星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< こんな写真が撮りたかったのです | TOP | これでも星景写真のつもりです >>

2016.12.29 Thursday

12/28夕方の「45P」

0

    12/28の夕方の「45P」です。
    昼間の青空がとてもきれいだったので、思わず出かけてしまいました(苦笑)。
    前回(12/24)と同じ場所ですが、夕方になってもきれいな空が続いてくれました。

    試写画像でも短い尾は確認できましたが、処理をしていくと長い尾が浮かび上がってきて驚きました。
    写野の短辺が4.2度なので、3度近く伸びているように思えます。
    もう少し炙り出そうとしたのですが、画像がザラザラになるばかりなので止めました。
    地平高度が10度ほどしかないのに、よく写ったと思います。


    45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova 彗星




     2016/12/24 18:10  EF200mm F2.8→4.0  追尾撮影(40秒) 彗星核を基準に20枚をコンポジット
     EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・高根町にて



    前回と同じく30秒の露出で撮影していましたが、途中から40秒に変更しました。
    薄明が終了する前の、地平高度が少しでも高いうちからそうすれば良かったですね。


    夕方の彗星の撮影は時間との勝負で、ハラハラドキドキの連続です。
    北極星が見えてくるのを待って極軸を合わせ、明るい星を使ってフォーカスを調整します。
    ここまでは何とか順調に進みましたが、この日はどうしても写野に彗星を入れることができません。
    目印になるような明るい星が無く、赤道儀は水平垂直に動かないので思ったように写野を動かせないのですよね。 
    時間ばかりが過ぎていきます。
    思い切って金星からたどっていくことにしました。
    そしたら「やぎ座」の幾つかの星がファインダーで見えたのです。
    後で調べたら4〜5等の星なのですが、やぎ座は私の誕生星座なので助けてくれたのでしょうか?
    ともかく、何とか写野内に彗星を導入できて撮影に漕ぎつけました。
    構図は地平線に対してほぼ水平垂直になっています。


    画像は明るさと色合いの偏り(ムラ)が酷いです。
    グラデーションマスクを使って、丹念に補正していきます。
    ステライメージのデジタル現像で諧調を切り出すと、偏り(ムラ)がまた見えてきます。
    手作業ではもう無理なので、ぴんたんさんのフラットエイドに助けてもらいます。
    でも彗星の淡い尾が消えそうなので、あっさりと使いました。


     








    コメント

    さすがに処理が美しい。私には無理です。
    私も昨夜はもう少しで失敗するところでした。
    途中で気がついて事無きを得ました。
    時間がないとドジをしないかひやひやものです。
    2016/12/29 12:52 PM by てらおよしのぶ
    >てらおよしのぶさん、こんにちは。

    夕方の彗星撮影は本当にドキドキハラハラですよね。
    私はレンズの種類を1本に絞っていますが、てらおさんはいろいろ変えて撮影なさっているのが凄いです。
    でもそれだけに何とか撮影できると、まずは嬉しいと言うよりほっとしますね。
    わざわざ出かけて行って失敗したら堪りませんからねえ。
    2016/12/29 3:25 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    出掛けられたのですね。ばっちり撮れていますね。
    出て来る画は、やっぱり綺麗です。流石ですね。
    これに刺激されて、一度引っ込めた画像をアップしました。
    2016/12/29 6:37 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんばんは。

    昼間の青空を見て、前回の再チャレンジを試みました。
    尾が写る彗星は不思議な魅力があって、どしても抗うことができませんね。
    ヤマボウシさんも撮影しているだろうなあと思っていましたよ。
    2016/12/29 7:10 PM by やまねももんが
    直球勝負の彗星って感じですね。
    長く引いた尾が見事。
    グッ・ジョブ!
    2016/12/29 8:13 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、おはようございます。

    真っ直ぐに伸びているので、イオンの尾だと思います。
    周期が5年ちょっという彗星がこんなに活発なのには驚きました。
    もっと地平高度が高ければ凄い写真が撮れたでしょうね。
    2016/12/30 6:47 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top