星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 5/20の晩の41P彗星 | TOP | 5/1の晩のみずがき山での星景写真 (4) >>

2017.05.23 Tuesday

星野写真(60Da、100mm) おおぐま座領域3

0

    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「おおぐま座領域3」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M51 : 渦巻銀河 (子持ち銀河) 星座としてはりょうけん座に位置します。
      ・M101 : 渦巻銀河 (回転花火銀河)

      ・NGC5377 : 銀河
      ・NGC5474 : 銀河






      撮影日時 : 2017/04/29 20:48〜  360sec×21枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約+5℃
      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      ガイド : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw9.9 : Raw現像
        ・FlatAide : フラット補正
        ・StellaImage6.5 : デジタル現像、Lab色彩調整
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々

      空の暗さ(B)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価



    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)



    2つの明るい星は北斗七星の一部なので、場所が分かり易いですね。
    この領域には大きくて写真写りの良い系外銀河が2つもあります。
    それ以外にも12等級より明るい銀河が幾つかあり、等倍で表示してみると小さな銀河がたくさん見つかります。

    前回の撮影では明るい2つの星が滲んでしまったので、薄雲の影響でもあったのかなと思っていました。
      → 前回の撮影はこちら
    そこで撮り直してみたのですが、今回も同様でした。
    どうもこれはフィルムでのイラジエーションみたいなもののようです。

    銀河の写りは正直言って前回のほうが良いですね。
    前回は2月の夜半後に撮影したので、空の状態が良かったのでしょう。
    今回は早い時間帯にもかかわらず空が暗かったので期待したのですが、、、。
    それでも今回のほうが良い点もあるのでリストには両方を掲載しておきます。
    空の透明度,暗さ,そしてフォーカスの追い込みと、なかなか全てが揃いませんね。



    M51 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        子持ち銀河と呼ばれています。
        大きな銀河の渦巻きの1本の先に、NGC5195と名付けられた小型の銀河がくっ付いています。
        この様子は焦点距離の短いレンズでも結構よく分かります。
        右上の方向に淡い部分が伸びていますね。
        同じように仕上げたのですが、前回よりも赤っぽくなったのは何故でしょう?
     



    M101 (ピクセル67%表示で切り抜き)

        回転花火銀河と呼ばれています。
        見かけの大きさは、M31やM33についで大きいものです。
        真上から見ているので渦の様子が見やすくて、この焦点距離でも分かりますね。
        腕の広がりが対象形でないのが面白いです。
     


     








    コメント

    100mmで構図をちゃんと考えて撮ると、こういう贅沢なものが撮れるんですね。
    この焦点距離で銀河の特徴をとらえているのも凄いです。
    昨夜、ジョンソン彗星にチャレンジしましたが、裏庭からでは背伸びしすぎたかもしれません(苦笑)。
    2017/05/23 3:11 PM by 悠々遊
    こんにちは。
    確かに銀河の腕を見ると、前回の方が解像度があるように見えますね。
    殆ど差はないですけど、こだわると奥が深いです。気温が5℃なら
    まだいい方ですね。この前彗星を撮った時は16.5℃でした(><)
    2017/05/23 4:51 PM by ヤマボウシ
    >悠々遊さん、こんにちは。

    こんなに大きな銀河が2つも一緒に撮影できるのが、この焦点距離の楽しいところです。
    個々の銀河の細かい描写は所詮無理ですが、雰囲気だけでも楽しめればなあと思って続けています。
    ジョンソン彗星、狙ってみたのですね。
    条件が良くなくても、彗星の撮影は良い記念になりますよね。
    2017/05/23 5:19 PM by やまねももんが
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    写りの差は空の透明度の差だと思います。
    この日は南側は良くなかったのですが、北側はまあまあだと感じたのですが、、、。
    気温は10℃を超えると撮影するテンションが下がりますね。
    冷却CCDなんてどうですか?
    2017/05/23 5:23 PM by やまねももんが
    こんばんは
    100mmでここまでクオリティ高い画像が出来るなんて
    いつも驚きと言うか、自分のカメラレンズにダメ出し
    したくなります。
    メシエの姿にも驚きのため息です。



    2017/05/23 7:29 PM by テナー
    >テナーさん、こんばんは。

    この焦点距離でも大きい系外銀河なら形状がある程度分かるので、それが面白くて望遠鏡での直焦点に踏み出せないでいます(苦笑)。
    新しいことに挑戦したい気もするのですが、今のスタイルでまだまだやっていこうと思います。
    2017/05/23 7:59 PM by やまねももんが
    >冷却CCDなんてどうですか?
    今関心があるのは、CMOSカメラか冷却CMOSカメラですね。
    これで惑星や惑星状星雲を撮りまくってみたいです。
    2017/05/23 8:05 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    CCDはダイナミックレンジが大きいのが特徴だと思っているのですが、最近はCMOSのほうが話題性がありますね。
    是非挑戦してみて下さい。
    2017/05/23 9:28 PM by やまねももんが
    こんばんわ。
    100mmで撮影すると位置関係がよくわかっていいですね。自分は最近17mmか250mmばかりなので、こういう感じの撮影もちょっとしてみたくなりました。

    この焦点距離で撮影して、どちらの銀河も特徴がわかるぐらい写ってて良いですね♪M101は先日撮影して処理を終えたばかりというか・・・やめたとこです(笑)


    2017/05/25 1:30 AM by とも
    >ともさん、おはようございます。

    写野がこの程度の広さだと、銀河などのファインディングチャートとしても使えるかなと思っています。
    最初はこのシリーズをやって、次の個々の対象を撮影しようかなあなどと考えていました。
    でもこの画角が思っていた以上に面白くて、次に進んでいません(苦笑)。
    星野写真の処理は、まずはフラット補正だと思っています。
    でもそれがなかなかの曲者なのですよね。
    2017/05/25 6:13 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top