星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星景写真における固定撮影と追尾撮影の比較 | TOP | ふたご座流星群2016 >>

2016.12.13 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) いっかくじゅう座領域2

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。

    この「いっかくじゅう座領域2」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC2170 :  散光星雲

      ・NGC2182 :  散光星雲
      ・vdB68 : 散光星雲
      ・vdB69 : 散光星雲
      ・vdB70 : 散光星雲






      撮影日時 : 2016/11/26 01:05〜  360sec×25枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて 気温は約-3℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(B)、透明度(B)、フォーカス(B)  5段階評価




    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    この領域は ”いっかくじゅう座” と ”オリオン座” の境界付近です。
    散光星雲 NGC2170 付近が主役なのですが、オリオンのハイライト領域も入れてみました。
    <BR>
    前回は構図が傾いてしまって、主役付近が写野の端になってしまいました。
      → 前回はこちら
    今回はそのあたりは十分注意したのですが、逆にM78がぎりぎりで写野の外に、、、(涙)。

    主役のNGC2170付近には散光星雲が点在していますが、どれも小さくてかなり淡いです。
    番号が付いているものはどれも青い星雲のようですが、近くには紫色やオレンジ色の星雲もあるようです。
    でも私の写真では、それらはほとんど分かりませんね。

    空の透明度も比較的良く、たっぷり露光したので、かなり派手目に仕上げました。
    前回はやや青みを強くしたので、今回はその反動?で逆方向になりました。
    と言うか、何故か同じような色合いに出来なかったのです。
    色合い調整って、不思議なところがありますよね。



    NGC2170 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        ちょっと自信が無いですが、この付近の星雲の番号を下の画像に記入してみました。
        番号が付いているものは青い星雲のようですが、近くの青っぽい星の色とは微妙に違いますね。
        紫色やオレンジ色の星雲もあるようですが、とても淡くて歯が立ちません。
        それぞれは小さくても集まっている様子はとてもカラフルできれいです。
        「山椒は小粒でも」と言ったところでしょうか。

        なお、ここは典型的な星生成領域だそうですね。
     





    オリオン座のハイライト領域 (ピクセル33%表示で切り抜き)

        オリオン座のハイライト領域を切り出してみました。
        淡い分子雲を主体に仕上げているので、明るい星雲は白飛び状態です(苦笑)。
        両立できればもっときれいな画像になるのでしょうね。
        分子雲や暗黒星雲と明るく輝いている星雲とは一体になっているように見えますね。
        近くに明るく輝いている星があると、散光星雲や反射星雲として見えているのだと思います。
     


     








    コメント

    オリオン座の派手な星雲領域はいつ見ても見飽きませんが、いっかくじゅう座のこの小粒な宝石の輝きにもうっとりしますねえ。
    なにしろ金銀宝石大好きなので(笑)。
    2016/12/13 9:46 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    オリオン座を撮影すると、ついついやり過ぎて派手に仕上げてしまいます。
    でも今回の主役たちはとっても小粒なので、これくらいでもまだ足りないぐらいですかね。
    両者を両立させるほとは私にはとっても無理だということを痛感しました。
    ちなみに、金銀財宝は私も大好きですよ〜。
    どこかに埋まっているなんている極秘情報はありませんか?(笑)
    2016/12/13 1:31 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    ん?ギリギリなのは、M78かな。
    いっかくじゅうと言うと、バラ星雲やクリスマスツリー星団ですが、
    その南の星域でしたか。小粒な星雲がまとまっていたんですね。
    知りませんでした。
    2016/12/13 3:21 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    あっ、間違えました。
    指摘してくれてありがとうございます。
    こそっと直しておきます。
    いっかくじゅう座と言っても、かなりオリオンに近い場所ですよね。
    とても綺麗なので、是非狙ってみて下さい。
    2016/12/13 5:30 PM by やまねももんが
    こんばんは
    NGC2170付近、とてもカラフルで処理しがいのある領域ですよね。
    お隣のオリオン領域が派手なうえに、かなりこじんまりしてるのが残念です。もう少し大きければなぁ(笑)
    淡いですけど、紫の星雲って他にあまりないですし、星色も綺麗な場所ですよね。
    2016/12/13 6:58 PM by おりおん
    こんにちは
    こういう構図でオリオン座周辺を撮ってみたいのですが
    未だ成果出ず!
    オリオン大星雲にまとわりつく雲、雲、雲そして
    バーナードループ堪えられませんね!最高!
    それもカメラレンズで、誰でも真似して撮れるもんでは
    ありませんね。
    チョット真似してみようかと思いますが!
    2016/12/13 7:34 PM by テナー
    >おりおんさん、こんばんは。

    NGC2170付近は小粒ですがとても楽しい領域ですね。
    でも青い星雲はともかくとして、紫色やオレンジ色の星雲は淡くて淡くてもうお手上げです。
    まあ100mmレンズで狙うこと自体が無謀で、こんなことをするのは私ぐらいでしょう(苦笑)。
    だからオリオン座のほうで分子雲を炙り出そうと遊んでいたら、やりすぎてしまいました(苦笑)。
    2016/12/13 8:23 PM by やまねももんが
    >テナーさん、こんばんは。

    この構図はかなり勇気が要りますよ。
    オリオン座の楽しいところをたくさん入れようとする欲望と戦わなくてはなりませんから。
    でもオリオン大背雲付近のもくもくは堪りませんね。
    バーナードループを含めてみんな繋がっているような気がしてきました。
    テナーさんも是非撮ってみて下さい。
    今が旬ですよ〜。
    2016/12/13 8:30 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top