星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) いっかくじゅう座領域2 | TOP | ふたご座流星群2016 (2) >>

2016.12.15 Thursday

ふたご座流星群2016

0

    今年のふたご座流星群は残念ながら条件が極めて悪かったです。
    まず、ちょうど満月に当たってしまいました。
    都会では満月の明るさはなかなか実感できませんが、星の良く見える場所では驚くほどの明るさです。
    そして12/14の晩は、極大の予想時刻から半日以上が経過しています。
    ふたご座流星群は、極大を過ぎると出現数が急速に低下してしまうそうです。
    だから条件的には前日のほうが良かったのですが、12/13の晩は生憎の天気だったのですよねえ。

    でも天気が急速に回復してくれたので、思い切って出かけました。
    甲府盆地は快晴でしたが、中央道の進路が北へ変わるあたりから風が強くなってきました。
    双葉SAで風の状態をみて、高根町の農道は止めようと判断し、みずがき湖へ向かいました。
    着いてみると風はほとんど無かったです。
    気温は氷点下だったので、あれで強い風に吹かれたら耐えられなかったでしょうね。

    肝心の流星は、やはりあまり見られませんでした。
    22時前にはぽつぽつと流れたのですが、0時以降はほとんど流れなくなってしまいました。
    そうなると寒さが我慢できなくなります。
    という訳で1時半頃に撤収しました。



    ふたご座流星群


     2016/12/14 23:18, 23:22  EF24mm F1.4→3.2 固定撮影(10秒)
     Lee Soft-1 Filterをレンズの後ろに配置  23:18の画像に23:22の流星を比較明合成
     EOS 6D RAW、ISO2500  山梨県・みずがき湖にて


    満月がとても明るくて、まるで昼間の風景写真のようですね。
    10秒の露光時間で644枚写して、流星はわずか3個だけでした。
    そのうちの、出現時刻が近い2つを合成してみました。

    背景の星空は、真ん中付近に ”カシオペア” がいるのが分かるでしょうか?
    そのカシオペアの一番上の星が3.4等なのですが、肉眼ではこれが見えるぎりぎりぐらいでした。
    本当は冬の大三角を撮りたかったのですが、オリオンのすぐ上に満月が居たので駄目だったのです。

     








    コメント

    やまねももんがさんこんにちは先日はコメント有難うございました。
    バッチリふたご座流星捉えてますね、私も13日お天気悪くて昨夜は家のベランダからカメラセットしましたが市街地で満月期重なり明るすぎました。そして雲も多かったです。約3時間でカメラ電池ストップまずは収穫無理でしょうこれから画像開いてみます。
    2016/12/15 3:48 PM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    今年のふたご群はあまりに条件が悪くて残念でしたね。
    来年に期待しましょう。
    流星狙いの写真は撮影枚数がかなり多くなるので、それを全部チェックするのも大変ですよね。
    私はもう目がしょぼしょぼしていますよ。
    2016/12/15 4:58 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    あの明るさと寒さの中で出かけられたんですね。凄い!
    私は中々決心がつかず、重い腰を上げたのが3時過ぎでした(苦笑)
    やはり10秒露出でしたか。これでいいのかと迷いましたよ。
    しかし、写真を撮られた人は意外に多かったですね。皆さんも凄い(笑)
    2016/12/15 5:49 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    満月が明るいので自宅の近所でも撮影できたかもしれませんが、それだと気合いが入らなくて寒さなどにすぐ負けてしまうのですよ。
    今回はうちの奥さんも行きたいと言うので連れていきました。
    私も最初はISO3200で20秒でやったら真っ白でしたよ。
    満月の明るさを甘くみてました(笑)。
    条件は悪くても、流星群は楽しいイベントですからね。
    天気が回復してくれて良かったです。
    2016/12/15 6:01 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top