星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2/4のパンスターズ彗星 (C/2015 ER61) | TOP | 西の空に傾いたオリオンとおうし >>

2017.02.06 Monday

鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)

0

    2/1と2/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



    鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)


     2017/02/01 22:28  EF16-35 f2.8 掘 20mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
        2枚をコンポジット
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    鹿鳴峡大橋の上に ”カシオペア” から ”ペルセウス” 付近の秋の銀河(天の川)が見えています。
    上のほうの一番明るい星は ”ぎょしゃ座のカペラ” です。

    強い寒気が入っているので、とこどころに雲が湧いています。
    オレンジ色に染まっているのは、清里スキー場の照明のせいでしょうね。
    それが良い感じになってくれましたが、マスク作成は苦労しました。

    みずがき湖は結氷していますが、橋の照明の映り込みが綺麗に見えたのは意外でした。
    地上風景も星空も2枚をコンポジットしてみましたが、その効果はどうでしょうね?



    鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)


     2017/02/03 23:45  EF16-35 f2.8 掘 24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
        2枚をコンポジット
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    この日の星景写真のファーストショットも、この構図でした。
    ”カシオペア” も ”オリオン” も高度が低くなっていたので、どちらを先に撮影しようか迷いました。

    この日は快晴ですが夜空が少し明るく感じました。
    そのせいか、秋の銀河(天の川)の写りがあまり良くないですね。
    上のほうの一番明るい星は ”ぎょしゃ座のカペラ” です。
    みずがき湖は結氷していて、ときどき氷がきしむ音が聞こえるのがちょっと不気味です。
    低空がオレンジ色なのは、清里スキー場の照明のせいだと思います。



    同じような構図での星景写真ばかり撮っていますが、未だに「これだ〜!」というものが撮れないでいます。
    日によって空の状態が違うし、季節や時刻によって星の位置も違ってきます。
    撮影方法や仕上げの方法もまだ試行錯誤が続いています。
    運良く大火球でも飛び込んでくれればなあと思って撮影していますが、それも未だ実現していません。
    という訳で?、まだ暫く続けそうです。


     








    コメント

    こんにちは。
    一枚目と二枚目の違いは焦点距離だけで、両方ともコンポジット
    したのですね。二枚目の方が星も湖面もクッキリ見えるのですが、
    スキー場の照明に対して画像処理した結果でしょうか。
    2017/02/06 8:51 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    2枚目はカシオペアがだいぶ低くなっていたので、レンズの焦点距離を心持ち長めにしました。
    地上風景はコンポジットの効果はあるようですが、星空のほうは微妙ですね。
    2/1(1枚目)は湖面にうっすらと雪が積もっていたようで、これが影響しているのかもしれませんね。
    星空は同じように処理したつもりなので、違いがあるとすれば星空自体の違いだと思います。
    2017/02/06 9:12 AM by やまねももんが
    こんばんは。
    スキー場の照明の影響はない方が良いのでしょうが、一枚目の綺麗な色づきは好きです。
    コンポジットの優位性は景色の方が顕著なのかもしれませんが、処理方法によっては星空でもメリットがあるのでしょうね。でも1カットに10分以上だと寒さしのぎが大変ですね。
    未だに「これだ〜」、、、なのですか。
    私だったらドヤ顔で公開しますよ(笑)。
    2017/02/06 6:27 PM by フーマン
    >フーマンさん、こんばんは。

    1枚目のオレンジ色に輝いている雲は私も気に入っています。
    こういうところが星景写真の面白みの一つなのですが、事前に読めないところが辛いです。
    星空部分はISO感度を下げてコンポジットすると、一見おとなしく見えてしまうのですよね。
    画質的には凄く良いのですが、ブログなどの画像サイズだと逆効果になってしまうかもしれません。
    仰るように、今の時期は露光中にじっと待っているのはなかなか辛いです。
    大火球でも飛んでくれれば寒さなど吹き飛んでしまうのですが、、、。
    2017/02/06 7:34 PM by やまねももんが
    天の川を一緒に撮ろうとするとこれくらいの時間ですよね。。
    次回、ビデオセットを1
    2017/02/06 11:30 PM by びっけパパ
    こんばんは
    去年の今頃のみずがき湖の風景は雪に覆われて
    寒さがひしひしと伝わって来る星景写真が多かったですが
    幸い今年は雪の背景が見えませんね。
    このまま春を迎えられれば・・・
    そうはメーカーも問屋も卸さないでしょうね!

    2017/02/06 11:31 PM by テナー
    >びっけパパさん、おはようございます。

    星空はやはりたっぷり露光したいですよね。
    でもそうすると追尾したくなるし、地上風景がぼけるのでマスクを使って合成したくなるし、、、。
    星景写真の手法もどんどん厄介になってしまいました(苦笑)。
    でもきれいな画像が得られるので楽しいですよ。
    2017/02/07 5:47 AM by やまねももんが
    >テナーさん、おはようございます。

    仰るように、今年は雪が降りませんねえ。
    たまには雪景色での星景写真を撮りたいのですが、、、。
    でもあまり降ると撮影地まで行けなくなってしまうので、そこそこが良いです(笑)。
    次の新月期は昇り始める夏の星座が撮れるようになると思いますが、どんな天候になっているでしょうね。
    2017/02/07 5:53 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top