星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 高尾の多摩森林科学園を散策 | TOP | 5/1の晩のみずがき山での星景写真 (1) >>

2017.05.11 Thursday

星野写真(60Da、100mm) りゅう座領域3

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「りゅう座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・NGC4236 : 棒渦巻き銀河






      撮影日時 : 2017/04/23 20:19〜  300sec×18枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約+4℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・FlatAide : フラット補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(BC→B)、透明度(C→BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    この領域は、りゅうのしっぽの先端部分で、北斗七星と北極星の間になります。
    主役は「NGC4236」という少し大きな棒渦巻き銀河です。

    最初は時間帯が早いこともあって、空も明るくて透明度もあまり良くありませんでした。
    でも途中で薄雲の通過があり、その後は空の暗さも透明度も少し良くなりました。

    思っていたよりもかなり淡いですが、試写画像を裏面モニターで見たときにその存在は何とか分かりました。
    NGC4236はM81やM82と共に「M81銀河団」を構成しているそうです。



    NGC4236 (ピクセル50%表示で切り抜き)

        かなり横から見えてる格好になっていることもあって、構造は不鮮明です。
        私の写真では不規則銀河のように見えちゃいますね。
        暗い銀河なこともあって、色合いが少しは表現できたかなと思っています。
     


     








    コメント

    久しぶりの星野写真ですね。
    100mmでNGC4236銀河をここまで写せれば文句なしじゃないですか。
    いつもながら凄いなあ。
    裏庭では北側は宇治市街の影響でほんのり明るいし、9等級後半の暗い銀河なので、撮影リストから外している対象です。
    2017/05/11 2:10 PM by 悠々遊
    >悠々遊さん、おはようございます。

    星野写真はときどきは撮影していたのですが、途中で曇られたり、温度変化でフォーカスがずれてしまったりで、ボツばかりでした。
    NGC4236はその大きさだけで撮影してみたのですが、かなり淡いですね。
    でもかえって白飛びせずに色合いが表現できたかなと思っています。
    空の明るさなどは撮影枚数を増やすことである程度は対処できると思っています。
    機会があれば狙ってみてはどうでしょう。
    2017/05/12 4:50 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2022

    トラックバック

    ▲top