星空が好き、猫も好き

星空がきれいな晩はどこかへ出かけたいなあ
ときどき猫ブログや宇宙物理学のブログになります
星空や猫だけでなく、風景や草花などの写真を撮るのも好きです

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 星野写真(60Da、100mm) オリオン座領域3 | TOP | 星野写真(60Da、100mm) ペルセウス座領域5 >>

2017.11.24 Friday

昇ってきた冬の大三角

0

    11/15と11/19の晩に山梨県・みずがき湖で撮影した星空写真です。

    昇ってきた ”冬の大三角” はとても絵になりますよね。



    ビジターセンターと昇ってきた冬の大三角


     2017/11/15 23:31   EF16-35 f2.8 (18mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒) 2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒) 2枚をコンポジット
       Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    ”冬の大三角” が昇ってきました。
    前景にはビジターセンターとその手前の白い柵を入れました。
    白い柵のすぐ向こう側には赤く紅葉した満天星(ドウダン)があります。

    北西方向の星空とは違って、こちら側は好みの色合いに仕上げることが出来ました。
    何が違うのでしょうね?



    女神像と冬の大三角


     2017/11/15 23:49  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒) 2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒) 2枚をコンポジット
       Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    昇ってきた ”冬の大三角” と「女神像」のツーショットです。
    女神像が後ろ姿なのが残念ですねえ。
    それに星空を追尾撮影している関係で、
    女神像が山影から出ないように構図をとらなければなりませんでした。

    今夜は近くで鹿が鳴くこともなく、落ち着いて撮影ができました。
    以前の星景写真は固定撮影の1枚撮りだったのですが、今夜は10分以上も費やしています。
    これが意外と退屈で寒さを感じるのです。



    女神像と冬の大三角


     2017/11/19 23:19  EF16-35 f2.8 (24mm)
     地上風景部分 : ISO1250、F4.0、固定撮影(240秒) 2枚をコンポジット
     星空部分 : ISO2500、F4.0、追尾撮影(120秒) 2枚をコンポジット
       Lee Soft-1 Filter をレンズの前に配置
     地上風景部分と星空部分は別処理してマスクを使って合成
     EOS 6D RAW  山梨県・みずがき湖にて


    この日もお決まりの構図で撮りました。

    やはり ”冬の大三角” は昇ってくる時の姿が良いですね。
    いかにも ”オリオン” が他を引き連れて昇ってくるという感じがします。

    こちら側の空の状態はかなり良いのか、悩まずに色合い調整が出来ました。
    こういう時は撮影自体がとても楽しいです。


     








    コメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://kai-kuu.jugem.jp/trackback/2084

    トラックバック

    ▲top