星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 5/1の晩のみずがき山での星景写真 (5) | TOP | 星野写真(60Da、100mm) へびつかい座領域4 >>

2017.05.27 Saturday

5/1の晩のみずがき山での星景写真 (6)

0

    5/1の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。
    これで最後です。



    夏の銀河(天の川)


     2017/05/02 02:55  EF16-35 f2.8 (22mm)
     地上風景部分 : ISO1600、F3.5、固定撮影(180秒)
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    テントの明りをアクセントとして取り入れてみました。
    平日なので駐車場もテントサイトも車が少ないですが、休日は賑わうのでしょうね。

    稜線の凹んだところがほぼ真南なので、”さそり” はもう南中を過ぎました。



    昇ってきたカシオペアからはくちょうまで


     2017/05/02 03:03  EF16-35 f2.8 (22mm)
     地上風景部分 : ISO1600、F3.5、固定撮影(180秒)
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    同じような写真ばかり撮っていますねえ(苦笑)。
    この場所では、この方向の星空が最も綺麗なので、ついつい撮ってしまうのですよねえ。

    星空の色合い調整は、一応基準のようなものは設けています。
    でも空の状態はいつも同じな訳ではないので、結果的に毎回違ってきます。
    非常に感覚的なものですが、「良い感じ」みたいなものが判断基準になることが多いです。



    大小の柄杓(ひしゃく)


     2017/05/02 03:11  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(180秒)
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    もうすぐ薄明が始まる頃です。
    北の空では ”北斗七星” が随分と低くなってきました。

    地上風景にカラフルさが欲しくて、思い切ってこんな構図で撮ってみました。
    完璧なマスク作りは追及しないで、マスクをぼかして違和感が少なくなるところを探って合成しました。
    最近、誤魔化すテクニックばかり身に付いてしまいました(苦笑)。

    これがこの日のラストショットです。



    星景写真は駐車場の上の芝生広場で撮っています。
    明りを照らすと、どこもかしこも鹿のフンが凄いです(苦笑)。
    最初のうちは、鹿に盛んに鳴かれました。

    空の透明度が良くて星空がきれいだと、撮影が楽しいですね。
    月が沈んでから薄明が始まるまでの4時間があっと言う間でした。
    気温は−6℃あたりまで冷え込みましたが、ずっと歩き回っていたので寒さは感じませんでした。

    一方で、星野写真は2対象を撮影したのですが、欲張って露光オーバーにしてしまいました。
    その結果、星が肥大化して周囲に青いフリンジが出てしまいました。
    悔しいですが、ボツです(涙)。


     








    コメント

     こんにちは。知識の刷り込みがあるからでしょうか、天の川の
    写真を見ると広大な宇宙を感じます。そこにポツンとテントの灯り。
    私たちは地球のゆりかごに守られているのだな〜と実感します。

     ももんがさんでも露光オーバーなんてあるんですね。一緒にして
    申し訳ないですが、私もはくちょうの天の川の写真が20枚没です。
    一枚撮って確認しなかったために、ISO6400で真っ白な写真を量産して
    しまいました。中々懲りないです(苦笑)
    2017/05/28 2:01 PM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、こんにちは。

    ヤマボウシさんのコメントは、いつもとても詩的ですね。

    星空はどうしてもモノトーンになってしまうので、地上風景には適度な灯りやカラフルなものを取り入れたくなってしまいます。
    以前の撮影の露光時間が2分だったので、3分と欲張ってしまいました。
    南中前の高度があまり高くない時に露光時間を決めたのですが、高度が少し高くなっても空の明るさはあまり変わらなかったのが誤算でした(涙)。
    後で失敗に気づくと、とてもショックですよね。
    2017/05/28 3:57 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top