(笑)
    2011/10/16 4:41 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    ヘールボップ彗星も百武彗星も見ていないのですか。
    それは残念なことをしましたね。

    肉眼で尾が見えるような大彗星は、平均すると10年に1度くらいは現れます。
    そろそろ出現してもよい頃なんですがね。
    まっちゃんさんの情報によれば、バンスターズ彗星が2013年3月に期待できそうとか。
    2011/10/16 5:02 PM by やまねももんが
    彗星バッチリ写ってますね!
    この後の写真も楽しみにしてます。

    全天を覆うようなどでかい彗星こないかなぁ、、、。
    4530年頃、果たして人類はどうなっているのか・・。あー、すごく見てみたい!
    2011/10/16 10:00 PM by まるこう
    >まるこうさん、おはようございます。

    ヘールボップ彗星の写真は、翌年の3/9以降のものは既にご紹介しています。
    よろしければCATEGOTY「ヘールボップ彗星」をご覧下さい。

    前々回のハレー彗星がそうだったようですね。
    ヘールボップ彗星も、あと数ヶ月早くやってきたらそうなったそうですよ。
    2011/10/17 5:52 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top