星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 台風への備え | TOP | 星野写真(60Da、100mm) カシオペア座領域2 >>

2017.10.24 Tuesday

100mmレンズの星野写真

0

    2013年から100mmレンズによる星野写真を撮影してシリーズ化しています。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。
    撮影対象は現在112で、そのうち未撮影が11です。

    機材は以下です。
      ・カメラ : Canon EOS 60Da
      ・レンズ : EF 100mm MACRO F2.8 IS
      ・フィルター : 無し

    最初は光害カットフィルター(LPS-P2 (FF))を使っていたのですが、画像の色合いが気に入らなかったので使わなくなりました。
    最近は必要性も感じているのですが、このスタイルを貫いています。


    撮影も画像処理も思っていた以上に厄介で、難易度がとても高いなあと感じています。
    最初は甘く見ていましたが、4年ほど頑張ってもまだゴールにたどり着けないでいます。





    撮影において重要なのは、空の透明度とフォーカス調整だと思っています。
    それらが満足できる状態でないことが多くて、再撮影の繰り返しを余儀なくされています。


    一方で画像処理方法はツールも含めて少しづつ変わっています。
    これが進歩だと良いのですが、、、。

    すでに公開した画像を見直してみると「これ駄目だなあ」と思うものが少なくありません。
    画像の荒れや星像の崩れだったり、カブリ補正の過不足だったりと、いろいろなことが目に付きます。

    そこで少し再処理をしてみようと思いました。
    出来たものからご紹介していくつもりです。


    もちろん写りの良くないものは画像処理をいくら頑張っても駄目ですから、それらは撮影からやり直したいと思います。
    来年中のゴールを目指したいのですが、どうなることやら、、、。

     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top