星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星空写真のお勧めリスト(2016年) | TOP | 星空写真のお勧めリスト(2018年) >>

2011.01.31 Monday

星空写真のお勧めリスト(2017年)

0

    星空写真のお勧めリスト(2017年)です。


    2017年1月

    ビジターセンターと昇ってきた冬の大三角
      追尾撮影した星空と固定撮影した地上風景を合成しています。
      東側の空なので、地上風景用を先に撮影しています。

      みずがき湖 (2016/12/28)

    月による針葉樹の影
      月が熨斗の空に傾いて、針葉樹の影が長く伸びています。
      地面がキラキラと光っていますが、
      霜?(露?)が凍っているのでしょうね。

      長野県・海ノ口 (2017/01/06)

    昇ってきた木星とスピカ
      東の空に木星とおとめ座のスピカが昇ってきました。

      東の低空は街明りによるカブリが酷いのですが、
      それを逆手にとってメリハリ調に仕上げてみました。

      長野県・海ノ口 (2017/01/07)

     
    2017年2月

    鹿鳴峡大橋と秋の銀河(天の川)
      強い寒気が入っているので、ところどころに雲が湧いています。
      オレンジ色に染まっているのは、清里スキー場の照明のせいです。
      それが良い感じになってくれましたが、マスク作成は苦労しました。

      みずがき湖は結氷しているようです。

      みずがき湖 (2017/02/01)

    女神像,牡鹿像と北斗七星
      低空に雲が湧いて、それがオレンジ色に染まっています。
      そんな空の色合いをきれいに表現したくて、
      固定撮影でちょっと長めの露光をしてみました。

      みずがき湖 (2017/02/02)

    昇り始めたさそり
      さそりが昇ってきましたが、しっぽの部分は山影に隠れて見えません。
      あと1時間ほどすれば見えてくるでしょうが、
      もうそろそろ薄明が始まる時間です。

      肉眼では分かりませんでしたが、天の川が微かに写っていました。

      みずがき湖 (2017/02/02)

    昇ってきた夏の銀河(天の川)
      夏の銀河(天の川)が昇ってきました。
      対角魚眼レンズで、さそりから夏の大三角までを一網打尽に
      撮ったものです。

      みずがき湖 (2017/02/25)

     
    2017年3月

    星座写真 おおぐま座
      おおぐま座の星座写真を撮りました。
      ディフュージョンフィルターはレンズの後ろに配置しています。
      明るさや色合いの偏りが大きくて、フラットエイドの手を借りました。

      みずがき湖(2017/03/04)

    昇り始めたさそりと夏の銀河(天の川)
      さそりの上半身が昇ってきました。
      開けている場所なら、もう全身が見えているでしょうね。
      夏の銀河(天の川)を引き連れています。

      前景には「女神像」と「牡鹿像」に入ってもらいました。

      みずがき湖 (2017/02/25)

    女神像と大小の柄杓(ひしゃく)
      北斗七星が正中を通り越して、こぐまの西側にやってきました。
      三脚を最も短くして「女神像」を見上げるように構図をとってみました。

      ディフュージョンフィルターをいつもより少し強めのものを使いました。

      みずがき湖 (2017.03.05)

     
    2017年4月

    オリオンが隠れてしまった冬の大三角なんて、、、
      沈んでいく冬の大三角を撮りたかったのですが、
      オリオンはもう殆ど見えなくなっていました。

      みずがき湖  (2017/04/23)

     
    2017年5月

    さそりと天の川
      さそりが昇って来て、夏の銀河(天の川)も
      しっかり写るようになりました。
      さそりは昇ってくる時の立ち姿が良いですね。
      今年は天の川の中に土星がいるのがポイントです。

      みずがき山自然公園 (2017/05/02)


    昇ってきた夏の銀河(天の川)
      ここ数年は、ここで同じような構図で撮影しています。
      合成に関してはまだまだ完成度が低いですねえ。

      みずがき山自然公園 (2017/05/02)

    みずがき山自然公園は花盛り?
      撮影していた時はよく分からなかったのですが、
      シャクナゲやツツジが咲いているようです。
      月が雲に隠れてしまう前に撮れば良かったですね。

      みずがき山自然公園 (2017.05.29)

     
    2017年6月

    さそりといて付近の銀河(天の川)
      水族館の建物を前景にした夏の銀河(天の川)です。
      低空が建物で隠れたので、ちょっとHDRっぽく仕上げてみました。

      長野県・蓼科 (2017/05/21)

    昇ってきたさそりとツツジ
      ツツジがきれいに咲いていたので、
      それを前景にして昇ってきたさそりを撮りました。

      空の状態が良くなくて、星空が濁った感じになってしまったのが残念です。

      みずがき山自然公園 (2017/05/29)

    昇ってきたカシオペアからはくちょう付近までの天の川
      芝生広場への階段の両側にシャクナゲやツツジがきれいに咲いていました。
      適当な撮影方法が思い浮かばずに、5分露光で固定撮影してみました。
      地上風景用と星空用と別々に処理して、マスクを使って合成しています。

      みずがき山自然公園 (2017/05/30)

     
    2017年7月

    西の空に傾いた木星とスピカ
      木星とスピカが並んで、西の空で高度を下げていきます。
      そんな様子を、公園の管理棟と木立を前景にして撮ってみました。

      5分の固定撮影の1枚撮りです。

      みずがき山自然公園 (2017/05/30)

     
    2017年11月

    はくちょうからカシオペアにかけての銀河(天の川)
      前景に、女神像と牡鹿像と鹿鳴峡大橋を全部入れてみました。
      少し広々とした感じになったでしょうか?
      カラフルな橋の照明は、私の絵作りのポイントです。

      みずがき湖 (2017/11/11)

    昇ってきた冬の大三角
      シリウスとプロキオンがやっと昇ってきました。
      湖畔に出て、ビジターセンターと白い柵を入れて撮りました。
      ドウダンツツジが真っ赤に紅葉しています。

      みずがき湖 (2017/11/11)

    ビジターセンターと昇ってきた冬の大三角
      前回と同じような構図ですが、星空を追尾撮影してみました。
      私の手法では構図等に制約がかかりますが、
      追尾撮影すると星空はとてもきれいですね。

      みずがき湖 (2017/11/15)

     
    2017年12月

    ふたご座流星群
      女神像と冬の大三角と流星のコラボを狙ったのですが、
      ちょっと企画倒れでした。

      これでも肉眼では結構明るく見えたのですよ。

      みずがき湖 (2017/12/13)

    みずがき湖はまだ凍っていない?
      まだ時間帯が早いので、星空の状態があまりよくありません。
      そこで星景写真は諦めて、夜の風景写真として撮りました。

      みずがき湖 (2017/12/18)

     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2004

    トラックバック

    ▲top