星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 雪が薄っすらと、、、 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) かに座領域2 >>

2017.02.10 Friday

高く昇った北斗七星

0

    2/1と2/3の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。

    この時期の夜中過ぎには ”北斗七星” が空高くに昇ります。



    女神像,牡鹿像と北斗七星


     2017/02/02 01:18  EF16-35 f2.8 (16mm、F5.6)  ISO1000、固定撮影(600秒)
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    低空に雲が湧いて、それがオレンジ色に染まっています。
    野辺山あたりのスキー場の照明でしょうか?
    そんな空の色合いをきれいに表現したくて、固定撮影でちょっと長めの露光をしてみました。
    でもちょっと露光不足になってしまってRaw現像時に補正しました。
    寒さに凍えながら暗算したのですが、間違ってしまったようです。

    前景には女神像と牡鹿像に参加してもらいましたが、ちょっと暗くて分かりづらいですね。



    女神像,牡鹿像と北斗七星


     2017/02/04 01:08  EF16-35 f2.8 (19mm、F4.0)  ISO250、固定撮影(1200秒)
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    この日も同じように、固定撮影でちょっと長めの露光をしてみました。
    偶然にもほとんど同じ時刻です。
    でも前回の露光条件はすっかり忘れてしまったので、かなり違ってしまいました。

    空の色合いがかなり違います。
    肉眼ではなかなか分からないのですが、夜空の色合いって結構変わるのですよね。

    ここで20分も待つのは辛いので、暖かいコーヒーを飲みに車の所まで戻っていました。



    女神像,牡鹿像と北斗七星


     2017/02/04 01:42  EF16-35 f2.8 (19mm)
     地上風景部分 : ISO2000、F4.0、固定撮影(240秒)、2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾撮影(90秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    合成手法を使った、はっきりくっきりバージョンです。
    こうしないと地上風景が暗くなりすぎてしまうのですよねえ。
    でも星空部分は固定撮影のほうが良かったですね。
    追尾撮影なので全体が回転してしまって、山の木々がちょっと不自然になってしまいました。
    星空部分を追尾撮影した合成手法は、まだまだ試行錯誤が必要なようです。


     








    コメント

    こんにちは。
    地上風景がISO2000で固定4分も掛けているのに、まだ暗いですね。
    やはりここは、結構暗い場所なんですね。だから星が見えるのですね。
    ちょっと分からないのですが、木が不自然と言うのは、星空の
    地上部分の画像も残ってダブっているということでしょうか?
    2017/02/10 11:41 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    はい、ビジターセンターの裏側の奥はかなり暗くて、ライトが無いと歩けないぐらいです。
    街灯などの明りが直接見えないところを探すと、星空がとてもきれいでびっくりしますよ。
    私が不自然といっているのはそういうことです。
    星空を追尾撮影すると地上風景がブレてしまいますよね。
    マスクは地上風景の画像で作っているので、そのブレた部分がマスクできずに出てきてしまうのです。
    2017/02/10 1:49 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    長時間露光の2枚はそれぞれ雰囲気が違っていて面白いですね。設定は異なりますが同じ露出なのですね。
    暗算というのは露出の増減ですか。
    私はISOの1/3ステップをあまり使わないのですが、それでも両手の指で数えています(笑)。
    3枚目の境界の木々に不自然さは感じられませんが、女神像の左腕の間の星空がばっちりきまっていてかっこよく思えました。
    2017/02/10 7:25 PM by フーマン
    >フーマンさん、こんばんは。

    星景写真としては1枚目のほうが面白いですね。
    こういう雲が湧いてくると、星野写真の撮影にはドキドキなのですが、星景写真としてはワクワクします。
    いつもの星景写真で星空用の露光条件は頭に入っているので、露光時間を10分や20分にしたときのISO感度を計算しようと思ったのです。
    1枚目は絞りも変えたので、頭がフリーズしてしまったようです(苦笑)。
    ブログでの画像サイズでは分からないかもしれませんが、もっと拡大するとあれこれ誤魔化した痕跡などがあちこちにあるのです。
    2017/02/10 7:53 PM by やまねももんが
    女神像とグルグルもいいですね。
    今月の新月期だとちょうど日付が変わる頃でしょうかね。
    その時間にたどり着けるか??
    行けたら真似してみます(笑)
    2017/02/11 7:37 AM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんばんは。

    三脚を短くセットして、女神像や牡鹿像を見上げるように構図をとると、面白いぐるぐるが撮れると思いますよ。
    機会があればぜひ狙ってみて下さい。
    2017/02/11 9:15 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1969

    トラックバック

    ▲top