星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 観音平での星野写真 (13年前の星空) | TOP | 10/26のガラッド彗星 V字型の尾 >>

2011.10.29 Saturday

夜遊び日記 2011.10.26

0


    10/26は、一時的な冬型の気圧配置から高気圧が移動性になり始めて、ほぼ文句なしの晴れが期待できました。
    GPV気象予報では、23時から24時頃に一時薄雲がかかるようでしたが、、、。

    星見の場所としては、瑞牆山自然公園と入笠山とで迷いましたが、夕方の夏の銀河(天の川)を撮りたかったので後者を選びました。
    前者は南西方向が少し明るいのです。

    準備を整えて、最後にノートPCをチェックしたらバッテリーがほぼ空でした。
    何てことだ!
    充電には4時間ほどかかるので、持っていくのは諦めました。


    長野県・入笠山

    目的地の少し手前で、東側の八ヶ岳がよく見える所があります。




    八ヶ岳が夕日に染まって、その手前に入笠山の影がきれいに見えました。




    南の方に目を向けると。富士山が見えました。
    山々に邪魔されて、頭だけが見えています。


    いろいろと撮りたいのですが、暗くなる前に星見の場所を決めたいので先を急ぎます。


    入笠山は、10年以上前にマナスル山荘の先まで行ったことがあり、かなり開けている場所があった記憶がありました。
    日没前に現地に着いて、記憶を辿って進みましたが、そのような場所はありません。
    記憶は美化されていたのでしょうか?



    適当な場所を探して、うろうろしています。
    西側に中央アルプスと思われる山々が見える場所があったのですが、真上に電線があって諦めました。

    分岐点を右に少し行ったところで、少し開けていて、車がすれ違えるスペースの所を見つけました。
    下の地図の星印の辺りです。





    日没が過ぎて

    日没が過ぎて、すでに0℃近くまで冷えてきています。
    標高が1800mぐらいあるので、当たり前ですね。



    暗さが増すにと共に、太陽が沈んだ方向の空がオレンジ色に輝きました。

    だんだんと星が見えてきました。
    やがて北極星も見えてきたので、さっそく赤道儀をセットします。


    夏の銀河(天の川)は?

    暗くなって目が慣れてくると、想像していたよりも暗くありません。
    北側は諏訪、西側は伊那の街明かりの影響でしょうか?

    お目当ての夏の銀河(天の川)はぼんやりとしか見えませんでした。
    それでも標高が高いので、夏の大三角を通り越して、秋の星座まで天の川が延びているのが分かりました。

    まずは20Daと対角魚眼レンズでの銀河(天の川)の撮影です。
    2枚づつコンポジットしたものをパノラマ風に繋げてみようと思ったのです。
    しかし、2分露光にも関わらず、飛行機が頻繁に通ってボツ写真ばかりが増えていきます。
    風がほとんど無いこともあって、そのうちにレンズが曇り始めました。
    魚眼レンズはガラスが前に飛び出していて、フードもごく短いので、対処のしようがありません。

    なお、21時頃になるとレンズはほとんど曇らなくなりました。
    気温の低下が収まったためでしょうか?
    −6〜−7℃と冷え込んでいます。


    ガラッド彗星

    予定よりだいぶ遅れてしまいましたが、20時頃からガラッド彗星を撮影しました。
    数回試し撮りをして写野内に導入できました。
    でもノートPCを持ってこれなかったので、またもやピントが甘いのが残念です。


    星野写真や星景写真

    赤道儀を組み立てたので、20Daに50mmレンズを付けて星野写真を撮ることにしました。
    でも、ここでもピント合わせの問題が!
    さらに、レンズを保温するヒーターの電源が入りません。
    でも、レンズのフードが長いためもあって、結局大丈夫でした。

    5DMark兇蓮△い弔發里茲Δ妨把蟷1討任寮鰻兵命燭任后
    最初はLeeの4番フィルターを使いましたが、ボケが大きいように思えたので、途中から3番に戻しました。
    あれこれ撮影した後で、タカハシの「スカイポート」を組み立ててガイド撮影をしようと思いました。
    1枚撮影してみると、星が流れています。
    どうして?
    昔にも経験したことがあるのですが、あの時はどうだったかなあ?
    帰ってからチェックしてみましょう。

    今夜は、トラブルやらミスやら想定外のことがいろいろあり、写真撮影は計画通りには行きませんでした。
    星空も期待したほどではありませんでした。
    空の透明度が今ひとつだったのか、ここも明るくなってしまったのかは判断できません。
    でも、思い切って出かけて良かったです。
    久しぶりに快晴の星空を楽しむこともできました。


    近くで鹿が鳴いています

    人気の無い所って、やはりちょっと怖いですね。
    この時期は熊が怖いので、車からできるだけ離れないようにしました。
    鹿がかなり近くで鳴いていました。
    複数で鳴き合っているようです。
    また夜なのに、鳥がけたたましく鳴くこともあります。
    私は鳥だと思っているのですが、、、。


    オリオンが昇ってきました

    東側は少し小高くなっているので、オリオンの全形が見えたのが0時少し前でした。
    予報では薄雲が一時広がるとのことでしたが、それはありませんでした。
    寒さは感じませんが、少し疲れてきたので、これで帰ることにします。
    やはり夜の遠出は疲れますね。
    いつまでできるかなあ?


    帰宅して

    翌日は車の一年点検の予約をしていたので、この日に出かけられて良かったです。
    車に積んでいた機材等を全て下ろして、スタッドレスタイヤを載せました。
    点検と一緒にタイヤを交換してもらいます。

    帰宅してすぐ寝ましたが、いつもの時間に猫たちに起こされました。
    もう少し寝かせて欲しいなあ。


    星空写真は後日ご紹介したいと思っています。









    コメント

    こんんちは
    いっこうさんの記事も見ながらGoogle Earthで見てみました。 やまねももんがさんが北側から富士山を、いっこうさんが東側から見ているんだな−と思うと羨ましくも思えます。

    夕焼けの輝く雑木林の写真いいですね。 アーティスティックです。

    今回Wikiで調べてみて始めて知った事があります。「八ヶ岳」ってあのあたりの山塊の総称なんですね。 てっきり八ヶ岳という名前の山があるのかと思ってました(汗)

    こちらの記事の項目を書かれた撮影記は、その日の様子が手に取る様にわかりやすいですね。 
    全く意図せぬトラブルって多いですよね。 特に機材関係は。
    2011/10/29 11:35 AM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    富士山が見えると、思わず「あっ、富士山だ!」と言ってしまい、シャッターを押してしまいます。

    八ヶ岳は仰るとおりで、私も初めは知りませんでした。
    頂の数は8よりも多いらしいです。

    初めての場所やしばらく行っていなかった場所の場合は、撮影が終わって帰路につくまでドキドキの連続ですよ(苦笑)。
    昔、鹿の鳴き声を知らなかった時は、とてもびっくりでした。
    帰り道で鹿を2頭見ましたが、写真は撮れませんでした。

    2011/10/29 1:27 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    ノートPCのバッテリーは残念でしたね。
    バッテリーの寿命には良くないようですが、いつも撮影時に持ち歩いているノートPCは家に帰るなりACアタプターに繋いで常時、充電状態にしています。

    秋になると鹿が出没したり鳴き声が夜空に響きますね。
    古典を読むと、鹿の鳴き声は「しみじみと趣のある」ものらしいですが、実際に聞いてみると夜空に響いて猛々しい気さえします(笑)
    2011/10/29 7:24 PM by さとう
    >さとうさん、こんばんは。

    たまにはバッテリーだけで使うのが良いと言うので、
    少し前にそういう使い方をしたのをすっかり忘れていたのです(苦笑)。
    いつもはさとうさんと同じようにしているのですが、、、。

    鹿はかなり響き渡る声で鳴きますよね。
    複数の場所で、それもかなり近い所にいたと思います。
    2011/10/29 7:45 PM by やまねももんが
     いいですね。大人の夜遊び。お酒とか、おねえちゃんとか、そういうのを突き抜けて、本物の大人の夜遊びって感じですよね。
     しっかし、行くとなったらその行動たるや、若者言葉で言うところの「パナイっすね」、共通語でいうところの「ハンパじゃないですね」、大阪弁で言うところの「ハンパちゃいますね」。すばらしいです。ご近所出撃で満足している自分に活をいれました。
     写真、楽しみです。
    2011/10/29 8:16 PM by 阪神ファンいっこう
    >阪神ファンいっこうさん、こんばんは。

    星景写真も撮りたいので、いろいろな所へ行ってみたいのです。
    この入笠山は、11月も下旬になると行けなくなるかもしれないので、思い切りました。
    でも、人気の無い山の中はちょっと怖いですね。

    思っていたよりも空が暗くなかったので、写真はあまり期待しないで下さいね。

    2011/10/29 8:32 PM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top