星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ライトダウンと観望会のお知らせ | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域3 >>

2017.11.12 Sunday

昨夜のライトダウンと観望会

0

    昨夜は山梨県の甲府を中心としてライトダウンが実施されました。
      → 詳しいことはこちら



    街の明かりを少しだけでも消して星空を見上げようというイベントの一環として、みずがき湖ビジターセンターでも星空観望会が実施されました。
    当夜は参加される方が思っていた以上に多くて、きれいな星空を楽しんで頂けたようです。
    夕方の薄明終了時で、すでにはくちょう座付近の天の川が見えていたほどの澄んだ空でした。














    肝心のライトダウンの効果はよく分かりませんでした。
    みずがき湖ビジターセンターの周辺では街灯が主な明かりになっているのですが、これが消えないことには実感できませんよね。

    参加賞として、こんな可愛いピンバッジを頂きました。
    色が毎年違うそうで、集めてみたいですね。
     



    北杜市みずがき天文愛好会のメンバーは、テラスと駐車場に分かれてそれぞれに活動しました。

    私も観望会の後で少し星景写真を撮ったので、最初の1枚をご紹介します。


    昇ってきたオリオンとヒアデス・プレアデス


     2017/11/11 22:25  EF16-35 f2.8 (23mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒)
     星空部分 : ISO8000、F4.0、固定撮影(20秒)、Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”オリオン” がやっと昇ってきましたが、”冬の大三角” が姿を現すのはまだまだです。
    そこで女神像を入れて、”ヒアデス星団” と ”プレアデス星団” と一緒に撮りました。
    でも縦方向に並んでしまうので、構図がちょっと不安定になってしまうのですよね。

    星景写真の処理はとても久し振りなので、どうも調子がでません。
    色合いがしっくりこないので、青みを強くして誤魔化してしまいました。
    なお、前回の失敗(フィルターの2枚重ね)を繰り返すことなく、今回はちゃんと撮影できました(苦笑)。


     








    コメント

    こんばんは
    みずがき観望会ではお世話になりました。
    昼間の強風を考えるとどうなるかと心配しましたが次第に収まり透き通った星空に出会うことができ higoro-no-okonai ってところでしょう。
    ありがとうございました。
    2017/11/12 10:27 PM by テナー
    >テナーさん、おはようございます。

    冬晴れの天気できれいな星空になって良かったですね。
    甲府盆地では凄い風でも、みずがき周辺は不思議に風が弱いことが多いのですよ。
    どれもこれも皆さんのHIGHHIGORO-NO-OKONAIでしょうね。
    2017/11/13 5:17 AM by やまねももんが
    やまねももんがさん、おはようございます。

    先日の観望会では、お世話になりました。
    初めてみずがきを訪れましたが、素晴らしい星空に感動しました。
    機会があれば、今度はゆっくりお邪魔させて頂き、愛好会入会手続きをさせて頂きたいと思っています。
    次回、お会いできる事を楽しみにしています。
    2017/11/13 7:20 AM by layout3
    >layout3さん、こんにちは。

    ゆっくりお話しもできなくて済みませんでした。
    みずがきは晩秋から冬はきれいな星空に出会えることが多いので、またお出かけ下さい。
    ただしとても冷え込みますので防寒対策だけはしっかりなさって下さいね。
    またそのうちに例会でも行いたいと思っています。
    2017/11/13 9:21 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2076

    トラックバック

    ▲top