星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 夜遊び日記 2011.10.26 | TOP | 20Daでの星野写真 >>

2011.10.30 Sunday

10/26のガラッド彗星 V字型の尾

0


    10/26は、長野県の入笠山に星見に出かけました。

    暗くなるのを待って、最初に夏の銀河(天の川)を撮影しました。
    これに時間をとられてしまって、ガラッド彗星の撮影がすっかり遅くなり、高度も少し低くなってしまいました。

    いつもの画像処理をしましたが、写りは今ひとつで、前回(9/28)の川上村で撮影したものよりも写りは悪かったです。


    ところが、フルーツ&スカイさんのブログで、尾がV字型になっているのを知りました。
      → ブログはこちら

    そこで、コントラストを非常に強調し、さらに大きくトリミング(25%×25%)してみました。
    フルーツ&スカイさんの素晴らしい画像にはとても及びませんが、V字型の尾が何とか分かります。


     2011/10/26 19:56  EF200mm F2.8→2.8  ガイド撮影(露出60秒)  6枚をコンポジット
     EOS KissX3 RAW、ISO800  長野県 入笠山にて



    さらに見やすくするために、カラー反転してみました。




    参考までに、通常の処理を行った画像を示します。
    トリミングすると、左上の方に尾があるようには見えますが、、、。

    下の画像は、通常の処理を行ったトリミング前のものです。


    そして、50%×50%のトリミングをした画像です。



    高度が低くなってきたのと、夜空が少し明るいので、写りは今ひとつでした。
    相変わらずピントが甘いです。
    なお、フラット補正はうまくいかなかったので、補正していません。


    変化のあまり無い彗星とばかり思っていたのですが、これから近日点通過を迎えるのですから、
    今後がとても楽しみになってきました。










    コメント

    こんにちは。

    私も、この彗星は明るい割には変化がなく面白くないなあと思っていたところ、アストロアーツの投稿画像を見て、尾が二本出ているのを知りました。
    やまねももんがさんの画像でも、二本の尾がよくわかります。
    今は夕方の早いうちに撮影しないと、高度が低いのでSNを稼ぐのが難しいですね。
    来年3月に地球に最も接近します。
    明るさはあまり変わらないようですが、尾の変化が楽しみになってきましたね。
    2011/10/30 10:30 AM by まっちゃん
    >まっちゃんさん、こんにちは。

    私もフルーツ&スカイさんのブログを見て、ビックリして急いで処理をやり直しました。
    イオンの尾なんですかね。
    でもどうして2本見えるのでしょう?

    今後が楽しみですね。
    ときどき撮影してみたいと思います。
    2011/10/30 12:00 PM by やまねももんが
    こんにちは。
    長年彗星を撮り続けていらっしゃるやまねももんがさんには正に釈迦に説法ですが、Wikiには「ダストテイルは曲線状となる。これには、核から放出された塵が独自の軌道で公転するようになり、徐々に核本体から遅れていくため、また、太陽の自転により太陽風が渦巻いていたり、太陽の光の圧力(光圧)の影響なども受けていたりするためなどの理由がある。 
    2007年のマックノート彗星や歴史上の大彗星のいくつかでは、何本もに枝分かれしたダストテイルが扇状に広がって見えた。これに対し、イオンテイルは、ガスが塵より強く太陽風の影響を受け、太陽の引力よりも磁場に従って運動するため、太陽のほぼ反対側に直線状に伸びていく−」とあります。

    わかったようなわからないような。。。(^^;)
    確かにお写真でもV字の上のほうの尾は曲がって見えますね。

    これからまた目の離せない彗星ですね。 早く太陽のこっち側に来ないかなぁ。。。
    2011/10/30 4:26 PM by かたくちいわし
    >かたくちいわしさん、こんにちは。

    フルーツ&スカイさんのブログの最新画像を見ると、以下のように思えます。
    ダストの尾が扇形に広がっていて、その左端が濃くて明るく見えている。
    そして、右端に重なるようにイオンの尾が伸びている。
    だとすると、V字の尾の左側はダストの尾で、右側はイオンの尾のようです。

    私は200mmの望遠レンズしか持っていないので、もっと焦点距離の長い光学系が欲しいです。

    これからどんどんと高度が低くなって、
    明け方の東の空に見えるようになるのは12月の下旬でしょうか?

    2011/10/30 4:53 PM by やまねももんが
    こんばんは。
    最近は日が沈むのが早くなっているので、日没時の高度が下がるのも遅く感じますね。透明度が良さそうな日に何とか狙ってみたいと思います。2本の尾となると座視できません(^^;)
    2011/10/30 7:59 PM by さとう
    >さとうさん、こんばんは。

    何気なく撮ったのですが、こんなことになっていたとは!

    今はまだ、薄明終了時で高度が40度ほどあります。
    でも月が邪魔になってきますね。
    2011/10/30 8:09 PM by やまねももんが
     すごいですね。なんとなく自分の中で一段落した彗星だったのですが、これからまだまだおもしろそうですね。また挑戦してみます。
     なんだか、こういう情報交換、ネット時代ならではで楽しいですね。
    2011/10/30 9:18 PM by 阪神ファンいっこう
    うひゃぁ、こんなに尾が伸びちゃいましたか!形状がマックノート彗星(の暗くなってきた頃)に似ていますね。R200SSで私も撮影したいところですが、明日は早く出られないですし、明後日は月が・・・。
    うーん来月まで頑張ってもらうしかなさそうですね。
    2011/10/30 11:03 PM by hana
    >阪神ファンいっこうさん、おはようございます。

    やはり、彗星は何が起こるか分からないですね。
    私も今までに2回撮影したので、後は来年かなと思っていました。
    まあ、一応撮影しておくかな程度にしか考えていなかったですよ。
    本当に、フルーツ&スカイさんの画像を見なければ、通常の処理をして終わっていましたね。

    2011/10/31 6:04 AM by やまねももんが
    >hanaさん、おはようございます。

    そうなんですよ。
    尾がこんなに立派に成長してきたんですよ。

    ぜひ撮影してみて下さい。
    とは言っても、これから月が邪魔になってしまいますね。
    残念!
    2011/10/31 6:08 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top