星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ジョンソン彗星の撮り直し | TOP | 鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川) >>

2017.02.05 Sunday

2/4のパンスターズ彗星 (C/2015 ER61)

0

    パンスターズという名前が付いた彗星はとってもたくさんあって、もうどれがどれだか分からなくなっちゃいますね。
    先日のジョンソン彗星に続いて、これも初撮りです。
    彗星は ”さそり座” と ”へびつかい座” の境界付近にいて、明け方の南東方向に昇ってきます。

    実はこの彗星の撮影計画は当初には無かったのです。
    この日の撮影場所は、南東の低空はあまり条件が良くないですからねえ。
    でも ”アンタレス” が見えてきて、急に撮ってみようと思ったのです。



    パンスターズ彗星 (C/2015 ER61)


     2017/02/04 04:43  EF100mm F2.8 Macro (F4.0) 追尾撮影(120秒)
     星を基準に20枚をコンポジット  EOS 60Da RAW、ISO1600  山梨県・みずがき湖にて


    赤道儀の設置場所の関係もあって、下側には木々が入ってしまいました。
    構図も赤経赤緯に合わせたほうが良いのですが、カブリの処理のしやすさを優先して地面に対して水平垂直にしました。
    やはり低空は明るくて、2分の露光時間でヒストグラムの山は真ん中付近までいってしまいます。
    アンタレスの下の星が見えてから、とにかく薄明が始まるまで撮ってみました。

    ここは「カラフルタウン」と呼ばれている領域です。
    撮影条件が悪いのにカラフルに仕上げたいと思ったら、こんなになっちゃいました(苦笑)。
    どれが彗星なのかちょっと自信が無いのですが、暗黒帯に中に見える少し青っぽいのがそうだと思います。
    てらおよしのぶさんが1/31に撮影された画像を拝見していたので何とか分かった次第です。
      → てらおよしのぶさんのブログはこちら
    そして暗黒帯にいなければ、微光星に埋もれて見失っていたかもしれませんね。
    下の写真はピクセル50%表示で切り抜いたものです。


     ピクセル50%表示で切り抜き




    この日は予想よりも冷え込みが厳しくて、−10℃あたりまで下がりました。
    おまけに金曜の晩なのに誰もいませんでした。
    そんな中で最後にこれが何とか撮影できて良かったです。


     








    コメント

    小っちゃい(笑)。
    しかし尻尾までちゃんと撮れていますね。
    小さくても尾頭付き(笑)。
    2017/02/05 11:59 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    はい、すっごく小さいし淡いです。
    これからしっかりと成長して欲しいですね。
    でも暫くは夏の銀河(天の川)の中なので、撮影しずらいですねえ。
    2017/02/05 2:15 PM by やまねももんが
    おはようござます
    もうアンタレス付近ですかっ!!
    まだ2月になったばかりですよ。早すぎます(笑)

    パンスターズがそんなところにいたんですか!!知りませんでした。
    先日、私もさそり座を撮ったので確認してみます。
    2017/02/06 7:47 AM by おりおん
    >おりおんさん、おはようございます。

    ええ〜っ、おりおんさんにしたら遅すぎるぐらいでしょう(笑)。
    私もこの時期にこの領域を撮るなんて思ってもみませんでした。
    でもちょっと可愛いお客様が来ているのですよ。
    恥ずかしがり屋さんのようで暗黒帯に隠れていましたが、、、。
    2017/02/06 9:04 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top