星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 昇ってきた夏の銀河(天の川) | TOP | 京王百草園の梅 >>

2017.02.28 Tuesday

高度を下げていくしし

0

    2/24の晩に山梨県のみずがき湖で撮影した星空写真です。
    晴れ間がなかなか広がらなくて、星景写真のファーストショットがこんな時間になってしまいました。



    高度を下げていくしし


     2017/02/25 03:12  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO5000、F4.0、追尾撮影(60秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”しし” が西の空で少しづつ高度を下げて行きます。
    ”かに” がまるで先導役のように見えます。
    ここに着いた時は西の空に傾いた ”オリオン” が雲間に見えていましたが、もう春の星座が夏の星座に追いやられ始めているのですね。

    星空部分は、ポタ赤で追尾しながら1分間の露光をしています。
    1分間と言えども地上風景は流れてしまうので、これをマスクを使って隠してやらねばなりません。
    建物や山は何とかできましたが、女神像の上部が隠しきれませんでした。
    小さな画像では目立たないですが、拡大して見るとバレてしまいます。



    高度を下げていくしし


     2017/02/25 03:14  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(25秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    これは星空部分を固定撮影したバージョンです。
    ISO感度を高くしているので、比較すると画像がざらついています。
    ブログ用の画像サイズではそれほど目立たないかもしれませんが、、、。
    その一方で地上風景部分との合成では大きな問題は生じません。

    星空部分を追尾撮影するか固定撮影するかは、私の合成法では一長一短があるのが現状です。


     








    コメント

    ファーストショットが3時過ぎはきついですね。
    真夏だと薄明始まっちゃいますね。
    スマホ画面で見る限り、どちらの作品も何の問題もありません!
    拡大して見ると気になるところって気になっちゃいますよね。
    そんな時は、いっこうさんの名言。
    縮小は最大の画像処理(笑)
    2017/02/28 9:37 PM by びっけパパ
    こんばんわ。
    やまねももんがさんの同場所で撮影した作品を夏・秋・冬と見続けると、季節の移り変わりがよくわかります。
    撮影を始めて各季節の星座をみる機会が増えて、大分覚えてきたのですが、夏や冬と違って春の星座は目立たないので北斗七星以外中々覚えられません。
    2017/03/01 1:37 AM by とも
    >びっけパパさん、おはようございます。

    晴れてきたのが2時近くでしたからねえ。
    まず45Pを撮影し、次の星野写真の撮影を始めた時には3時を過ぎていたのです。
    仰るように気になるところにまず目が行ってしまいますね。
    まあ私の性格みたいなものもあるのでしょうが、、、。
    いっこうさんの名言、久しぶりに目にしました(笑)。
    2017/03/01 5:03 AM by やまねももんが
    >ともさん、おはようございます。

    星野写真の合間に星景写真を撮っているので、どうしても同じような場所での撮影になってしまいます。
    ともさんのようにもっといろいろな場所に出かけて星景写真を撮ってみたいのですが、、、。
    仰るように春の星座は目立たないし、星の並びがよく分からないものが多いですよね。
    うしかい座とかんむり座のペアとか、おとめ座のスピカとからす座とかはどうでしょう。
    後者は今は明るい木星が近くにいます。
    24mmかもう少し長めの焦点距離が合うと思います。
    2017/03/01 5:10 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/1986

    トラックバック

    ▲top