星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 秋から冬の銀河(天の川) | TOP | ブルーベリーの紅葉 >>

2016.12.07 Wednesday

星野写真(60Da、100mm) うお座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「うお座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M74(NGC628) : 渦巻き銀河






      撮影日時 : 2016/11/25 23:16〜  300sec×18枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・FlatAide : フラット補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(BC)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    うお座の星の並びはよく分からないので、おひつじ座の明るい星から辿っていきます。
    でも最初におひつじ座の位置を間違えてしまって、無駄に時間を費やしてしまいました。
    早く自動導入ができるようにしないといけませんね。

    この領域は恒星以外の天体がほとんど無くて、ちょっと(かなり)寂しいです。
    試写画像を裏面モニターで見ても、M74は恒星ではなさそうですが渦巻銀河とは分かりませんでした。 

    前回(2014.10.24)と比較すると、残念ながら前回の方が写りが少し良いですね。
      → 前回はこちら
    M74の色合いもだいぶ違って、前回は青白っぽくて今回は赤っぽいです。 
    どちらが本当なのでしょう?

    全体的に背景に色ムラが見られるのですが、露光時間をもっと長くしたほうが良かったかもしれません。
    ちなみに処理前のヒストグラムのピーク位置は、左側から1/3あたりでした。
    また一部にとても淡いですが、まるで分子雲のようなもやもやがあるのです。
    でもこんなところに分子雲なんか無いでしょうから、単なるムラでしょうかね?



    M74 (ピクセル100%表示で切り抜き)
        無理を承知で100%表示で切り抜いてみました。
        真上から渦巻きを眺める格好になるフェイスオン銀河です。
        でもメシエ天体の中で最も暗い天体の一つと言われているそうです。
        渦巻きの形はとてもきれいだそうですが、とても淡いですね。
     


     








    コメント

    ももんがさん こんばんは。
    この領域はおひつじ・くじらを含めほとんど撮った事がありません。
    それでも うお座のM74だけは1,2度撮っています。
    f1000mm超でまったくの露光不足でした。
    たしか北側の渦がとがっていたような記憶があるのですが、
    f100mmの等倍切り出しでそれがわかるのはすごいです。
    2016/12/07 6:51 PM by 雲上(くもがみ)
    こんにちは。
    確かに前回の画像と比べると、やや赤みがありますけど
    殆ど気にならないレベルですね。私だったらですが。
    EM10はノートPCと接続して自動導入はできないのですか?
    2016/12/08 1:41 AM by ヤマボウシ
    >雲上さん、おはようございます。

    私もこのシリーズをやっていなかったらカメラを向けることは無かったでしょうね。
    M74はフェイスオン銀河なので形はきれいなのですが、かなり暗いですよね。
    メシエさんはよく見つけたなあと驚いちゃうほどです。
    銀河の腕が潰れないように露光時間を少し控え目にしたのですが、もっとたっぷり露光したほうが良いのかもしれえませんね。
    でももう撮影しないかもしれませんが。
    2016/12/08 6:49 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    同じように処理したつもりなのに全体の色合いが違ってくるのは、夜空の状態に違いがあったのでしょうかね。
    EM11は自動導入するためのケーブルやソフトは買ってあるのですが、なかなか億劫で、、、。
    ノートPCの電源が一晩持つかという不安もありますす。
    光学系の焦点距離がもっと長くなると必須になると思いますが、、、。
    2016/12/08 6:56 AM by やまねももんが
    やまねももんがさんこちらでは初めまして。
    やまねももんがさんのブログへは時々訪問させて頂いておりました。
    素敵な写真に魅了されています。特にこの60Da,100mmのシリーズが好きです。

    もしよろしかったらリンクさせて頂きたく思います。宜しくお願い致します。
    2016/12/09 12:29 AM by いとう
    >いとうさん、おはようございます。

    私もいとうさんのブログは時々拝見させて頂いています。
    100mmレンズでの星野写真を撮影しながら、星景写真も撮っています。
    特に冬は歩き回って撮影していないと寒さが辛いですからねえ。
    リンクの件、了解しました。
    これからもよろしくお願いします。
    2016/12/09 5:44 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top