星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) いて座領域4 | TOP | 1ヶ月以上も前の星空写真ですが >>

2017.06.29 Thursday

昇ってきたカシオペアからはくちょうまでの銀河(天の川)

0

    5/29の晩に山梨県のみずがき山自然公園で撮影した星空写真です。

    今回の新月期は、出かけるチャンスを逸したまま、すでに月が太り始めてしまいました。



    昇ってきたカシオペアからはくちょう付近までの天の川


     2017/05/30 01:40  EF16-35 f2.8 (24mm)
     ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置、4枚をコンポジット
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    この日はこの構図ばかり撮っていたような気がします(笑)。
    カシオペアがもう少し昇ってきて欲しいのですが、次回以降にしましょう。
    この構図には、24mmぐらいの画角がちょうど良いですね。

    地上風景が黒潰れしてしまったので、それに負けないように星空をカラフルに仕上げてたつもりです。

    この日はディフュージョンフィルターをレンズの後ろに配置して、ポタ赤での追尾撮影をメインにしたのですが、拘り過ぎたかなあ?



    昇ってきたカシオペアからはくちょう付近までの天の川


     2017/05/30 01:50  EF16-35 f2.8 (24mm)
     ISO2500、F4.0、固定撮影(300秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置
     地上風景用と星空用と別々に処理して、マスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    駐車場から芝生広場へ登る階段があるところです。
    シャクナゲやツツジがきれいに咲いていました。

    適当な撮影方法が思い浮かばずに、とりあえず5分露光で固定撮影しました。
    どのように仕上げたら良いのか悩んだ末に、地上風景用と星空用と別々に処理して、マスクを使って合成しました。

    地上風景の暗い部分はかなり荒れてしまったので、ISO感度をもっと低くして、たっぷり露光すべきでした。
    さらに5分の星の軌跡は中途半端ですね。
    ときどき弱い風が吹いていたので、木立の枝がぶれてしまって見苦しいです。



    昇ってきたカシオペアからはくちょう付近までの天の川


     2017/05/30 02:44  EF16-35 f2.8 (20mm)
     ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの後ろに配置、4枚をコンポジット
     1枚目を別処理してマスクを使って地上風景として合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき山にて


    ポタ赤で2分間の追尾撮影したものを4枚コンポジットして、星空中心に仕上げました。
    地上部分は黒潰れしてしまうので、1枚を別処理してマスクを使って合成しています。

    しかし何ともはや中途半端な手法ですね。
    地上風景はブレていて、特に木立は不自然だし、ざらついているし、、、。
    現場で臨機応変な対応をとるのはとっても難しいです(涙)。

    でも追尾撮影しているので、星空はきれいです。
    昇ってきたばかりの ”アンドロメダ銀河” と ”ペルセウス座の二重星団” が写っていました。
    肉眼では確認できなかったので嬉しいです。


     








    コメント

    まだ梅雨も明けていないというのに、カシオペアやM31、二重星団ですか。
    星屋さんはみんな気が早い(笑)。
    国内では光害を避けるため、撮影は夜半を過ぎてからが本番になるので、季節先撮りは仕方ないですね。
    お馴染みさんが見えると安心、うれしいのは星屋も商売人も同じで(笑)。
    2017/06/29 9:53 AM by 悠々遊
    >悠々遊さん、こんにちは。

    薄明が始まるのがとても早くなりましたが、もう秋の星座が顔を出してくるのですよね。
    夏の星座で撮りたいものがまだまだあるので、ちょっと待ってて欲しいです。
    仰るように夜半前は夜空が明るいので撮影はできるだけ夜半後にしたいですね。
    でもそうするとほとんど徹夜になってしまうので辛いです。
    肉眼では確認できなかったのが写っていると、とっても得した気分になって嬉しいです。
    2017/06/29 5:08 PM by やまねももんが
    おはようございます。
    青みは抑え気味にして、カラフルに仕上げられた星空は、やまねももんがさんならではの凄技ですね。
    コンポジットしているので画質に余裕がありとても心地よいです。
    撮影現場で適した手法を考えるのは難しいですよね。
    私には無理そうなので何時もワンパターンです(笑)。
    2017/07/02 7:29 AM by フーマン
    >フーマンさん、おはようございます。

    星空はコンポジットするとやはり良いですよね。
    小さい画像ではあまり分からないかもしれませんが、仰るように余裕みたいなものが全く違います。
    色合い調整は毎回微妙に違ってしまいますが、これは空の透明度みたいなものが影響しているのではないかと思っています。
    現場で臨機応変に対応するのは難しいですよね。
    2017/07/03 6:27 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2054

    トラックバック

    ▲top