星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 昇ってきた木星とスピカ、そしてからす | TOP | 冬の星座たちが西の空に傾いていきます >>

2017.02.15 Wednesday

星野写真(60Da、100mm) やまねこ座領域1

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「やまねこ座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・Jones-Emberson 1 (PK164+31.1) : 惑星状星雲






      撮影日時 : 2017/02/03 23:31〜 360sec×17枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖 気温は約−7℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw9.8 : Raw現像
        ・DeepSkyStacker 3.3.2 : コンポジット
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro
        ・Nik Collection (Silver Efex Pro 2、Dfine 2)

      空の暗さ(B)、透明度(B)、フォーカス(BC)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    やまねこ座というのはほとんど馴染のない星座で、今回初めて知りました。
    左上隅の明るい星はおおぐまの鼻先?に相当する星(ο星,ムシダ)で、そこから辿っていきました。

    この領域の主役は惑星状星雲「Jones-Emberson 1 (PK164+31.1)」です。
    馴染みのないカタログ名ですね。
    「Jones」と「Emberson」はこの星雲を発見した人の名前です。
    PKカタログの数値は、銀経164度,銀緯+31度を表しているそうです。
    惑星状星雲としては比較的大きくて、亜鈴状星雲(M27)より少し小さい程度です。
    でもかなり淡いです。
    でもとても淡くて、その存在を何とか明らかにするのが精一杯でした。

    また写野の左上あたりにもやもやしたものが見られますが分子雲でしょうか。
    最近はあちこちに分子雲が存在するのが分かってきたので、あまり驚かなくなりましたね。


    試写画像では気が付かなかったのですが、赤いフリンジがかなり発生していました。
    フォーカス調整は慎重に行ったつもりなのですがねえ。
    それを補正しようとあれこれやったので、その副作用として、星や星雲の色合いが淡泊になってしまいました。

    淡い天体を浮かび上がらせようと処理を重ねていくと、星の色合い(特に赤っぽい星)がどぎつくなってしまいます。
    そこで途中でLab画像に変換してL成分だけに強調処理を行ったりしています。
    分子雲をもう少し浮かび上がらせたかったのですが、惑星状星雲が破綻しようなので止めました。

    それにしても今回はどうしてこんなに構図が傾いてしまったのだろう?
    まあカメラのファインダーがとても見づらい位置にあったのは確かなのですが、、、。
    後日気付いたのですが、ちょっと考えれば当たり前のことでした。
    この時は、画像の右端で傾きを確認していました。
    右端に明るい星をもってきて、赤緯方向に動かしてその星の移動で傾きを確認していたのです。
    この辺りは赤緯が50〜60度もあるので、左端はかなり傾いてしまうのですね。



    Sh2-290 (ピクセル100%で切り抜き)

        大きめとは言ってもやはり小さいので、ピクセル100%表示で切り出してみました。
        中心部はやや青みがかった色合いで、周りを赤い星雲が取り巻いています。
        雰囲気が「らせん状星雲」に似ていますね。

        やはり拡大して切り出すと、背景のもやもやが酷くて見るに堪えられませんね(涙)。
     



        参考までに処理前の元画像を示します。
        RAW現像で色合いだけを調整したものです。
        背景の明るさは256諧調の102程度です。
        場所が分かっていないと見つけられないほど淡いです。
     



     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1975

    トラックバック

    ▲top