星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夏の銀河(天の川) | TOP | 星野写真(60Da、100mm) おおかみ座領域1 >>

2017.06.06 Tuesday

夏の大三角

0

    5/20の晩に長野県の蓼科で撮影した星空写真です。



    夏の大三角


     2017/05/21 00:13  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  長野県・蓼科にて


    薄っすらと照明が灯った建物は星景写真にもってこいだと思っています。
    ”夏の大三角” と組み合わせて撮ろうとしたのですが、しばらく構図に悩んでしまいました。

    左側の階段の手前に邪魔なものがあって、どうしても写り込んでしまうのですよね。
    仕方が無いので、この構図で撮影して、フォトショップで強引に修正しました。

    地面付近はかなり暗いので、どうしても露光不足になってしまい、画像がぐちゃぐちゃになってしまいます。
    星空部分は20秒の固定撮影なので画質がイマイチです。
    おまけにディフュージョンマスクをレンズの手前に配置しているので、明るい星の滲みがきれいでないです。
    何か不満だらけです。
    でも解決策が浮かばないんですよね。



    夏の大三角


     2017/05/21 00:22  EF16-35 f2.8 (20mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO8000、F3.5、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  長野県・蓼科にて


    上の写真では ”いるか” が木立に隠れてしまったので、構図を変えて撮り直しました。

    これも左側の階段の手前あたりをフォトショップで強引に修正しています。


     








    コメント

    やまねももんがさんおはようございます。
    何時も星景写真見ながら感心してます、少しでも近付けたら良いなと思ってます、私の場合星空を固定でISO1600(レンズにも寄りますが)20秒〜45秒を4〜6枚、地上風景をISO 800で50秒2枚でコンポしてます、矢張り星空メインで地上風景シルエット風に持っていった方が綺麗な気がする様になって来ました、前回の様にマスク合成の説明も大変参考になりました。
    2017/06/06 6:45 AM by 夕焼け熊五郎
    >夕焼け熊五郎さん、こんにちは。

    撮影場所にも依りますが、かなり暗い場所では星空メインのほうが絵作りはしやすいですよね。
    地上風景を明るく撮ることはできますが、星空とのバランスが難しくなったりすると思います。
    でも両者を妥協せずに活かせるような、そんなシチュエーションで撮影してみたいです。
    2017/06/06 4:48 PM by やまねももんが
    建物の上に浮かぶ夏の大三角。
    ご不満とのことですが、私こういう絵が好きです。
    やっぱりセンスなんだと思います。
    イルカはいるか?
    すみません。
    スマホで見ていると分かりませんでした、、、
    2017/06/06 7:10 PM by びっけパパ
    >びっけパパさん、こんにちは。

    ブログ用の画像サイズでは目立たないかもしれませんが、いろいろと不満があるのです。
    みずがき天文愛好会で開催した写真展の際に、いろいろと気づいちゃったものですから。

    いるか座は小さいですが可愛くて大好きです。
    夏の大三角を撮るときは、チェックポイントの一つにしています(笑)。
    2017/06/06 7:30 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top