星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 花が咲き始めました | TOP | 高度を下げていくしし >>

2017.02.27 Monday

昇ってきた夏の銀河(天の川)

0

    2/24の晩(2/25の明け方)に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。



    昇ってきた夏の銀河(天の川)


     2017/02/25 05:05  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO3200、F4.0、追尾(120秒)
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
    対角魚眼レンズで ”さそり” から ”夏の大三角” までの天の川を一網打尽に撮ったものです。

    これを撮ろうと思った時は、薄明開始までもう5分ほどしかありませんでした。
    レンズを交換して、湖岸で撮影場所を決めて、ポタ赤の極軸を合わせて、レンズのフォーカスを調整して、、。
    でも構図調整をしている時にレンズのフォーカスリングを触ってしまったようで、やり直して、、。

    星空部分の撮影を開始した時には、もう薄明が少し始まっていました。
    そのせいか、元画像は星空の青みが強かったです。
    フォーカスの追い込みも甘いです。
    ライブビューで鹿鳴峡大橋の照明を使ってフォーカスを調整したのですが、慌てていたからなあ。
    最後の駄目出しは、右端に木々を入れてしまったことです。
    マスクをどう作っても合成がうまくいかず、結局は木々の部分のマスクをぼかして明るさを調整して誤魔化しました。
    星空に重なっている部分の木々がぼやけていますが、これでもう精一杯です。
    もう少し前に行って撮影すべきでした。

    でも僅か10分ほどの時間で、我ながらよくやったと思います。
    天の川が見えると、どうもアドレナリンが大量に放出されるようです。



    薄明の夏の銀河(天の川)​


     2017/02/25 05:21  SIGMA 15mm F2.8 FISHEYE
     ISO1250、F4.0、固定撮影(60秒)
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    薄明が始まって30分ほどが経ちました。
    空の明るさや色合いが変わってきて、星が少なくなってきたのが肉眼でも分かります。
    この日はこれがラストショットになりました。
    固定撮影で露光時間が1分なので、星が線状になっていますが、ISO感度を低く設定するのを優先しました。
    空の色合いは肉眼ではよく分からないので、イメージに合わせて調整しています。

    明け方には−8℃あたりまで冷え込んで、まだまだ真冬でした。


     








    コメント

    ビジターセンターの上に掛かる天の川。
    いや〜撮りたかった。
    木を入れるとマスクが作りにくいということになってしまうんですね。
    まずマスク処理自体をやったことがないもので、、、
    今シーズンはビジターセンター寄り道のスキーはなさそうなのでチャンスは海の日あたりになりそうです。。
    2017/02/27 9:06 PM by びっけパパ
    こんばんは、さすがに120秒露出できる暗い空では暗黒部分もくっきりと濃い天の川が撮影できますね。やはり風景部分(木立)のコンポジットは難しそうですね。構図にも研究が必要なんですね。それにしても天の川が5時に昇る時期は朝まで徹夜になりますから辛いですね。(笑)
    2017/02/27 11:02 PM by みち
    こんにちは。
    対角魚眼で、天の川が見事な弧を描いていますね。
    って、シグマの15个犬磴覆い任垢。私が持っている
    唯一の単焦点交換レンズです。2分でこんなになりますか!
    透明度が良かったのか、画像処理の技ありか。
    普通に撮れますよとか言われたらどうしよう(^^;

    2017/02/27 11:17 PM by ヤマボウシ
    >びっけパパさん、おはようございます。

    夏の天の川が昇ってくる季節になりましたねえ。
    この日はなかなか晴れなくてやきもきしましたが、この写真が撮れて良かったです。
    マスクを使う合成の場合は、風景と空との境界が単純な形状でないと難しいです。
    枝の形が分かるような木々を近くに入れるとほぼ駄目ですね。
    2017/02/28 5:45 AM by やまねももんが
    >みちさん、おはようございます。

    星空はたっぷり露光したいと思っています。
    でもちょっと露光オーバーだったので、1分露光程度にしたら合成も少しは楽だったでしょうね。
    これの前に夏の大三角やさそりを撮っていたので、時間が無くなってしまったのですよ。
    余裕をもって撮影に臨まないと駄目ですね。
    仰るように徹夜の夜遊びはなかなか辛いです(苦笑)。
    2017/02/28 5:50 AM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    はい、シグマの対角魚眼レンズです。
    低空のカブリなどを少し補正した後で、少しコントラスト強調をしています。
    肉眼では天の川は淡くしか見えませんでしたが、空の透明度は結構良かったので、処理は楽でしたよ。
    2017/02/28 6:13 AM by やまねももんが
    この写真を、今度の展示会に出品したらどうでしょうか。
    同じアングルの昼の画像を並べると凄く分かりやすいです。
    何しろ展示しているビジターセンターの真上ですからね。
    星空が身近に感じられますね。一般の人に受ける事間違いなし。
    薄明の写真も並べれば、時間差でさらに理解が深まりますね。
    一般の人に受ける事間違いなし。推薦しますよ。
    2017/02/28 10:01 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    同じような構図で以前に撮ったものがあるので、それを展示に使おうかなと考えていました。
    今回のはちょっと失敗項目が多いですから、、、。
    みずがき湖での星景写真は今回の写真展にぴったりだと私も思っています。
    2017/02/28 1:46 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1985

    トラックバック

    ▲top