星空が好き、猫も好き

しばらく「宇宙物理学」のブログになります。
星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 星野写真に写り込んだ流星? | TOP | 待てば海路の日和あり >>

2017.11.19 Sunday

星野写真(60Da、100mm) くじら座領域1

0

        2017年11月に再処理しました。
        前のバージョンはこちら  → 2014/10/24  2016/12/28


    60Daと100mm中望遠レンズによる星野写真シリーズです。
    メシエ天体(全て),カルドウェル天体(一部),その他の面白そうな散光星雲や暗黒星雲、が対象です。


    この「くじら座領域1」には、以下の天体があります。 (※ 領域名は私が勝手に付けています。)
      ・M77(NGC1068) : 渦巻き銀河

      ・NGC1055 : 渦巻き銀河
      ・NGC1073 : 棒渦巻き銀河





     
      撮影日時 : 2014/10/24 23:39〜  300sec×15枚
      撮影場所 : 長野県・蓼科にて  気温は約-2℃

      撮影日時 : 2016/12/28 20:44〜  300sec×16枚
      撮影場所 : 山梨県・みずがき湖にて  気温は約-7℃

      カメラ : EOS 60Da (ISO1600、RAW)
      フィルター : 無し
      レンズ : EF100mm F2.8 Macro (F4.0)
      追尾 : EM11(ノータッチ)
      処理
        ・RAP2 : ダーク減算、フラット補正
        ・CameraRaw8.5 : Raw現像 
        ・StellaImage6.5 : Lab色彩調整
        ・FlatAide : フラット補正
        ・Photosop CC : コントラスト調整、色合い調整、等々
        ・FlatAidePro
        ・Nik Collection (Dfine 2)

     空の暗さ(BC)、透明度(B)、フォーカス(B)  5段階評価  2014/10/24
     空の暗さ(C)、透明度(BC)、フォーカス(B)  5段階評価  2016/12/28


    StellaNavigator での写野 (恒星は9.5等まで、星雲星団は12.0等までを表示)




    くじら座は天の川銀河系の南極方向にあたるので星間物質が少なく、多くの銀河が見られるそうです。
    この写野でも12等よりも明るい銀河が8個も写っていて、画像を拡大して探してみるのも楽しいです。
    でもメシエ天体は「M77」だけなので、ちょっと寂しいですね。

    試写画像を裏面モニターで見たときは中央付近に銀河らしきものが確認できました。
    でもそれは「M77」ではなくて「NGC1055」だったようです。 


    今までに2回(2014年と2016年)撮影しています。
    2016年は、時期的には少し旬を過ぎてしまいましたが、
    冬の星座がまだ十分に昇ってこないので狙ってみました。
    2014年と比較すると、2014年の方が空の状態が良かったこともあって、写りは良かったです。

    2回分の画像を全部使って処理をやり直してみました。 
    すでにRaw現像してそれぞれコンポジットしてある画像をDSSでコンポジットしています。
    写野はずれていたので、合成後の写野は短辺,長辺共に8%ほど狭くなっています。

    総露光時間が155分にもなったので、背景はかなり滑らかになったと思います。
    それを大事にしたいので、強調処理は少しだけ控え目に仕上げました。



    M77 (ピクセル100%表示で切り抜き)

        下側の丸い天体が「M77」ですが、この写真では銀河に見えませんね。
        M77はセイファート銀河に分類される銀河で、
        明るい中心核と外側に淡い広がりを持っているそうです。
        そう言われれば、そんなふうにも見えますね。

        真ん中やや下にあるのは「NGC1055」で、こちらは一見して銀河と分かりますね。
        暗黒帯が地球側を向いた、エッジオンタイプに分類される銀河です。
        すぐ上の2つの明るい星と合わせて、カエルの顔に見えるという人がいます。

        左上にあるのは「NGC1073」で棒渦巻き銀河です。

        こうやって複数の銀河を見比べるのはとても面白いですね。
        もっと鮮明に写せればもっと楽しいのでしょうが、、、。

     


     








    コメント

    こんにちは。
    今は9時頃にミラが南中するので、撮影しやすい時間帯ですね。
    今回が一番シャープに見えるのは、WEBに合った処理だからでしょうか?
    顔の様に見える所は、マルカリアンチェーンに似ていますね。
    2017/11/19 10:52 AM by ヤマボウシ
    >ヤマボウシさん、おはようございます。

    今回は今までに撮影した2回分の画像を使って仕上げています。
    総露光時間がかなり長くなったので、以前よりは構造の細かい部分が見えてきたような気がします。
    処理自体はあまり変わっていませんが、星像に気を配ったつもりです。
    2017/11/20 5:27 AM by やまねももんが

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    トラックバック機能は終了しました。

    トラックバック

    ▲top